島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_171028.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)17年11月2日号

 先日発売された「週刊文春」(文藝春秋)2017年11月2日号に掲載された島田紳助の独占インタビューは大きな話題を呼んだ。

 現在は、筋トレや友人とのゴルフ、野球に明け暮れる健康的な生活を送っていると語り、そのうえで「今の生活が幸せで、その必要を感じていない」と、芸能界復帰の可能性を改めて否定した。

 また、インタビューでは引退をめぐっての騒動についても振り返る。引退直前は多くのレギュラー番組を抱えるストレスから精神状態が限界で、「辞める直前はもういっぱいいっぱいになってましたから」と語る。そして、そういった背景が、騒動の責任の取り方として謹慎や休業ではなく、いきなりの引退を選んだ理由だったと説明。そのうえで、現在の状況をこのように話している。

「引退時の会見でお話したように、男の約束として、向こうの人(暴力団)とは一切会っていません。今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ」

 紳助の引退会見は2011年8月23日に行われたが、そもそも紳助が暴力団と関係をもつようになったきっかけは、その約10年前にまでさかのぼる。『紳助の人間マンダラ』(関西テレビ)での紳助の発言がもとで、テレビ局に右翼団体の街宣車が来てトラブルに発展。困った紳助が頼ったのが、元プロボクサーの渡辺二郎氏であり、彼を通して、山口組系極心連合会の橋本弘文会長に話がいき、それで紳助に対する嫌がらせなどはなくなった。これをきっかけに暴力団との交際が始まったという。

 引退会見では橋本会長について「10数年間で意図的にお会いしたことと、偶然にお会いしたことで5回くらいです」と語られていたが、「週刊現代」(講談社)をはじめとした各週刊誌には紳助から渡辺氏に対して送信された大量のメールが掲載され、その文面を読む限り、紳助は橋本会長個人のみならず極心連合会自体と浅からぬ関係があったのではないかとも読みとれる。また、「FRIDAY」(講談社)11年10月21日号には、弘道会の高山清司会長と一緒に宴席を囲んでいる写真も掲載された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

島田紳助が文春のインタビューに登場! タレント、芸能プロダクションと暴力団との癒着を総まくりのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニング暴力団編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
2 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
5 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
6 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
7 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
8 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
9 X JAPAN、TAIJIの死の謎
10 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
11 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 「安倍やめろ」ヤジ排除に敗訴判決も、安倍政権下で日本はロシア化
14 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
15 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
16 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
17 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 槇原敬之は明らかに不当逮捕だ!薬物より怖い警視庁組対5課
20 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄