田中マー君がアイドルオタのDD批判に反論!「ももクロも乃木坂も」はアリか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tanakamasahiro_150118.jpg
田中将大オフィシャルブログ「氣持ち」Powered by Amebaより


 日本一有名なアイドルファンといえば、マー君ことニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手。昨年10月にニューヨークから帰国すると、モーニング娘。'14、乃木坂46などのコンサートを鑑賞。さらには、「第4回AKB48紅白歌合戦」の審査員を務めたり、ももいろクローバーZのクリスマスコンサートで百田夏菜子を相手に投球したりなど、清々しいまでのDD(誰でも大好き)っぷりを見せつけた。

 そんなマー君に黙っていないのが、一部のアイドルファンたち。次々といろいろなアイドルたちと絡んでいくマー君に、ネットでは「マー君の糞DD化ほんとなんなの。許すな」「最強に節操ないドルオタだな」「ももクロと絡んでほしくない。DDはAKBに行っとけ」などと、厳しい言葉を浴びせられているのだ。

 ところが、これらの批判に対し、マー君は年明け、なぜか「東京スポーツ」に登場し、こう反論したのである。

「みんないろいろ言ってますけど、いろいろなアイドルが好きで、何が悪いんだって思ってますからね。スポーツ選手でも、みんなチーム関係なく、どの選手が好きだなんだって言うじゃないですか」

 プロ野球では、「楽天も好きだけどソフトバンクも日ハムも好き」というファンってあまりいないような気もするが、とにかくグループに限定されない“壮大なアイドル愛”ゆえのDDということらしい。

 しかし、これには納得できないアイドルファンも少なくないようだ。アイドルに詳しいライターはこう話す。

「マー君はいろんなグループを“アイドル”として一括りにしていますが、そもそもそれが間違い。表面だけ見れば、確かに若い女の子が歌って踊っているという点で同じですが、各グループのコンセプトはまったく違う。アイドルファンはその違いをしっかり認識して、好きなグループを選んでいるわけです。アイドルファンに言わせれば、マー君は何も解ってない、ただの“若い女の子好き”なんですよ」

 たとえば、AKB48の場合は「会いに行けるアイドル」というコンセプトでスタートしており、とくに握手会に重きを置いている。境真良『アイドル国富論 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く』(東洋経済新報社)では、AKB48のこのコンセプトについて、以下のように解説している。

「一対一で握手という身体接触コミュニケーション機会を持てることの印象力は強く、また、さらに『常連』になって自分を認知してもらえるなら、自己承認欲求としても強い満足を得られるでしょう。これはメンバーとファンとの強い関係性を構築する上で鍵となる重要戦略です」

 マー君は、握手会に参加することなく、主にコンサートなどを楽しむタイプのアイドルファンだが、本来のコンセプトを考えると、これではAKB48を十分に楽しむことはできていないということになる。だからこそ、足繁くAKB48の握手会に通っているAKBファンにしてみれば、「マー君は何も解っていない」ということになるのかもしれない。

 一方、ももいろクローバーZはというと、プロレス要素を取り入れたり、ロックバンドと積極的に絡んだりして、それまでアイドルに興味がなかった層を取り込んで大きくなっていった。そんなももクロについて『アイドル国富論』では、「プロダクションのムチャ振りとアイドルの頑張りの間に生まれるドキュメンタリー映画のようなドラマの過剰性を持っています」と分析。“接触”を重視するAKB48とはまったく異なるコンセプトだということがわかる。

 そして、モーニング娘。の魅力について『アイドル国富論』では「ダンスグループとしての技能クオリティ」と表現している。メンバーたちがめまぐるしく動いてひとつの形を作り出す“フォーメーションダンス”を武器に再ブレイクを果たしたのは、まさにそのクオリティの高さゆえ。「接触のAKB48」「ドラマ性のももクロ」に対し、モーニング娘。はパフォーマンスこそを重視するコンセプトなのだ。

 AKB48、ももクロ、モーニング娘。という代表的な3つのアイドルグループのコンセプトを比べてみたが、ご覧のようにまったくの別物。それを“アイドル”として一括りにするマー君に、アイドルファンが異議を唱えるのも納得できるような気もする。

 しかし一方で、「アイドルオタがただ単に上から目線でDDをバカにしてるだけでは?」という声も。アイドルファンの生態に迫った岡田康宏『アイドルのいる暮らし』(ポット出版)では、かなり気合の入ったDDとしてネット上でも有名なアイドルファンの“ガリバー”氏が、「クソDD」などと呼ばれてしまうことについて、こう話している。

「専オタの方が偉い。忠誠心が大切。DDになるのは愛情が足りないから。一人の子を大切に思っていたら、ほかに興味がわかない。自分たちが一番と思っているものを相対化されるのが嫌。自分が100%を注いでいるものを片手間に応援されるのはいや。そういう考えをする人もいるんです」

 つまり、DD批判はアイドルオタの優越感、差別意識、嫉妬心……そういうものから出ているという一面もあるらしい。

 ただ、マー君の場合は単なるアイドルファンではなく、完全に“関係者”になっていることも批判される大きな要因といえる。前出のアイドルライターはこう話す。

「マー君は、関係者としてコンサートに入って、しかも公演後にメンバーたちと一緒に記念撮影したり、食事をしたりと完全なVIP扱いを受けている。アイドルファンから猛烈な嫉妬を受けるのは当然ですね」

 さらに、「そもそもマー君は本当にアイドルファンなのか?」という疑問まで浮上しているという。

「マー君は単純にコンサートを観に行っているだけでなく、もはや出演している。つまり、マー君にとって“自分がアイドルファンである”ということがすでにビジネスになっているんですよ。ももクロにしても、AKB48にしても、マー君がファンでいてくれるということは大きな宣伝材料ですから、アイドル側もマー君を積極的に利用します。さらにいえば、奥さんは元ハロー!プロジェクトの里田まいですし、とにかくマー君はいろんなアイドルとの利害関係がありすぎる。これで“単なるアイドルファン”と言い張るには無理がありますよ」(前出・アイドルライター)

 マー君が“アイドル仕事”でどれだけのギャラをもらっているかわからないが、アイドルファンが払った金が、実はマー君の懐に入り込んでいた、ということも十分に考えられる。もし、本当にマー君がビジネスとしてアイドルファンを名乗っているなら、もはやマー君はアイドルファンから金を巻き上げる敵ということにもなりかねないのだ。

 状況的にはアイドルファンの域を完全に超えてしまっているマー君。いずれにせよ、“アイドルファン”を自称する限りは、こだわりの強い“アイドルオタ”から批判され続けることとなりそうだ。
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.01.18 11:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アイドル国富論: 聖子・明菜の時代からAKB・ももクロ時代までを解く

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

田中マー君がアイドルオタのDD批判に反論!「ももクロも乃木坂も」はアリか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ももいろクローバーZハロープロジェクト田中ヒロナ野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
5 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
6 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
7 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
8 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
9 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
10 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
11 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
12 検察・国税の元担当記者が明かす癒着
13 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 安倍のお友達候補に愛人と隠し子
18 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
19 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
20 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!
1 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
4 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄