稀勢の里「歪なナショナリズムのアイコン」として政治利用された相撲人生! 受け続けた「日本スゴイ」の重圧が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

サンケイ、百田尚樹、ネトウヨが“稀勢の里は『カエルの楽園』愛読”と喧伝

 稀勢の里が歪なナショナリズムのアイコンとしてかつがれたのは、土俵上だけではない。ネトウヨや右派メディアは、リアルに政治的な主張のために稀勢の里を利用していた。

 たとえば、年間最多勝を上げ横綱昇進の期待が高まっていた2016年11月「サンケイスポーツ」(2016年11月25日付)は稀勢の里が父親から百田尚樹の小説『カエルの楽園』を贈られたという話を紹介。こんな信じられない解説を掲載した。

〈とくに「カエル-」は侵略によって国を失ったアマガエルが世界を放浪しながら「カエルを信じろ、カエルと争うな、争う力を持つな」と「三戒」の堅守にこだわるツチガエルの言動に疑問を抱く様子も描かれている。それは、モンゴル勢を中心とする外国出身力士が席巻する勢力図のなかで、あらがわなければならない国内出身力士の立場に置き換えることもできる〉

 憲法改正のプロパガンダ小説『カエルの楽園』が描くご都合主義的世界観を、相撲界にあてはめるというのも信じられないが、それ以前に、同作品は、ツチガエルを侵略するウシガエルのことをあらゆるものを飲み込む気持ちの悪い殺戮者として描いている。サンスポは、モンゴル勢をこのウシガエルに置き換えており、その解釈自体がヘイトそのものというしかない。

 しかも、この稀勢の里の政治利用には、百田尚樹本人も乗っかってきた。その翌2017年横綱に昇進が決まった直後の1月24日、今度は共同通信が稀勢の里の2014年初場所当時のエピソードとして、「池井戸潤や百田尚樹ら人気作家の小説」を読んでいたことを紹介すると、こんなツイートを投稿したのだ。

〈今日の「京都新聞」などに、「稀勢の里が、心が折れそうになったとき、百田さんの本を読んで頑張った」と言っていたという記事が載っていたらしい。
私の本が稀勢の里に力を込めて与えたと思うと、めちゃくちゃ嬉しい!〉
〈ネット検索したら、稀勢の里は去年の九州場所では『カエルの楽園』を読んでいたようですね。意外です(^^;今回、心が折れそうになったときに読んでいたのも『カエルの楽園』なのかな。)

 さらに、ネットでは、ネトウヨも〈稀勢の里関は『カエルの楽園』を読まれて支那国と本気で戦う勇気を与えられたと思います。その結果稀勢の里関のパワーアップに繋がったのでは⁉〉〈『カエルの楽園』を読んだ稀勢の里は、対戦相手をみんなデイブレイク(引用者註:朝日新聞のこと)だと思って突進したんだと思う〉などと、無茶苦茶な解釈をして、稀勢の里を自勝手に分たちのヘイト思想、歴史修正主義の象徴にまつりあげはじめた。

 実際は、稀勢の里が心が折れそうになって百田や池井戸潤の小説を読んだのは201​​4年初場所休場の後。『カエルの楽園』は2016年2月の出版だから、そもそも心が折れた当時の稀勢の里が読んでいるはずがないのだが(というか、『カエルの楽園』が折れた心を勇気づけるなんてありえないと思うのだが)、百田やネトウヨは、我田引水の解釈でまんまと政治利用してしまったのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

稀勢の里「歪なナショナリズムのアイコン」として政治利用された相撲人生! 受け続けた「日本スゴイ」の重圧が…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。日本スゴイ星野智幸百田尚樹稀勢の里編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 岡田斗司夫“ゲス”の秘密が著書に!
12 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
14 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
17 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
18 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
20 松尾スズキが“加トちゃん化”?
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄