『まどマギ』の人気脚本家・虚淵玄が苦言!ネット評価は緩やかな言論統制の産物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
newtype_01_141122.jpg
「月刊ニュータイプ」2014年12月号(KADOKAWA)

 脚本家・虚淵玄の勢いが止まらない。『魔法少女まどか☆マギカ』(2011)や『PSYCHO-PASS』(2012)など続々とヒット作を飛ばし、今月封切りの劇場映画『楽園追放』も上々の滑りだしだ。ファンの支持も熱狂的で、今や、アニメ・特撮業界では一脚本家を超えたカリスマ的存在になったといっていいだろう。

 ところが、その虚淵氏が「月刊ニュータイプ」(KADOKAWA)2014年12月号のインタビューで、こうした動きに不快感を示している。

〈アニメはひとりでつくるものじゃないんですから、見ていて気持ちを揺さぶられた部分を全部「虚淵」の名前で消化されちゃったら、本当に心血注いでつくっている人の立場はどうなるの?って思いますね〉
〈矢面に立っているのは監督だという気がします。キャラ人気も自分のせいではないですよね。(中略)なぜ脚本家が注目されているのかという気がしますね。なんだかんだいって最後に責任を取るのは監督ですし、監督が描きたいもののために、いろんな策を提案していくのが脚本なんです〉

 しかも、これらはたんに謙虚さから出た発言ではなさそうだ。虚淵氏は、脚本家の仕事がアニメ作品全体とイコールで結びつけられることへの疑問を表明している。

 虚淵氏は、各脚本担当作品の“ネタ元”や“狙い”について触れているが、どれも斬新さやオリジナリティといった自己の作家性を否定する。

 たとえば、虚淵氏を一躍有名脚本家に押し上げた『まどマギ』は、魔法少女たちの “バトルもの”で、かつ物語の序盤から主要キャラが惨死する “鬱展開”が今までにないものだ、と絶賛された。しかし、これもそうではないと虚淵氏は言うのである。

〈(女の子だけのバトルものは)「魔法少女リリカルなのは」もありましたから、決して「まどか」が新しかったわけではないと思います。魔法少女がひどい目に遭うなんて、それこそエロゲーの世界では手あかがつくほどのモチーフですし〉

 曰く「地元の伝統料理を都会で出したら大人気になったみたいな作品」。たしかに『まどマギ』は、放送当初から“ニワカオタ”と“硬派オタ”の間で、作品の新奇性についての論争が巻き起こっていた。結局、当の虚淵氏はなにもかも織り込み済みだったというわけだ。この客観的な視座こそが、虚淵氏の特徴なのである。

 そもそも脚本は視聴者の目に直接触れることはない。そのため、脚本家について評価することは本来であれば難しいはず。実際、「アニメの脚本とゲームのシナリオでは、書き方の違いはありますか?」と問われ、こう答えている。

〈歴然と違います。(中略)アニメの脚本は、要は監督と絵コンテの演出さんに見せるためのものなので、お客さんが読むものではないんですよ。しいて言うなら声優さんが読むわけですが、それも声優さんの演技を通して別ものに翻訳されていくので、しょせん設計図なんですよ〉

 また、自作の『PSYCHO-PASS』について、“未来警察もの”として『攻殻機動隊』や『パトレイバー』といった同ジャンル作品との差別化のためにフィリップ・K・ディックを参考にしたと語っている。ここからも共同制作上での役割に自覚的であると同時に、ジャンルにおける自作の立ち位置にも非常に意識的に取り組んでいることが伺える。おそらくこうした作家性と切り離した冷静な視点こそが虚淵氏に成功をもたらしたのだろう。

 しかし、こうした虚淵氏の思いとはまったく別に、ファンの間の虚淵評価は急激に高まっていった。それらはおもにネット、Twitterなどのソーシャルメディアの中で醸成されたものだ。

 実は虚淵氏は同誌の『楽園追放』特集のなかで、こうしたネット言論についても言及している。この15年の情報環境の変化について聞かれた際、「世代的についネガティブになってしまいます」としたうえで、こんな感想をもらしている。

〈「これからはインターネットのおかげでみんなお友達になれるぞ」って。僕らの世代が社会人になったときのビジョンはバラ色だったので、まさかネットのおかげで友愛や相愛が理解されるよりも早く偏見や憎悪が分散されちゃうことになるなんて思いもしませんでしたし、悲しい結末ですよね〉

 さらに、ちょうど『まどマギ』の時期に一気に普及したTwitterについてもこう話す。

〈いつの間にやら恐ろしいメディアになりましたけど。日に日に使い方が難しい代物だと思いますね。ネットのお祭り騒ぎがメインになってしまっていて、情報そのものを手に入れるための手段ではなくなっていますし。「たとえデマでも祭りになるならいいじゃない?」という恐ろしい空気を感じますよね〉
〈それが常識になってしまうと、うかつに口を開けなくなりますよ。何をネタにしていじられるのかわからない世界って、一種のゆるやかな言語統制のようなものですよね〉

 サイバーパンクSFである『楽園追放』は、電脳世界「ディーヴァ」が物語の鍵を握る。もしかすると、そこには虚淵氏のネットへの失望が反映されているのだろうか。こんなことをいうと、あのクールな調子で「それはただの深読みです」と返されてしまうかもしれないが……。
(小熊けい)

最終更新:2018.10.18 04:24

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

楽園追放 rewired サイバーパンクSF傑作選 (ハヤカワ文庫JA)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『まどマギ』の人気脚本家・虚淵玄が苦言!ネット評価は緩やかな言論統制の産物のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アニメ業界小熊けい魔法少女まどかマギカの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
10 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
11 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
12 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
13 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
14 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
1 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
2 GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
3 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
4 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
5 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12 「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15 小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
16 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
20 槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄