昭恵夫人が安倍批判記事の取材に応じ首相の危険な本質を暴露!「主人は映画の主人公をイメージして総理を演じている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abeakie_01_140926.jpg
安倍昭恵オフィシャルサイトより


「戦争をするときには、私を殺せ」

 安倍首相に対してこんな激しい抵抗の言葉を口にしたのは、安保反対を叫ぶデモ隊でもなければ、安倍政権に危機を抱くジャーナリストでもない。安倍首相の妻であるアッキーこと昭恵夫人だ。

 これまで“家庭内野党”として原発、安保法制、米軍基地問題など安倍首相とは真逆の政治信条を表明してきた昭恵夫人だが、「AERA」(朝日新聞出版)4月11日号のインタビューで、こんな言葉を安倍首相に投げかけたことを告白した。

 インタビューをしたのは、ジャーナリストの青木理。青木は今、同誌で安倍首相の祖父や父親の足跡を辿った「安倍家三代 世襲の果てに」というルポを連載しているが、その第3部のスタートにあたり安倍首相の妻・昭恵夫人に話を聞いたということのようだ。

 青木といえば、今、テレビに出演しているコメンテーターの中では、もっとも安倍政権に批判的といってもいいリベラルなスタンスのジャーナリスト。つい先日も、高市早苗総務相の“電波停止”発言を受け、田原総一朗らと抗議の会見を行ったばかりだ。

 そんな青木を前にしたからか、昭恵夫人の夫・晋三に対する評価はこれまで以上に過激なものだった。

 例えば反対意見には耳を貸さず、国会でもキレることが度々指摘される安倍首相だが、家庭内でも同じらしい。

「(夫に)政策などについて質問をすると、主人は『それはそういうものなんだ』と説明するので、私は『そうは言っても』とか、『みんながそうとは限らない』と思ってしまう。主人は『多くの意見をちゃんと聞いている』と思っているようですが、私はそうは思っていません」

 多くの人の意見を安倍首相に伝えたい。女性や子どもが懸命に声を発していることに耳を傾けて欲しい。昭恵夫人はそう願っているというが、その努力は夫にはなかなか届かないようだ。

 また、昭恵夫人は、このインタビューの中で、安倍首相が戦争を起こす危険性についても明言していた。先日、福島県双葉郡の高校に訪れた際、昭恵夫人は生徒から「戦争だけはしないでください、と安倍首相に伝えてください」と言われたことに触れて、ある程度の防衛力は必要だとしながらもこう言い切ったのだ。

「生徒さんたちに『この総理大臣は戦争をしようとしている』と思われてしまうこと自体は良くないことかもしれません」

 昭恵夫人は、友人や知り合いからも安倍首相の戦争政策について「なんとかならないのか」と言われるという。そして飛び出したのが冒頭の「私を殺せ」発言だった。

「私は私ができることをしていく。どうしたら平和を構築していけるのかって、私なりに考えて、私ができることを一歩ずつ進めていきたいと思っています。
 ただ、主人には『戦争をするときには、私を殺せ』って言ってあるんです(笑)。戦争になったら、私はいない、みたいな」

 もっとも身近にいる妻がこんな発言までするというのは、安倍首相が打ち出す政策がいかに戦争への危機感を人々に抱かせているかの証左といえよう。

 さらに、不気味に感じたのは、安倍首相を駆り立てている原動力の正体が昭恵夫人の口から語られたことだ。

 それは、“主人は家庭では真面目でおとなしくてやさしい”と言う昭恵夫人に、聞き手である青木が「国会論戦などで見せる攻撃的な顔。このギャップがどうしても埋まりません。内と外で見せる姿の乖離というか二面性というか」と突っ込んだ際のことだ。

 昭恵夫人は、その二面性を認めた上でこんな話をしている。

「主人は、政治家にならなければ、映画監督になりたかったという人なんです。映像のなかの主人公をイメージして、自分だったらこうするっていうのを、いつも考えているんです。だから私は、主人は安倍晋三という日本国の総理大臣をある意味演じているところがあるなと思います」

 これが事実なら、安倍首相は国民の生命や生活がかかっている日本の現実をまるで映画のようにとらえ、「勇ましい主人公」を演じるために政治を行っているということではないか。そして、安保法制を強行し、今、憲法改正にひた走っているのも、ヒロイックな自己陶酔によるものということだろう。

 妻だからこそ知っている安倍晋三の本質。日本の総理大臣はもしかしたら、我々が考えているよりも何倍も危険な人物なのかもしれない。
(伊勢崎馨)

最終更新:2017.11.24 09:56

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

昭恵夫人が安倍批判記事の取材に応じ首相の危険な本質を暴露!「主人は映画の主人公をイメージして総理を演じている」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AERA伊勢崎馨安倍昭恵安倍晋三青木理の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
2 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
3 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
4 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
7 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
8 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
9 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
10 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
11 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
12 横田滋さんの死で蓮池透さんが語った無念と危機感!
13 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
14 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
15 王将社長射殺事件と闇社会の関係
16 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
18 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
19 フジ特番が触れなかった津山事件の真相
20 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
6 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
9 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
13 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
14 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15 安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
16 「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
19 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
20 香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄