グレタさん攻撃の登山家・野口健のスポンサーは飛行機燃料も販売するコスモ石油! 電力業界の広告で再生エネルギー批判も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
グレタさん攻撃の登山家・野口健のスポンサーは飛行機燃料も販売するコスモ石油! 電力業界の広告で再生エネルギー批判もの画像1
『自然と国家と人間と』の表紙写真にも東電とコスモ石油のロゴが


 地球温暖化対策を訴えている16歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんを〈あれ? 電車に乗っていらっしゃるのかな? 飛行機が×という方はもちろん車も×だろうし、てっきりヨット以外は馬車でご移動されていらっしゃるのかと想像をしていましたが…〉と揶揄し、ネットで批判を浴びた登山家の野口健氏。

 前編では、いま、ネットで指摘されている過去の「児童婚」と「猫殺し」を検証し、これらが自著などでも語っている事実であることを指摘した。その人権感覚や生命倫理の欠如にはあきれるほかないが、しかし、野口氏にはもうひとつ看過できないことがある。それは、まさに野口氏の環境保護問題に対するまやかしの姿勢だ。

 上述のように、温室効果ガスの排出が多い飛行機の利用を避けるというグレタさんの取り組みがまるで意味がないかのように嘲笑した野口氏だが、一般には登山家というだけでなく、エベレストや富士山のゴミ拾いなど環境問題に関する活動でも知られる人物だ。

 大学時代、「7大陸最高峰世界最年少登頂記録」(当時)を打ち立てた野口氏だが、メディア的に大きく注目を集めたのは、1999年、3度目の挑戦にしてエベレスト登頂に成功した際、記者会見の場で「来年から4年連続でエベレストに行く」「日本隊が残していったゴミを回収する」と発言したこと。これで、野口氏は当時、新しいブームと言われ始めた環境問題のアイコンになった。2000年には「ダババ〜」の曲で知られるネスカフェのCMに起用される。2008年には著書『富士山を汚すのは誰か 清掃登山と環境問題』(角川グループパブリッシング)を出版。その終章は「環境問題に国境なし」というもので、地球温暖化の影響で水没が懸念される島国ツバルを取り上げている。

〈温暖化の原因をつくりだしているのは人間だ。便利さ・快適さを求めるがゆえに二酸化炭素を大量に排出しているのは、とくに我々先進国の人間である。その責任は重い。
 ここ数年、環境問題への意識は確実に高まっている。だが、都市生活者の私たちは、日常生活の中で逼迫感を感じるまでにはいたっていない。けれども、この素朴で美しい島の現状に接すると、私たちのやっていることが実際にここで暮らす人々を苦しめることにつながっているという事実を痛感する。〉

 では、地球温暖化の問題を「痛感」しているはずの人間が、16歳の環境活動家を〈てっきりヨット以外は馬車でご移動されていらっしゃるのかと想像をしていましたが…〉と揶揄するのはなぜか。

 いまさら説明するのもばかばかしいが、グレタさんだって、自分たちが飛行機に乗るのをやめれば、すぐにCO2排出が削減されるなんて考えてはない。自分が行動を起こすことで、世界の人たちがCO2排出問題を考えるきっかけにしようとしているのだ。

 実際、水俣病やイタイイタイ病などの公害問題、大気汚染問題などでも、こうした環境保護運動とアピールが世の中や企業を動かし、結果的に状況を少しずつではあるが改善させてきた。それを〈馬車でご移動か〉などと上から目線で馬鹿にする。この大人気ないヒステリックな反応はどこからきているのか。

 ひとつあげられるのは、野口健氏には「環境問題に取り組むアルピニスト」とは別の顔があることだ。それは強権的な政治や暴力的な支配関係を支持し、 “リベラル派”や“自民党批判”を叩く「保守系文化人」としての顔だ。2004年以降、「正論」(産経新聞社)や「WiLL」(ワック)などの極右雑誌に頻繁に登場するようになり、保守的な発言を繰り返してきた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

グレタさん攻撃の登山家・野口健のスポンサーは飛行機燃料も販売するコスモ石油! 電力業界の広告で再生エネルギー批判ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。グレタ・トゥンベリコスモ石油原発地球温暖化東京電力編集部野口健の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
3 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
6 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
7 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
10 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
11 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
14 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
15 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
16 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
17 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
18 竹中平蔵が「収入が上がらない」という悩みに童貞差別的説教
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
7菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
13菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
14総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
17河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
18菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄