杉田水脈がLGBT差別問題から逃亡の裏で“お仲間”の極右集会に参加予定!「南京事件はなかった」のトンデモ主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
杉田水脈がLGBT差別問題から逃亡の裏でお仲間の極右集会に参加予定!「南京事件はなかった」のトンデモ主張の画像1
自民党・杉田水脈議員のTwitterより

「(LGBTは)子供を作らない、つまり『生産性』がない」という雑誌でのLGBT差別発言で大きな批判が集中している自民党・杉田水脈衆院議員だが、問題視された7月中旬以降、発言の撤回や謝罪はおろか、公の場で批判に対する自身の見解も明らかにしていない。

 実際、もともと“ネトウヨのアイドル”と呼ばれるだけあって、あれだけこまめに更新していたTwitterも、7月23日に〈自分はゲイだと名乗る人間から事務所のメールに「お前を殺してやる!絶対に殺してやる!」と殺人予告が届きました。これに対して被害届を出しました〉などと投稿して以降は、8月2日に「スタッフの投稿」として、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)8月9日号に掲載された記事について〈記事および見出しの内容はすべて事実無根〉などとツイートしただけだ。

 なお、「週刊文春」の記事は杉田氏の過去の「不倫疑惑」と「母親に育児を丸投げしていた」疑惑を伝えたものだが、文春の取材に対して杉田氏の事務所は、やはりLGBT差別問題については「コメントを差し控えさせていただきます」との回答をメールでよこしただけだったという。

 ところが、そんな杉田議員が来月、「外務省 目覚めよ! 南京事件はなかった その2」というタイトルの講演会で登壇する予定だというのだ。まったく、厚顔無恥にもほどがあるではないか。

 この講演会は、「南京戦の真実を追求する会」なる右派市民団体が主催し、新しい歴史教科書をつくる会などが協賛に加わる集会。お察しの通り、1937年の日本軍による南京攻略戦の際に繰り広げられた捕虜・民間人に対する大量殺戮などの犯罪行為、通称・南京事件(南京大虐殺)の存在そのものを否認する集会だ。当然、外務省および政府の〈日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない〉という公式見解も否定することになる。

 主催団体のホームページによれば、この講演会は9月19日、東京・文京区役所の建物内にある多目的ホール・文京シビックホールで催されるという。同施設は自治体の指定管理者制度で民間が運営を代行。ヘイトスピーチと地続きの歴史修正を目的とした集会に公共の施設が使われるというのも首を傾げざるを得ないが、それは置くとしても、杉田議員は例のLGBT差別について、なんら社会的な説明責任を果たしていない一方で、こんな極右集会でリビジョニズムを振りまくことが許されるのか。

 もっとも、LGBT差別で注目を浴びた杉田議員だが、もともと日本軍による慰安婦問題の否定など、筋金入りの歴史修正主義者である。

 たとえば南京事件については2015年、ユネスコの世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺の記録」が登録されたことに関連して、〈世界記憶遺産(この呼び方も誤訳?正しくは「世界の記憶」)に目録だけで登録された「南京大虐殺」。そもそもこの事業の趣旨にあっていない。現段階ではここを攻めるしかない日本政府ですが、行く行くはそれ自体捏造であることを発信していけるようになればと思います〉(2017年11月4日のツイート)と述べ、南京事件自体を日本政府として否定すべきと主張した。

 また、日本維新の会時代の2014年4月11日の衆院内閣委員会では、“現在もGHQのプレスコードが失効しているとは思えない”と主張しながら「失効しているのならば、たとえば習近平国家主席がドイツで南京大虐殺で30万人、日本人に虐殺されたというような演説をしたんですけれども、これに対して、では日本の総理なり官房長官なりが南京大虐殺はありませんでしたという事実をどうして反論しないんですか」と政府に質問。菅義偉官房長官から「政府としても、できる限りこの問題については、史実に基づいて客観的にしっかりと広報もできるようにしたい」「そこは思いは同じ」との答弁を引き出している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

杉田水脈がLGBT差別問題から逃亡の裏で“お仲間”の極右集会に参加予定!「南京事件はなかった」のトンデモ主張のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。南京戦の真実を追求する会南京虐殺原田義昭安倍政権杉田水脈稲田朋美編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
2 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
3 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
4 沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
5 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
6 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
7 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
8 指原莉乃卒業でその処世術を考える
9 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
10 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
11 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
12 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
13 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
14 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
15 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
16 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
17 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
18 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
19 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
20 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
5水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
6 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
7 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
8 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
9辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
10 入管法改正をケント・ギルバートが批判
11三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
12 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
13 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!
14沖縄出身のりゅうちぇるが「辺野古埋め立て中止嘆願署名」を紹介
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16 安倍政権の原発輸出政策が世界各国から拒否され破綻!
17自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
18 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
19維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄