自民圧勝で飯島勲の自慢が止まらない! でも選挙予測は大外れなんですけど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
iijimaisao_01_141223.jpg
大自慢の飯島氏だが…(画像は『官僚』青志社より)

「衆院選はオレが再三再四、独自予想してきたように自公連立の圧勝に終わったな」
 
 先の衆院選を“自民圧勝”と予測していた飯島勲内閣参与。選挙の結果に、「週刊文春」(文藝春秋)12月25日号の連載でさっそくこう吠えた。しかも、今回の選挙では自分の対民主党作戦がまんまと当たったことをこう自慢げに語る。

「海江田代表や枝野幸男幹事長が当落線上だったんで、二人の選挙区に自民党最強の応援弁士を連日投入してとことん攻めろ、と、党選対の奥の院に助言したのよ」
「彼らが自分の選挙区に張り付けば、民主党の選挙戦略は崩壊だろ。この「足止め作戦」も我ながら的中したぜ」(同)

 さらには、12月9日、安倍首相の地元・山口4区に入って応援演説したことを自慢げに語る。

「四十年を超える永田町暮らしだけど、専らカゴを担いでばかりの黒子役よ。それが安倍候補本人が不在の下関市での総決起集会で、初めて表舞台に上がらせていただいた。二千人近くは集まったんじゃないかな。」(12月25日号)

 安倍首相の代理をつとめたといいたいのか、それとも2千人を集めたのは自分の手柄だと言いたいのかは分からないが、とにかく鼻高々なのだ。

 そして、調子に乗った飯島はこれから民主党を壊滅させることができると宣言する。

「岡田克也、前原誠司、細野豪志の各氏らを次の執行部に引っ張り出すのよ。
次の大勝負は、一六年夏の参院選さ。新執行部も来年1年間、手探りで党再生だなんだやっているうちに賞味期限切れよ。そうすれば、参院選も自民党がいただきで、民主党にはその次のリーダーはもういないじゃん。旧社会党と同じ運命をたどってもらうしかないな」

 確かに、現在の民主党は政策もバラバラで内部分裂一歩手前。次のリーダー不在というのも納得である。自民党圧勝を見事当てた飯島参与の予言は次も当たってしまうのか。もし飯島参与のシナリオ通りにことが進んでいけばそれは自民党による一党独裁という恐怖政治が待ち受けている。

 しかし、実は今回、飯島参与の“予言”は、自分で言うほど的中しているわけではないのだ。飯島の予言が当たったのは「自民圧勝」というおおざっぱな現象だけ。選挙前の同連載12月4日号では自民党単独で300議席を予測。さらに12月18日号では、飯島は議席数について「間違いなく自民党が現有議席から上積みするよ」「小選挙区で二百四十。比例代表で七十三まで伸ばし単独でも計三百十三議席の圧勝だな」と断言していた。

 ところが、実際の結果では、自民党は議席を減らし291議席に終わった。また民主党にしても前回より議席を伸ばす結果となっている。

 また飯島は同じく12月4日号で、「小沢一郎、枝野幸男…大物落選候補を名指しする!」との記事中、上記の小沢、枝野以外にも、浅尾慶一郎、平沼赳夫、馬淵澄夫、赤松広隆、原口一博、高木義明を挙げ当落線上と指摘している。しかし蓋をあけたら。飯島が名指しした議員は全員当選!(高木義明だけは比例復活) まったくもって残念な結果に終わっている。

 全国紙政治部記者が苦笑まじりにこう語る。 

「たしかに飯島さんの言うように、自民党の事前調査では300議席をはるかに超える数字が出ていた。しかし、官邸と自民党はゆるみにつながるとこれをひた隠しにしていた。ところが、飯島さんがそれを『文春』でばらしてしまったんで、他のマスコミも追随。一気に自民党圧勝ムードが広まってしまった。官邸は頭を抱えていましたよ」

 つまり、結果をはずしたのは、自業自得ということらしい。

 そもそも、このところの飯島参与は、官邸の政策決定からは外され気味で、安倍首相や菅官房長官らからも疎んじられているという見方もある。

「飯島さんは一連の北朝鮮との交渉でも完全に外されていましたし、解散や選挙などにもほとんど関われていない。あの過剰な自慢は、焦りというか、逆に存在感を示すためのアピールじゃないでしょうか」(前出・政治部記者)

 たしかに、ほんとうに政権の内部に食い込んでいれば、こんなに軽々しく内情を口にするわけがない。そう考えると、飯島参与もそろそろ政界の寝業師らしく安倍政権に見切りをつけて、かつての親分の息子・進次郎の参謀にでもなったらどうだろう。いや、それは、進次郎が嫌がるか(笑)。
(野尻民夫)  

最終更新:2014.12.23 09:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ4割の得票で8割の議席なのか

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

自民圧勝で飯島勲の自慢が止まらない! でも選挙予測は大外れなんですけどのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。自民党選挙野尻民夫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
2 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
3 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
4 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
5 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
6 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
14 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
15 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
16 菅政権が医療逼迫するなか195億円かけて「病床削減」する狂気の沙汰!
17 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
18 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
19 ゴーンが会見で「逮捕を仕掛けた政府関係者の実名」告発を取りやめた理由!
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
6 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 石原伸晃議員が入院した国立大附属病院を「視察」していた
9 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否
12 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
13 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄