とろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない、松本人志、千原ジュニア、キム兄ら芸人に蔓延する女性蔑視体質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
とろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない、松本人志、千原ジュニア、キム兄ら芸人に蔓延する女性蔑視体質の画像1
発端となった『M-1グランプリ2018』(公式HPより)

『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で審査員を務める上沼恵美子に対して、とろサーモンの久保田かずのぶとスーパーマラドーナの武智が「オバハン」「更年期障害」といった女性蔑視の暴言を放った件が大きな問題となっている。

 事の発端は、『M-1グランプリ2018』の放送が終わった直後の2日深夜に配信されたインスタライブ。芸人同士が集まって開いた打ち上げの席だと思われる居酒屋で配信された動画で、久保田は「酔ってるから言いますけど、そろそろもう(審査員を)辞めてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。わかんだろ、右側のな」とまくしたてた。「右側」というのは、上沼が審査員席で右端に座っていることを指しているのだと思われる。

 そして、久保田の発言に乗っかるようにして武智は「言うた! 右のオバハンや。いや、右のオバハンにはみんなうんざりですよ」「『嫌いです』とかって言われたら、更年期障害かって思いますよね」と上沼に暴言を吐いた。

 動画は削除されたがSNSを通じて拡散されていく。さらに問題の動画を知っていたのかどうかはわからないが、3日放送の『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)にて、上沼はM-1の審査員を引退すると宣言。「私みたいな、こんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ。だからもう、私は引退します」と語った。

 4日朝には、久保田が〈この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます〉と、武智が〈昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M-1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした〉と、相次いで謝罪のコメントをツイートしたが、とろサーモンは17日になんばグランド花月で予定されていた舞台への出演が急きょなくなるなど、仕事にも影響が生じ始めている。

 また、同じ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人たちからも苦言が続出。ケンドーコバヤシが「(『M-1グランプリ』に)すげえ泥を塗った」と語り、博多大吉(博多華丸・大吉)も「バカ後輩たちがやらかした」「僕史上、最大級の雷を落としますよ、あの2人には」とコメントしている。『M-1』で司会を務める今田耕司やナインティナインの岡村隆史も2人に苦言し、上沼に対し「後輩が申し訳ありません」「お許しを」など謝罪の言葉を発している。

 こういった状況から「とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智はこのまま芸能界から干されるのでは?」との憶測も多く出ている。今日8日にも2人が上沼に会って直接謝罪するという報道もある。

 彼らが上沼に対して吐いた暴言は「オバハン」「更年期障害」「感情的」といった言葉を含む明らかな女性蔑視であり、批判されるのは当然だ。今後も反省を行動で示し続けていく必要があるだろう。

 ただ、ひとつ付言しておかなくてはいけないのは、今回の件が、本人たちが謝罪したり先輩芸人らが苦言を呈するような大きな問題となっているのは、女性蔑視発言の矛先が芸能界で権力をもつ大御所芸人に向けられたものだったからということだ。

 今回に限らず、多くの芸人たちが日常的に女性蔑視発言をし、そればかりか、そのような発言を「笑い」「芸」などと述べてはばからないが、それらが今回のように「舌禍事件」「差別発言」として取り沙汰されたことはない。そのことはここで改めて考える必要がある。

 そして、そういった芸人の筆頭が、松本人志(ダウンタウン)である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

とろサーモン久保田、スーマラ武智だけじゃない、松本人志、千原ジュニア、キム兄ら芸人に蔓延する女性蔑視体質のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。M-1グランプリとろサーモン上沼恵美子久保田かずのぶ千原ジュニア木村祐一松本人志編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
6 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
7 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
10 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
12 稲田防衛相はレイシストと蜜月と最高裁が
13 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
16 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
9 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
10蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
11 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
12バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄