立民議員「50歳と14歳」問題めぐる議論で露呈した意識の低さ…おぎやはぎは「多様性」「立派な恋愛」「ロリータは名作」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ナボコフ原作『ロリータ』をもちだした小木博明は、どういう物語かわかって言っているのか

 さらに、トンチンカンなことを言い出したのは、おぎやはぎで矢作の相方である小木博明だ。小木はこんなことを語った。

小木「気持ち悪いのは大前提なんですけど。たぶんこの方は最近『ロリータ』っていう映画を観たのかなと思って。あれは、たしか14歳のコなんですよね、女性が。で、14歳の女性っていうのは、時には子どもっぽい、時には妖艶な雰囲気を醸し出すとか、とても複雑な年齢の、とてもいい映画なんですよ。」
矢作「大学教授とね」
小木「ぜひ、みなさん観ていただきたい。『ロリータ』、すごい名作ですからね。あれも14歳とたしか50歳近くだったと思うんだよな、博士」

 小木はつまり、映画『ロリータ』をもちだすことで、主人公の中年男性が14歳の少女に性的欲望を抱き、性的関係をもつことを、矢作と同様、「性の多様性の表れ」「恋愛のひとつのかたち」であるかのように示唆したのだ。

 しかし、小木はほんとうに『ロリータ』がどういう物語か知っているのか。『ロリータ』というのは、言うまでもなくロリコン(=ロリータ・コンプレックス)の語源にもなったウラジーミル・ナボコフの小説で、1962年にスタンリー・キューブリック監督、1997年にエイドリアン・ライン監督、によって映画化もされている。

 だが、その物語は、けっして少女との性行為を美しい恋愛譚として描いているわけではない。

『ロリータ』のストーリーを簡単にまとめれば、30代後半の大学教授・ハンバートがロリータ狙いで母親と結婚し、母親の再婚相手=義父としてロリータに近づき、母親を間接的に死に至らしめ排除。ロリータにとって唯一の「保護者」として、支配関係のもとで性行為を強要するというもの。

 最初の肉体関係も、ビタミンと騙して睡眠薬を飲ませ、ロリータの意識が明瞭でないなか、会話で巧みに誘導して行われ、翌日、ロリータが怒って警察に性的暴行を通報すると言ったり、一緒の部屋で寝たくないと抵抗する場面もある。

 だが、母親が死んだことを聞かされハンバートの他に頼るすべがないと思い知らされたロリータは結局、その夜以降もハンバートと同室で寝ることになる。

 その後も抵抗するロリータに対しハンバートは、もし警察に通報して自分が逮捕されれば身寄りのないロリータは感化院や教護院などの施設に送られ、いまより不自由な生活を送らなければならないと度々脅す。

 そして、ロリータは2年ものあいだハンバートのもとを逃げる術をうかがい続け、最後は実際に逃げる(逃げた後も別の男による性搾取の被害を受ける)。数年後に再会した際も「人生をめちゃめちゃにされた」とハッキリと糾弾している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

立民議員「50歳と14歳」問題めぐる議論で露呈した意識の低さ…おぎやはぎは「多様性」「立派な恋愛」「ロリータは名作」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おぎやはぎバイキングMOREロリコン女性差別小木博明本多平直矢作兼酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
14 SF慰安婦像問題と日本の歴史修正主義
15 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
18 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
19 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
20 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄