病死した鶏も? 期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
china_140723.jpg
『中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド』(文藝春秋)

 いま、品質保持期限切れの鶏肉が供給されていた問題が世間を震撼させている。上海の食肉加工会社「上海福喜食品」が消費期限の切れた鶏肉をチキンナゲットなどに加工して供給。この会社から約2割の「チキンマックナゲット」を輸入していたと公表した日本マクドナルドをはじめ、同会社から仕入れた材料を使用していたコンビニ大手・ファミリーマートも「ガーリックナゲット」「ポップコーンチキン」の販売中止を決定した。

 この問題が発覚したのは、上海テレビによる潜入取材がきっかけ。そこに映し出されていたのは、あきらかに腐敗が進んでカビが生えている青い色をした肉や、床に落ちた肉を生産ラインに戻すなどのずさんな工場の実態だった。「あんな肉を食べていたかもしれないなんて……」と、ぞっとした人も多いはずだ。

 しかし、マクドナルドの鶏肉は、消費期限切れどころではない「危険」をはらんでいることをご存じだろうか。

 警鐘を鳴らしているのは、『中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド』(『週刊文春』特別取材班/文藝春秋)におさめられた「マクドナルドの中国産鶏肉が危ない」という、ノンフィクション作家・奥野修司氏によるルポだ。

 まず、ルポのはじまりは昨年1月に遡る。中国のネット上で、中国の巨大鶏肉加工企業・河南大用食品グループが「病気で死んだ鶏を長期にわたって加工販売し有名ファストフードに売っていた」という噂が流れた。この疑惑が飛び火したかたちで、日本マクドナルドは「鶏肉原料の一部に河南大用食品グループの鶏肉を扱っている」と取材に対して認めたのだ。

 果たして河南大用食品グループの実態はどうなっているのか──それを確かめるべく奥野氏は河南大用の加工場に取材へ向かうのだが、行き先をタクシー運転手に伝えると、「あそこは本当に汚いから行くのは嫌なんだ」と顔を歪めたという。しかし、周辺住民に病死した鶏について尋ねても、口止めをされているようで口は固かった。

 さらに奥野氏は、河南大用に鶏を納入している養鶏場へ。そこは「鶏舎は日本にくらべると劣悪で、しかも一坪あたり九十羽近い超過密飼い」。奥野氏も「病気にならないほうが不思議」と綴っているが、実際、この養鶏場では取材時、“数万羽の鶏が大量死”し、すでに鶏の気配すらなかったという。

 謎の鶏の大量死。その理由について、上海の獣医はこのように推測している。
 
「成長ホルモンや抗生物質が鶏に過剰に投与されていたことが問題になって以来、河南大用がこうした薬物を簡単に使えなくなったために大量死したのでしょう」

 つまりはこうだ。陽もささないぎゅうぎゅう詰めの養鶏場では鶏はすぐに病気になるため、病気にさせないために抗生物質を使用する。日本でも抗生物質を使う業者もあるというのだが、中国の場合は、出荷前に抗生物質を鶏が排出する「休薬期間」が設定されていない。いや、実際は休薬期間が定められているが、「(休薬期間を)守っていたら半分は死んでしまう」(中国の畜産指導員のコメント)というのだ。……この話は、当然レアケースではない。まさに中国の鶏は抗生物質漬けにされているといっていいらしい。

 しかも、抗生物質よりも「はるかに怖い」のが有機塩素だ。有機塩素系の農薬や殺虫剤は毒性が強いため70年代に世界中で禁止され、中国でも83年に禁止されているが、農薬としての効き目から「実はいまだに使われている」。そして、“中国の土壌ではいまだに高レベルで残留”しているという。こうした汚染された土地で獲れた穀物を鶏が食べれば、「約十倍に濃縮」されるのだ。

 こうした鶏肉の安全性を、日本マクドナルドはどのように確保しているというのか。「抗生物質の使用についてどのような検査体制を敷いているのか」という奥野氏の取材に対して書面回答した日本マクドナルドの答えは、

〈中国内ではサプライヤー(製造者)、および検疫局が法定残留基準から所定の頻度で鶏肉、加工品について残留検査を行っています〉

 という無責任ぶり。これには奥野氏も「日本の検査体制ですら決して十分ではないが、中国はさらに下を行く。その中国で、検査を中国の業者と中国政府に任せて、安全といえるのだろうか」と疑問を呈している。

 安全・安心を謳いながらも、その実、すべて他人任せ──このような実態は日本マクドナルドだけではないはずだ。今回の一件を皮切りに、さまざまな企業の“口だけ”体質が曝かれていくことになるかもしれない。
(田岡 尼)

最終更新:2014.07.23 08:09

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

中国食品を見破れ スーパー・外食メニュー徹底ガイド

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    病死した鶏も? 期限切れよりもっと怖いマクドナルドの中国産鶏肉のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マクドナルド中国産外食の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    ツイート数
    1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
    2 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円
    3 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
    4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
    5 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
    6 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
    7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
    8 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
    9 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
    10 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
    11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
    12 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
    13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
    14 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
    15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
    16 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
    17 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
    18 産経が沖縄報道で“ネトウヨまとめ”拡散
    19 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
    20 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
    1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
    2 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
    3 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
    4 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
    5 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
    6 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
    7 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
    8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
    9 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
    10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
    11 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円

    カテゴリ別ランキング

    マガジン9

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄