NMB48奴隷契約の実態が明らかに! 公正取引委員会が芸能プロの移籍妨害にメスを入れるも、芸能マスコミは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nmb_180630_top.jpg
NMB48「欲望者」(通常盤)Type-A

 SMAP、のん(能年玲奈)、ローラなど、ここ数年、芸能プロダクションとタレントとの間で移籍や独立をめぐる問題が頻発していたが、そんななか、「週刊文春」(文藝春秋)2018年6月28日号に「奴隷契約書を入手」との記事が掲載され、また新たな契約問題が明らかになった。

 その「奴隷契約書」が結ばれていたのはNMB48のメンバー。「週刊文春」は、NMB48メンバーの所属事務所であったKYORAKU吉本.ホールディングス(当時。現在は吉本興業の子会社であるShowtitleに所属)との間で2010年に交わされたという契約書を掲載。記事では、その契約書の画像まで載っているのだが、そこにはこのように書かれていた。

 その「奴隷契約書」が結ばれていたのはNMB48のメンバー。「週刊文春」は、NMB48メンバーの所属事務所であったKYORAKU吉本.ホールディングス(当時。現在は吉本興業の子会社であるShowtitleに所属)との間で2010年に交わされたという契約書を掲載。記事では、その契約書の画像まで載っているのだが、そこにはこのように書かれていた。

〈本契約の終了した場合、その契約終了の原因の如何を問わず、乙は本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず、また、芸能マネジメント会社その他の第三者との間で、乙の芸能活動のマネジメントまたは著作権・著作隣接権・肖像等利用などを目的とした契約を締結することができない〉

 つまり、事務所を離れてから2年間は、いかなるかたちでも芸能活動を行うことができないと契約書で明文化されていたのである。

 前述「週刊文春」記事でも紹介されていたが、昨年4月には、元NMB48の渡辺美優紀の出演するインターネット生放送番組が直前になって放送中止になる騒動もあった。渡辺は山本彩と人気を二分したNMB48の中心メンバーだったが、16年にNMB48を卒業してから本格的な芸能活動はほとんどできていない。

 NMB48を離れても、そのまま吉本系の事務所に所属し続けている限りそのようなことはなく、昨年の選抜総選挙での「結婚スピーチ」が大騒動となった須藤凜々花や、チームMのキャプテンを務めていた山田菜々などは、何の問題もなく芸能活動を継続できている。

 こういった活動の制限は、ファンの間で「二年縛り」と呼ばれ、公然の秘密となっていたものだが、ついにその存在が白日のもとに晒されたかたちだ。

 この契約書に対して「週刊文春」側からの取材を受けた吉本興業の広報担当者は、「今年三月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも二年縛りをなくしています」と回答していた。

 記事のなかでも指摘されているが、吉本興業側がこのように答え、「二年縛り」条項を外した背景には、今年2月に公正取引委員会の有識者会議が、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘した件があるだろう。

 公取委は昨年8月よりこの問題に関する調査を開始。有識者会議を行うなど検討を重ねていたが、公取委がこのような検討に入った背景には、もちろん、本稿冒頭で例示したような、ここ最近頻発している芸能プロとタレントとのトラブルがある。

 公取委は昨夏の調査開始に先立って、委員会内に設置されているCPRC(競争政策研究センター)で、『芸能人はなぜ干されるのか?』(鹿砦社)の著者である星野陽平氏を呼んで勉強会も行っており、そのレポート「独占禁止法をめぐる芸能界の諸問題」には、SMAP、安室奈美恵、江角マキコ、清水富美加をめぐる嫌がらせの事例が並んでいた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

NMB48奴隷契約の実態が明らかに! 公正取引委員会が芸能プロの移籍妨害にメスを入れるも、芸能マスコミは…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NMB48ローラ圧力の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
2 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
3 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
4 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
5 沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
6 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
7 DA PUMPがEXILEに挑戦状
8 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
9 つんく♂が秋元のメンバー差別に
10 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
11 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
12 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
13 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
14 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 安倍応援団やネトウヨの「バッシング」を検証!!
17 国連も「組み体操」の危険性を指摘!
18 戦争専門家が集団的自衛権の嘘を指摘
19 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
20 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
3所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
4竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
5ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
6安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
7早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
8産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
9 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
10日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
11 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
12外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
13 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
14沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
15安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
16三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
17三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
18“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
19松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄