「りぼん」のフェミニズムマンガ『さよならミニスカート』が話題! 主人公はファンに切りつけられた元アイドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「りぼん」のフェミニズムマンガ『さよならミニスカート』が話題! 主人公はファンに切りつけられた元アイドルの画像1
公式HPより

「りぼん」(集英社)2018年9月号から始まった牧野あおいによる新連載『さよならミニスカート』が話題を呼んでいる。まだ、1話がはじまったばかりだが、ツイッターにはこんな声が広がっているのだ。

〈さよならミニスカートをちらっと読んだけど面白かった‥す、すごい、、、りぼん、、、〉
〈1話の時点で自分自身の価値とは何なのかに示唆を与えてくる凄さに感嘆した。しかもこれをりぼんで連載するという大胆さ。応援していきます〉


 読者だけではない。「りぼん」編集部の意気込みも尋常ではない。『さよならミニスカート』の連載を始めるにあたり、「りぼん」の相田聡一編集長はホームページ上にこんな紹介文を載せた。

〈このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと出会ってしまったのです。〉

 さっそく1話を読んでみたが、たしかにすごかった。まず、驚いたのは少女マンガの王道である「りぼん」連載作品としては、これまで読んだことのないフェミニズム的視点を含んだ内容だったことだ。

 主人公は高校1年生の神山仁那。神山は髪を男のようにも見えるショートカットで、制服もスカートではなく、スラックスを着ている(現在、制服を採用している学校で、女子はスカートかスラックスどちらも着用化とする学校が増えており、この学校もそうだと思われる)。見た目はほとんど男の子で周囲の生徒からは変わり者として見られているが、彼女には隠された過去があった。

 彼女は半年前まで「地球最後のミニスカートアイドル」というキャッチフレーズで人気の5人組アイドルグループ・PURE CLUBで不動のセンターポジションを張るメンバー雨宮花恋として活動していたが、握手会の最中にファンから刃物で切りつけられ、おそらくはそれが原因でグループを離れたという過去をもっているのだ。

 このあたり、2014年に起きた入山杏奈と川栄李奈のAKB48握手会傷害事件や、昨年に欅坂46の平手友梨奈を狙って起きた傷害未遂事件を想起せずにはいられないが、神山がスラックスをはき、髪を短くしているのは、この体験がきっかけのようだ。元アイドルという正体を隠すため、さらに事件がトラウマになり、社会が一方的に求めてきた性的な存在としての「女性」のあり方に嫌悪を感じているようにも思われる。

 一方、物語のなかで神山と180度真逆の存在として描かれるのが、クラスメイトの長栖美玖。彼女は色白でスタイルも抜群。そのプロポーションを活かしたオシャレを楽しむためスカートもミニ丈で学校に通っている。女子内でのスクールカーストは最上位で、男子からも憧れの存在である。

 そんな長栖にとって毎日ズボンを履いている神山のファッションは理解不能で、あるとき「どうしてスカート履かないの? 神山さんって実はスタイルいいよね!? もったいないよ」と話しかける。これに対して、「自分にはそれ以外無いってこと?」と皮肉を返す神山。

 ところが、そんなときに長栖が変質者に襲われるという事件が起きる。太ももを触られるという“程度で済んだ”と教師は説明するが、それでも痴漢被害を受けたという事実は変わらない。

 しかし、クラスの男子の口から飛び出した言葉は、ありえないくらい無神経なものだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「りぼん」のフェミニズムマンガ『さよならミニスカート』が話題! 主人公はファンに切りつけられた元アイドルのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。さよならミニスカートりぼん牧野あおい編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が拉致被害者の生存情報を隠し
2 渡辺謙が東京五輪の東北無視を批判!五輪の人命軽視がひどい
3 自民党・田畑毅議員の離党は女性への暴行が原因か
4 安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥
5 蓮池透氏が著書で安倍の冷血を批判!
6 データ不正、元厚労次官の村木厚子が「何かの圧力」発言
7 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
9 桜田五輪担当相「がっかり」発言は安倍政権の五輪至上主義のせい
10 安倍首相にマッチョ批判
11 ブレる松岡修造語録を読み解く
12 『スキャンダル専門弁護士』が伊藤詩織さんやはあちゅうを揶揄
13 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
14 菅義偉官房長官が国会で望月衣塑子記者をフェイク攻撃
15 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
16 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
17 不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 日露首脳会談大失敗を御用メディアが必死のフォロー!田崎は…
20 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
1嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
2玉川徹が中国人のマナーをあげつらう自番組を批判!
3勤労統計不正で厚労省委員が官邸と菅長官の圧力を証言
4安倍首相「自衛隊募集に6割以上の自治体が協力拒否」は嘘だった
5小川彩佳アナが『NEWS23』キャスター就任か!
6青山繁晴議員が「僕と握手したらガンが治った」と吹聴
7「子ども産まないのが問題」麻生が「金がないなら結婚するな」
9統計不正は安倍政権ぐるみの偽装だった証拠が!安倍に合わせ…
10安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
11北方領土の日、「日本固有の領土」の主張が消えた! 
12 厚労省に圧力をかけた首相秘書官は安倍首相の子飼い官僚
13首相官邸の望月記者排除に新聞労連が抗議声明
14国家公務員と利害関係者の「ゴルフ解禁」の背後に安倍
15小川彩佳アナ退社の要因はテレビ朝日の安倍政権忖度か
16安倍「自衛隊募集に非協力的な自治体」と圧力発言
17安倍首相「サンゴは移した」の嘘に琉球新報編集局長が痛烈批判
18辻元清美の外国人献金に大騒ぎする夕刊フジの愚劣
19不適切動画バイトを血祭りにあげるマスコミとネットの異常
20安倍がトランプ「ノーベル賞に推薦された」で世界に恥

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄