あなたも被害者に? マインドコントロール殺人の恐怖の手口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mindcontrol_01_140706.jpg
『マインド・コントロールとは何か』(紀伊國屋書店)

 予想通りの展開というべきだろうか。2014年6月、福岡県筑後市でリサイクルショップを経営する中尾伸也容疑者とその妻・中尾知佐容疑者が従業員を殺害した容疑で再逮捕された。夫婦の周辺では他にも多くの行方不明者がおり、マスコミ報道によると、夫婦は従業員を日常的な暴力や食事を抜くなどの罰で支配。すでに何人かの行方不明者については殺害への関与を認める供述を始めているという。

 こうした事件はこれまでにもいくつか発生している。古くは02年に発覚した北九州連続監禁殺人事件。家族や知人が暴力やセックスによって支配下に置かれ、疑心暗鬼にさせられ、最終的にはお互いがお互いを殺害し、遺体を処理したというものだ。この事件で殺人などの罪に問われた松永太は主犯と認定され、11年に死刑が確定した。死亡者は7人だが、松永の周辺にはほかの行方不明者もいる。

 11年に発覚したいわゆる尼崎事件は、主犯の角田美代子(拘置所で自殺)によって複数世帯の家族が長期間にわたり虐待され、最終的には殺害されるなどした事件だ。角田は20年以上の長きにわたりこうした生活を続けていたとされており、はっきりした被害者数は今もまだ判然としていない。

 これらの事件の特性として共通するのは、主犯によるマインドコントロールの存在である。『マインド・コントロールとは何か』(西田公昭/紀伊國屋書店)によれば、マインドコントロールは、個人を長期間拘禁状態において拷問したり薬物を投与したりして、精神構造を変化させる“洗脳”とは異なり、もっと洗練されていて、物理的にはっきりとした身体的拘束を用いていない事が多いという。確かにこれらの事件においては、被害者や行方不明者は、外に出て他者と接触する機会が持てていることもある。

 では、なぜ彼らは逃げ出さないのか。この点についても同書は詳しく解説しているが、ひとつのポイントは、マインドコントロールする側が閉鎖集団のなかでメンバーに届ける情報を管理することらしい。そうして、まず、「自己や自集団に好意的な感情を抱かせ」る。一方ではメンバー自身に「罪悪感を植え付けたり、恐怖感を与え」、外部の集団への怒りを喚起させたりして常に否定的感情を喚起させる。そして、さまざまな手法を使って「恐怖」と思考を麻痺させる「肉体的疲労」を与え続けるのだという。

 メンバーに与えられる恐怖はかなり強いが、彼らは同時にその恐怖から逃れる事の出来る唯一の方法を教えられている。「その方法とは、組織にとどまり活動することである」。つまりその集団から離れることによる不安や恐怖のほうが、はるかに恐ろしい事だという刷り込みを与えておくのである。

 いったん集団に取り込まれてしまうと、この巧妙な手口から抜け出すのはかなり難しい。マインドコントロールに支配されないための一番確実な方法は、そういう集団との接触を避けることだが、これもけっして簡単な事ではない。というのも、今回の福岡のリサイクル業者も、北九州の松永も、尼崎の角田も、一見すると普通の生活を送っている一般市民であり、見分けがつかないからだ。

 しかも、「被害者へのファーストコンタクトは「誠実で魅力的な勧誘者」が担う事が多い。その人物が友人や知人であれば「被勧誘者の心理状態が脆弱になるタイミングをうかがっている」こともある。

「意外で否定的な出来事を経験したとき、人々はその原因を自発的に探ろうとする傾向にあるという。そういうとき、人は自ら発した問いへの答えを求めて自分自身で納得のゆく答えが見出せないと、他者への依存性が高まる事になる」(同書)

 まさに、悩んでその原因を考えているときなどに“心の隙間”に入り込まれてしまうのだ。そして、ファーストコンタクトに成功すると「あなたは……しなければならない、さもないと」といった強制的なメッセージや「あなたは変わる事ができる」「あなたは変わる事が出来て、あなたの持つ潜在能力を引き出す事ができる」など自己実現的なメッセージや、問題の解決策を提示して誘い込んでいくのだという。

 尼崎事件で角田に命じられて自身の母親を殺害し、傷害致死などの罪に問われた大江香愛・裕美、そして裕美の元夫・川村博之の3名も、まさにこうしたプロセスをたどっていた。

 裕美と川村は、かつて川村が勤めていた鉄道会社に角田がクレームを入れたことがきっかけで角田と急接近し、いつしか家族の問題も相談するようになる。主導権を握り始めた角田は家族会議と称して川村夫妻や香愛、その婚約者を招集した。香愛によれば、

「角田がなんか、話を仕切り始めました。そしてしばらくして私の婚約者に対して、いきなり怒り始めて、挨拶しなかったとか、『何やのあんた、帽子も取らんと!』と怒鳴り散らしました。どのくらいの時間かは覚えてないですが、すぐには終わらなかったです。終わったのは夜中、明け方…3時くらいと思います。角田が『夜、気ぃつけて歩きや。警察は24時間守ってくれへんで』と脅してきました」

 こうして寝ずの家族会議は長期間続いた。時に叱り飛ばし、時に「あんたらのためや」など寄り添う姿勢を見せた角田に対して、三人はいつしか“他人の家族の問題なのに親身になってくれる人”として感謝するようになったのである。最終的に角田が“しばき棒”と名付けられたお手製の拷問器具でそれぞれに暴力を振るうにまで発展し、事件は起こった。

 北九州連続監禁殺人事件でも同様だ。主犯の松永とともに殺人容疑で逮捕・起訴され、無期懲役になった内縁の妻・緒方純子はかつて高校の同級生だった松永から電話をもらったことが、地獄の始まりであった。

 自分はこうした事件と関係がないと思っていても、気がつけば被害者になっている。それがマインドコントロール事件の恐ろしさなのだ。
(高橋ユキ)

最終更新:2014.07.06 03:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

マインド・コントロールとは何か

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

あなたも被害者に? マインドコントロール殺人の恐怖の手口のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。殺人洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
8 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
9 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
10 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
11 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
12 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
13 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
14 詩織さん全面勝訴でも山口敬之氏と安倍首相の関係に触れないテレビ
15 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
16 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
17 詩織さんに寄せられた山口敬之氏と安倍官邸の特別な関係の新情報!
18 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4 菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
5 安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
6 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
11 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12 菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
13 菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14 総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16 大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17 菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
19 三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄