宮沢りえが娘に受けさせる“特権的教育”とは? 早くもステージママの片鱗が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miyazawarie_01_150619.jpg
宮沢りえがりえママとの思い出を激白(「FRaU」講談社/2015年7月号)

 ステージママの代表格といえば何と言っても宮沢りえの母・光子だろう。りえは「三井のリハウス」のCMでは清純な少女役として清楚なイメージで脚光を浴びるが、16歳のときカレンダーでお尻丸出しのふんどしルックを披露、18歳でヘアヌード写真集『Santa Fe』(朝日出版社)を発表、などセンセーショナルな話題をふりまく。さらに1992年には19歳で貴花田(現・貴乃花親方)との突然の婚約発表そして破棄──。

 これら全てをプロデュースし、りえの傍らに常に寄り添い、仕掛けたのが事務所社長でもあった宮沢光子だった。そんな光子が昨年9月に急逝して9カ月。りえが改めて亡き母への思いを語り話題になっている。

「母と私」。女性誌「FRaU」(講談社)2015年7月号ではこんな特集を組んでいるが、りえはここの表紙とトップインタビューに登場。母との思い出のなかでも、鮮明に記憶に残っていることとしてこんなエピソードを語っている。

「(国民的美少女として多忙な時期)睡眠時間も少なかったため、体力的に疲れてしまい、ついぽろりと『今日は眠いから行きたくない』というようなことを漏らしたら、『辞めたいなら辞めなさい。ひとつの作品をつくりあげるためにたくさんの人がもっと眠い思いをしてやっているというのに、あなたがそんなことを言っていたらダメじゃない』と叱られました」

 母は自分の個人的欲望ではなく「私(娘のりえ)のために頑張るというスタンス」だった。以降、りえには「やりたくない」と弱音を吐くことは無くなったという。また光子の“最期”もりえにとっては宝物だった。

「病院に入らず最期まで自宅で過ごし、人間がどういうふうに生き、そして死んでいくか、身をもってそのストーリーを娘に見せてくれたことです」
 しかし、このインタビューでりえが主に語っていることは、母親のこと以上に、娘のことだ。

 例えば光子の最期を“宝物”だという理由も娘に関することだった。

「我が家は、家族全員が母の闘病に集中し目撃し、自分の人生の事件として捉えました。娘は私に『長生きしてほしい』と言うんですよ。それは、母の死からリアルに命のかけがえのなさを感じ取ったからだと思うんですね」

 りえが娘を溺愛していることは知られている。既に3年にも及ぶ泥沼の夫との離婚協議も、娘の親権を争っているからだ。だが、このインタビューからは、それ以上の関係性が見て取れる。そしてその将来も──。

「娘との時間を絶対的に大事にしたい」というりえは、娘を仕事先でもある舞台稽古にも連れて行っているという。

「娘は私の芝居の稽古を見に来て、演出家からこてんぱんにダメ出しを受け、ジレンマを抱えている私の姿を目撃します。ただ、それだけでなく、厳しい稽古を重ねた結果、本番でお客さんに大きな拍手をもらえるほど演技で飛躍できたところまで見ることで、きっと彼女は大きな喜びの時間に至るまでには乗り越えるべく壁が存在しているという私の思いを、言葉でなく実感として学んでいるはずです」

 りえはこれを“特権的教育”と思っていると言うが、確かに女優の母親を持った娘の特権には違いない。そしてさらにこのことは母娘が密着し、同じ時間を過ごすという以上の意味さえあるのではと思えるものだ。

 それは娘を自分と同じ女優にするための英才教育ではないかというものだ。実際、りえはそれを否定してはいない。

 記事ではインタビュアーから「もし、娘さんが俳優になりたいと言ったら」と質問を受けたと思われるくだりがある。それに対し、りえ自身がまだ俳優として突き詰めたいし娘のために退くことはできないとして、こんなことを言っている。

「母が私にしてくれたことは絶対にできないでしょう」
「だたひとつ母と同じことができるとしたら、中途半端だったら叱ること。俳優にしても他の何かにしても、自分の夢に対しては、心底エネルギーを注いでほしいですね」

 俳優だけとは限定していないものの、しかしその溢れ出る意欲は十分に伝わってくる。

 6歳の娘へ、母が抱く並々ならぬ夢。現在のりえは自身が「俳優を突き詰めたい」と話すが、しかし光子との生活、関係を見れば、立派なステージママになるのではないか──。そんな思いさえ感じるものだ。

 母子関係の連鎖はよく言われるが、ステージママも“連鎖”するのかも。
(林グンマ)

最終更新:2015.06.19 11:15

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

FRaU(フラウ) 2015年 07 月号

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

宮沢りえが娘に受けさせる“特権的教育”とは? 早くもステージママの片鱗が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース教育林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
2 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
3 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
4 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
5 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
6 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
7 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
10 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
11 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
12 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
13 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
14 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
15 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
16 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
17 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
18 田崎とケントに自民党からカネが!
19 Nスペ731部隊検証にネトウヨ錯乱!
20 久米宏、さんま、村本も東京五輪批判
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄