秋元康の五輪演出にあの小説家がNO!「AKBは児童ポルノ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akimotogorin_140702.jpeg
『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』(アスコム)

 2020年、東京で開催される予定のオリンピック・パラリンピック。しかし、誘致時に大きくぶち上げた会場の建設計画は見直しを迫られるなど、開催が決定したときの歓喜と狂騒もいまは昔といった状態だ。

 だが、げに恐ろしいのは、世界が注目する五輪の総合演出に、あの秋元康が選ばれるのでは?と見られていることだ。3月にはネット上で「秋元康氏の『五輪組織委員会理事』の起用を中止して下さい。」と訴える〈NO TO AKIMOTO YASUSHI〉キャンペーンが巻き起こったが、これに参戦したのが作家の中原昌也だ。

 中原といえば、エッジのきいた小説が高い評価を得ているのはもちろん、ミュージシャンや映画評論の分野でも活躍し、カルチャーへの洞察力やセンスも一目置かれている存在。その中原が、「新潮45」(新潮社)5月号に「五輪総合演出「秋元康」という悪夢」という文章を寄せたのだ。

 このなかで中原はまず、件の理事起用中止のキャンペーンに賛同し署名を行ったことを告白し、〈ほとんど冗談としか思えない。日本人は政府に舐められているのだろうか〉と、秋元が東京五輪の組織委員会メンバーに選出されたことを痛烈に批判。五輪開催が決定した直後に村上隆がキャラクターデザインを担当するのではないかと噂が上がったことを取り上げ、〈村上隆も微妙な存在であるのは確かだが、やはり日本の何かを代表する芸術家だと思う。しかし、いくら何でもAKBが日本代表では困らないか〉と、村上を巻き添えにしながら秋元をディスっている。

 中原は〈仮にジャニーズ事務所のメリー喜多川さんが選ばれたとしても、ここまで腹が立つことはなかっただろう〉と綴っているように、大衆音楽を毛嫌いしているということではない。とにかく秋元康という存在が許せないらしい。何しろ、秋元やAKBのことを〈野望に充ちた女の子を使い、「握手会」やら「総選挙」やら、悪趣味としか形容しようのない「喜び組」を組織した腕前は、たとえ海外で「児童ポルノ」と分類されているとしても、すばらしいのかもしれない〉とまで書いているのだ。

 そして〈秋元康という存在にはまったく関心がない〉といいつつ、〈唯一覚えているのは、昔、タモリのオールナイトニッポンで放送作家をやっていて、何かを忘れたとかでネチネチ苛められて、オンエア中に泣かされたことだけである〉と、マニアックな黒歴史をわざわざ披露する。何か個人的な恨みでもあるのか、と、疑いたくなる舌鋒の鋭さだが、しかし、〈「国策」として文化の幼稚化の道を選択しているとしか思えない〉と政府を批判し、〈日本は秋元康が儲かる仕組みにできているらしい〉と嘆く中原の嫌悪感はわからなくもない。

 忘れてはならないのは、五輪は日本のイベントではなく、世界中の視線が集まるということだ。だからこそ、北京五輪ではチャン・イーモウ、ロンドン五輪ではダニー・ボイルと、世界的に有名な映画監督が総合演出をつとめてきた。

 しかし、秋元康はどうだろう。日本のファンは「COOL JAPANの象徴」と勘違いしているかもしれないが、アニメやマンガとちがってAKBは海外単独ツアーの経験さえなく、世界ではまったく相手にされていない。それどころか、中原が指摘するように、欧米のメディアから「性的搾取に関与」「児童ポルノ」と批判されたことさえあるのだ。

 そんな人物に五輪の総合演出をやらせても、それこそ都議会のセクハラ野次と同じで、またぞろ国際感覚のなさを世界にさらすことになるだけではないか。場合によっては、海外メディアから「児童ポルノの仕掛人が東京五輪の総合演出に」と集中砲火を浴びせられる事態にもなりかねない。

 そんなことにならないためにも、ぜひ、対抗馬が出てきてほしいところだが、難しいのは、では誰が適任か、という問題だ。中原も何人か候補を挙げているのだが、坂本龍一は〈脱原発文化人だからダメか〉、演出家の野田秀樹も〈オリンピック・スタジアムは広すぎるのでは〉、ビートたけしについても〈引き受けることはないだろうが、年齢もちょっとひっかかる〉、サザンオールスターズに対しては〈ぜひ歌ってもらいたいけど、総合演出はない〉と考えあぐねている。〈後は宮崎駿という名前ぐらいしか出てこない〉と書いているが、それこそ、たけし以上に宮崎が引き受けることはないだろう。

 そう考えると、現実にはやはり、秋元が総合演出に抜擢される可能性が極めて高い。秋元は周知のように安倍晋三首相と頻繁に会食するほどべったりなうえ、政府がらみの権威のあるイベントにはことごとく関係しているからだ。天皇在位20周年の奉祝式典でオリジナル奉祝曲の作詞を担当して、EXILEに歌わせたのもの、秋元だった。

 また、秋元自身にとっても、東京五輪は下降線に入ったAKB人気を取り戻す格好の機会であり、総合演出は喉から手が出るほどほしいポジションだろう。

 〈秋元康がよりのさばる「ビジネス・チャンス」になるぐらいなら、今からでも遅くない、「東京オリンピック2020」は即刻辞退すべきだ〉と中原は締めているが、はたしてこの声は届くのだろうか。
(田岡 尼)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

秋元康の五輪演出にあの小説家がNO!「AKBは児童ポルノ」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48EXILE中原昌也五輪秋元康の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
2 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
3 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
4 池松壮亮、塚本晋也の時代劇『斬、』が深い
5 入管法改正をケント・ギルバートが批判
6 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
7 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
8 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
9 官製映画会社が22億円の公金をドブに
10 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
11 女性蔑視はとろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない
12 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
13 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
14 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
15 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
16 沖縄で相次ぐ米軍事故を緊急取材
17 百田尚樹が村本とのバトルで「安倍が噂真を廃刊に追い込んだ」デマ
18 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
19 安保法で中居正広が松本人志に反論!
20 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
1 水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2 安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3 田崎に続き三浦瑠麗にも自民党から金
4 水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
7 入管法改正をケント・ギルバートが批判
8 麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
9 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
10 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
11 浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
12 入管法強行採決に『ひるおび』田崎、八代らが「野党が悪い」
13 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
14 自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
15 憲法審査会強行でちらつく安倍改憲へのシナリオ
16 百田尚樹『殉愛』裁判で晒した嘘と醜態
17 香山リカが講演会中止に危機感!「ダブスタ」攻撃にも反論
18 天皇・皇后が発信し続けた安倍政権の排外主義への危機感
19 秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20 “コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄