ジャニーズゴリ押しで『24時間テレビ』抜擢のV6、メンバー同士が「つながれない」人気格差の歴史を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
v6_03_150822.jpg
“メンバー格差”が著しいとも言われるV6だがやはり……?


 放送が始まった『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)。今年のメインパーソナリティはV6とHey! Say! JUMPなのだが、Hey! Say! JUMPはともかく「なんでいまV6?」と思った読者も多かったのではないだろうか。

 V6は今年で結成20周年。実は、このメモリアルイヤーを背景にジャニーズ事務所のV6ゴリ押しが展開されているのだが、それは今回の『24時間テレビ』メインパーソナリティ起用にはじまった話ではない。

 その最もたる例が、去年の紅白歌合戦にV6が結成以来初めて出場した件である。岡田准一が大河ドラマ『軍師官兵衛』の主演を務め、井ノ原快彦は『あさイチ』キャスターとしてすっかり朝の顔として定着しているというNHK側の事情もあるが、ここにきての初出場には、どうしてもジャニーズ事務所の方針が見え隠れしてしまう。

 今回の24時間テレビメインパーソナリティ起用にしても、そのゴリ押しの一環であり、やはりぱっとしないHey! Say! JUMPとセット売りにしたのではないかという見方が有力だ。

 しかも、せっかくの大役抜擢にもかかわらず、V6というグループの内情はどうも「つなぐ」がテーマのチャリティ番組にふさわしい状態ではなさそうだ。

 というのも、次々と映画・ドラマの主演で大活躍の岡田と、キャスターとして人気を集める井ノ原に対して、他の4人はテレビでもほとんど見かけなくなるなど、グループ内の人気格差があまりに激しく、メンバー同士の関係がぎくしゃくしているという情報もあるからだ。

 そもそも、V6の“グループ内格差”“ぎくしゃくした空気”はデビュー当初からあったらしい。「SPA!」2015年8月25日号(扶桑社)がメンバーに結成20周年を振り返るインタビューを掲載しているのだが、本人たちも当時から、グループの間ではなんとなくぎこちない雰囲気が漂っていたことを認めている。

 特に顕著だったのが、最年少の岡田が14歳、最年長の坂本昌行が24歳だった年齢差による“ジェネレーションギャップ”だ。

 加えて、下積みを長年経験してきた(特に、坂本は一度ジャニーズを退所しサラリーマンになったこともある)坂本・長野博・井ノ原の“トニセン組”と、「剛健コンビ」と呼ばれジュニアですさまじい人気を集めた森田剛・三宅健に、事務所に入りたてでいきなりデビューとなった岡田による“カミセン組”の“歩んできたキャリアの差”というのも、グループの関係性に大きな影響を及ぼした。

 前述の「SPA!」では、その当時のギャップをこう振り返っている。

〈井ノ原 うちら年長組は、とにかくデビューしたかったから「わがまま言いません」みたいな感覚でした。でも、カミセンの3人は全然違う感じだったんじゃない?
 森田 俺は……正直、うざかった。
 全員 はははははは!
 森田 とくに坂本くんがそうだったんだけど、「やっとつかんだ栄光。このチャンスを逃さねぇ!」みたいな必死感がすごい嫌だったんですよ。
 三宅 15歳とかで「この世界で生きていく!」なんて決められないし。しかも、今振り返るとトニセンに申し訳なかったなぁと思うのは、今時の15歳より幼稚だったからね。俺と剛は、とくに〉

 また、トニセン組とカミセン組の“意識の違い”については、こうも語られている。

〈井ノ原 昔、TOKIOの太一くんとよく話してたのは、「どんどんしがみついていこうぜ」って。後輩のバックだろうがなんでもやる。長野くんもそうで、一緒にKinki Kidsの後ろで踊ったりしてたから。
 岡田 そのあたりの感覚も、やっぱり下の3人は違ってたかもしれない。
 井ノ原 どういうこと?
 岡田 V6という存在が大きすぎて、そこだけに収まりたくないと反発したカミセン3人っていうのが絶対いるんですよ。上の3人には申し訳ないけど、「やっとつかんだ」という感覚がどうしてもなかったから。だから、V6がちょっと重いと感じる時期もあってアイドルってちょっと達観したりとか、ちょっと勘違いしないとやれない世界でしょ?〉

 そのあたりの“華”と“アイドルとしての意識”の違いは私生活においても現れていた。

 なんとなく“オジサン”的な扱いを受けるトニセン組が地味な芸能生活を送るなか、トップアイドルとして君臨したカミセン組は、森田は上戸彩と長年浮名を流し、三宅は安室奈美恵、岡田は優香とのカーセックスや蒼井優との半同棲が報じられるなど、それぞれ第一線のアイドル・女優・歌手と噂になり華やかな生活を送ってきた。

 しかし、結成20周年を迎えるいま、前出の「SPA!」では、岡田が「今、20年やれている奇跡みたいなものを感じていて。僕は20年もこの仕事をやれているなんて思ってもいなかったし、メンバーに連れてきてもらった感覚があって。健くんなんてV6のことをすごく考えてて、携帯の待ち受けが僕らの写真ですからね」と語るなど、“グループとしての絆”を強めているらしい。

 とはいえ、この言葉をそのまま受け止めて良いのだろうか? 岡田は『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲るなど俳優として成功し、井ノ原は家庭的なキャラクターのキャスターとしてブレイクした一方、森田と三宅の人気は凋落、坂本・長野も以前よりさらに影が薄くなった。

「トップアイドルのカミセンとオジサン扱いのトニセン」から「成功した岡田・井ノ原、微妙な坂本・長野・森田・三宅」と、構造は変化したものの、結局、V6のメンバー内格差という問題は残り続けている。むしろ、その人気格差は広がっているといっていいだろう。

「SPA!」では「各メンバーの個別の活動には嫉妬の感情もあったのでは」というインタビュアーのツッコミに、坂本が「ないです、ないです」と必死で否定していたが、むしろ、不満をためているのはピンで十分やっていける岡田、井ノ原のほうらしい。

 ジャニーズの場合、一旦、結成したグループを脱けるというのは事務所の許可がないかぎりありえないのだが、それでも、岡田、井ノ原の2人はできるだけV6の活動から距離をおこうとしているという。

 一方、他のメンバーは逆にV6への依存度を高めており、森田は同インタビューで「もしV6に30周年があったとして、最悪自分はダメになっててもメンバーのうち誰かひとりでも活躍してくれてたらそれでいいやとか思わない?」と語っているほどだ。

 メンバー全員30代中盤以降、坂本にいたっては44歳で迎える24時間テレビは体力的にもキツかろう。その長丁場の間にメンバー間格差を物語るような微妙な空気が流れ、「つなぐ」がテーマな番組でメンバー同士が「つながっていない」ことがバレてしまう、そんなになったりしないだろうかとついつい心配してしまうのである。
(新田 樹)

最終更新:2015.08.22 11:05

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ジャニーズゴリ押しで『24時間テレビ』抜擢のV6、メンバー同士が「つながれない」人気格差の歴史を振り返るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
4 止まらない岡田晴恵バッシング!「週刊新潮」が「予言外れた」と的外れ批判
5 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
6 靖国神社が天皇に参拝を要請する前代未聞の傲慢行動
7 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
8 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
9 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
10 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
11 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
12 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
13 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
14 区立中学の性教育に自民党が圧力!
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
17 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
18 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
19 田崎史郎のいない素晴らしい世界
20 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
1 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4 安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5 つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
9 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
10 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
11 総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
12 大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
13 台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
14 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15 小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
16 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17 三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
18 日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
19 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄