W杯惨敗で結婚? 芸能界へ? 内田篤人のタレント価値を占う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
uchida_0701.jpg
『僕は自分が見たことしか信じない』(幻冬舎)

 2敗1分・グループリーグ最下位という残念すぎる戦績で日本中をため息で包みこんだ、サッカーW杯日本代表。

 しかし、そんな結果以上に嘆き悲しんでいる人たちがいる。ウッチーこと内田篤人選手が「(代表引退を)考えています。日本に帰って少し休んで考えたい」と代表引退を示唆した発言を行ったことから、ウッチー萌えの女子たちが「辞めないで!」「早すぎる!」と悲鳴をあげているのだ。

 内田といえば、精彩を欠くチームのなかで膝の痛みをこらえながらも、ひとり奮闘。その分、落ち込みも激しかったのか、コロンビア戦後は涙も見せていた。が、翌日の会見で涙について記者に問われると、「全然」と泣いていたことを否定。しかし、出場機会のなかった前回の南アフリカ大会からの4年間を振り返ろうとした瞬間、言葉を詰まらせた。しばらく下を向いて涙をこらえ、ウッチーはひと言、「あっぶねー」。

……この涙は見せまいと気丈に振る舞う姿に、当然、女子たちは大盛り上がり。「ウッチー、めっちゃかわいい!」「「あっぶねー」ていうのがウッチーらしい!」など、ファンにとってはつらい場であるはずが一転、萌え会見に変貌した。
 
 こうした根強い女子人気を考えると、逆に、代表引退によって新たなステージが用意される可能性は高い。なにしろ、これまでもウッチーは声優やモデルの仕事を経験済み。となると、否が応でも期待が高まるのが芸能界への転身だ。

 そこで今回は、6月に発売されたウッチー写真集『2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010 Photographs selected by 内田篤人』(幻冬舎)からその魅力を分析し、芸能界に転身した場合の将来を占ってみよう。

●クールさのなかに秘められた熱さが美しすぎる!

 クールで飄々としたイメージのウッチーだが、写真集では必死にボールに食らいついていく姿も見ることができる。相手選手の強い当たりにも負けず果敢に削りに行ったり、身体を前に割り込ませてボールを奪取する姿、両手でガッツポーズをする姿などは、なかなか間近で見ることのできない部分だ。普段は感情を内に隠しているのに、ピッチでのプレーでは秘められた熱さを爆発……。そして常にひたむきだからこそ、痛みに顔をしかめてうずくまるシーンですら萌えるというもの。さらに注目は、たとえ転倒しても、ボールを見つめる真剣な眼差しだけは決して逸らさないという健気さ! これは『半沢直樹』のヒット以降、ドラマ業界で多用される“顔芸”にもすでに順応済み、ということ。ぜひ『半沢〜』の続編では、堺雅人の「誠実で従順な部下役」として登場してほしい逸材であり、最近マンネリ気味の『相棒』でも、水谷豊の新パートナーにピッタリかも。 

●おちゃめでかわいらしい一面も?

 一方、ウッチーにはおちゃめでかわいらしい部分も。写真集には、膝に手をおいて一息ついている岡崎慎司のお尻を蹴ったり、スローインの構えのときに舌を出していたり、監督や選手に笑顔でボトルの水をかける無邪気な表情もバッチリ収められている。とくにぐっとくるのは、エスコートキッズと一緒に座っている際になぜか正座をしている姿や、コートに一礼するきりりとした姿。プレー中は激しいのに、普段は少年のようにイノセントで、でも礼儀正しい──このギャップは、演出しようと計算してもできない“天然男子”ならではの大きなポイント。
 そうなると期待したいのは、コメディでの活躍だ。『あまちゃん』で福士蒼汰が演じた種市先輩あたりは、きっとウッチーが演じてみてもハマる予感。「南部ダイバー」を唱和するウッチー、寿司職人姿のウッチー、「海の底にいたときからアキのことが1番気になっていた」と直球告白するウッチー……ついでに、今回のW杯では点に絡むことができなかった鬱憤を晴らすべく、満面の笑みを浮かべて「おら、ウニ獲ったどー!」と叫ぶウッチーさえ見たくなってきた。

●男子に愛される男子! 腐女子の妄想は膨らんで…

 しかし、やはりこの写真集で注目すべきは、チームメイトとの“絡み”だろう。日本代表選手で、デキてると噂になるほど仲良しの吉田麻也や川島永嗣とのツーショットだけでなく、弟キャラとして可愛がられているシャルケのチームメイト、監督との絡みからも目が離せない。右サイドコンビであるジェフェルソン・ファルファンの頭をポンポンと撫でる姿や、逆にケヴィン=プリンス・ボアテングから頭を撫でられているところ、誕生日も同じゴールキーパーのマヌエル・ノイアーとは2人で肩を組んで走ったり、ノイアーが内田の胸のあたりを触っている姿は、腐女子でなくとも幸福な気持ちになる。しかも、フーブ・ステフェンス監督には頬を撫でられ、イェンス・ケラー監督からは頭をコツン!されている姿まで収録。確実に版元の幻冬舎は腐女子を読者に想定していることがわかるセレクトだ。
 だが、腐女子だけでなくこの“男子にも愛される男子”という要素は、嵐の人気度でわかるように、非腐女子の大好物。さらに、ウッチーにとって最強の魅力は、カワイイ顔してツンデレであるという点。前出の吉田選手のことを「召使いですけどね」と紹介、俺様を吹かせながらも、吉田本人に向かっては「麻也、いつもありがとう」「最高の友だちだよお前は」とデレる始末で、女子のあいだでブームが巻き起こっている“壁ドン”でもかまされた日には、歓喜の声があがりそう。


 と、このように、顔ヨシ、身体ヨシ、性格ヨシのウッチー。喋りも達者なのでバラエティでもナイスアシストが期待できるし、腐女子人気を考えると、『TIGER & BUNNY』でそのヒーローっぷりを発揮したり、『Free!』で肉体美を披露したりで、人気アニメ作品の実写版でも活躍できそうな貴重な存在だ。まあ、ほんとうのファンならば、サッカー人生を後悔することなく全うしてほしいところだが……こうもアレコレ妄想させてしまうのも、彼の引力なのだから仕方あるまい。
(田口いなす)

最終更新:2018.10.25 12:41

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

2 ATSUTO UCHIDA FROM 29.06.2010 Photographs selected by 内田篤人

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    W杯惨敗で結婚? 芸能界へ? 内田篤人のタレント価値を占うのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サッカーワールドカップ内田篤人腐女子の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    ツイート数
    1 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
    2 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
    3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
    4 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
    5 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
    6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
    7 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
    8 維新が「文句だけの立憲民主党」と大嘘ポスターで野党をデマ攻撃!
    9 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
    10 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
    11 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
    12 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
    13 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
    14 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
    15 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
    16 下町ボブスレー問題の背景にある「日本スゴイ」の虚妄
    17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
    18 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
    19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
    20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
    1 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
    2 若者は受診せず家で寝てろ! 背後に岸田政権の怠慢
    3 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
    4 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
    5 Netflix版『新聞記者』の踏み込みがすごい! 綾野剛が森友キーマンに
    6 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
    7 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
    8 維新・松井一郎市長が「保育士が足りないから親が自宅で面倒みろ」と呼びかけ

    カテゴリ別ランキング

    マガジン9

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄