稀勢の里「歪なナショナリズムのアイコン」として政治利用された相撲人生! 受け続けた「日本スゴイ」の重圧が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
稀勢の里「歪なナショナリズムのアイコン」として政治利用された相撲人生! 受け続けた「日本スゴイ」の重圧が…の画像1
日本相撲協会公式HPより


 横綱の稀勢の里引退発表が大きなニュースになっている。しかし、暗澹とさせられるのは、それを取り上げているワイドショーやニュース番組のトーンだ。「唯一の日本人横綱が引退」「日本出身横綱が消滅」「19年ぶりの日本出身横綱だった」「モンゴル勢相手に孤軍奮闘してきた」などと、とにかく「日本人」を強調する報道ばかりがあふれかえっている。

 結局、稀勢の里は最後まで、相撲界を覆うグロテスクなナショナリズムと純血主義のアイコンにさせられ続けたということなのか。

 周知のように、近年、相撲界では、モンゴル力士の活躍の反動から、ファンやメディアが異常な「日本人力士への肩入れ」を見せるようになっている。モンゴルはじめ外国出身力士を「礼儀を知らない悪役」と位置づけ、それに立ち向かう「日本人力士」を礼儀正しい正義のヒーローに仕立てる。そんな報道と声援が、大相撲を覆い尽くしているのだ。

 この歪なナショナリズムと大相撲ブームの相関関係を指摘したのが、相撲ファンとしても知られる作家の星野智幸氏だった。(「現代ビジネスオンライン」2017年1月13日「日本スゴイ」ブームの極み、大相撲人気に覚える“ある違和感”))。

〈場所中の国技館などに足を運べば、このブームの原動力を肌で理解できる。
声援の多寡を決めるのは、「日本人力士」であるかどうかなのだ。この傾向は3年ぐらい前から目につくようになり、2016年にことさら強まった。〉

 星野氏は館内中が力士の名を呼んで手拍子を打つ、バレーの日本代表戦などの「日本チャチャチャ」によく似た応援が広まったことを取り上げ、こう指摘した。

〈この手拍子は、モンゴル人力士に対してはまず起こらないのだ。「日本出身」の人気力士か、モンゴルの横綱と対戦する日本の大関陣に対してのみ、起こる。〉
〈これらの現象を見てわかることは、大相撲はまさに「日本スゴイ」を感じるために、人気が急上昇したということである。「日本人」のスゴさを感じられそうな力士を応援し、日本を応援する集団と一体に溶け合って陶酔したいのだろう。〉(前同)

 古くからの相撲ファンならではの説得力ある指摘だったが、実は、この「日本スゴイ」エンタメと化した大相撲の象徴が「日本人力士として孤軍奮闘、モンゴル人力士に立ち向かう」稀勢の里だった。

 象徴的なのが、2013年の大相撲九州場所で起きた“事件”だった。当時まだ大関だった稀勢の里と白鵬との取り組みで、稀勢の里が勝利をおさめると、会場のファンからバンザイコールが起きたのである。

 このグロテスクな光景に、やはり古くからの相撲ファンとして知られるデーモン小暮閣下は、『クローズアップ現代+』(NHK)出演の際、このときのファンの振る舞いについて、「北の湖がいくら強かったからといって、負けてバンザイは出ませんでしたよ。イチロー選手がメジャーリーグでなにかやったときにブーイングが起きたら悲しいですよね? そういうことを思って相撲を見ていかなければいけないんじゃないかなと」と苦言を呈していたが、正論と言っていいだろう。

 しかし、稀勢の里が2017年に横綱に昇進し、大相撲の新たなスターとして祭り上げられると、この状況はさらに悪化していく。

 もともとこの“日本人力士・稀勢の里”への熱狂的応援は排外主義と表裏一体のものだったが、もっと直接的な外国人力士(特にモンゴル出身の力士)へのヘイトまでとびかうようになってしまったのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

稀勢の里「歪なナショナリズムのアイコン」として政治利用された相撲人生! 受け続けた「日本スゴイ」の重圧が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。日本スゴイ星野智幸百田尚樹稀勢の里編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
6 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
7 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
13 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
14 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
15 橋下徹の維新・法律顧問辞任に「何を今さら」の声!起用したテレビの責任
16 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
17 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
18 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
19 安倍首相も森友土地取引に関与?
20 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄