広島原爆の日のあいさつでも黙殺…安倍首相の「核兵器禁止条約」拒否姿勢の裏に核兵器保有願望が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

トランプ大統領になって安倍首相の反・核廃絶姿勢もさらに加速

 事実、当時この問題を報じた『報道ステーション』(テレビ朝日)では、日本政府関係者のこんな複数証言が紹介されていた。
「日本の安全保障からして『核の先制不使用』はありえないでしょう。『言葉の使い方に注意してほしい』という懸念を伝えた」(政府高官)
「『核の先制不使用』なんて、そもそもまったくナンセンス。宣言することなんてないですよ、絶対に。日米安保が成り立たなくなる」(外務省幹部)

 しかも、オバマのこの政策にかける意気込みは並大抵ではなく、昨年5月の広島訪問時の演説にも「核の先制不使用」の前振り的宣言を既成事実的に盛り込む予定もあったが、日本政府側が真っ向から反対したことで見送られたとも言われている。

 そうした経緯を踏まえてもやはり、今回の国連の核兵器禁止条約に対し、日本政府が「署名しない」と明言していることは、単に、核保有国であるアメリカに追随した結果だという説明では不十分だろう。もちろん、アメリカの核の傘の前に無条件にひれ伏し、在日米軍問題などの要求を飲み続けている姿勢も問題ではあるが、本質は「核なき世界」を目指すどころか、本音では日本の将来的な核保有まで見据えているであろう安倍首相の性質にある。

 しかも、アメリカはこれまで、冷戦後は一貫して核軍縮の方向に舵をきってきたが、トランプ大統領は今年2月のロイター通信のインタビューで「核保有国があるならわれわれが先頭にいたい」と核戦力の増強を表明。あくまで核軍縮は米露間の外交カードという位置づけでしかない。

 こうした状況において、対米隷属の安倍首相が今後これまで以上に “アンチ核軍縮”の色を濃くしていくのは、火を見るより明らかだろう。しかもそれは、政府が建前とする「日本の安全保障上の問題」についても、逆に中国や北朝鮮を刺激する結果となるのだ。しかし、いま政府がCMなどをうって盛んに北朝鮮の核ミサイル危機を煽っていることからもわかるとおり、安倍政権にとって“仮想敵”の脅威を煽ることこそ、政権延命の頼みの綱であることは言をまたない。

 広島の平和記念公園の原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれている。しかし、核廃絶という世界の希望を踏みにじるこの宰相のもとでは、その決意は虚しく響く。わたしたちは、被爆国の国民として本当にこのまま安倍首相に任せておいてよいのか、よくよく考えるべきだ。

最終更新:2017.12.06 06:17

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

広島原爆の日のあいさつでも黙殺…安倍首相の「核兵器禁止条約」拒否姿勢の裏に核兵器保有願望がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
2 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3 名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
6 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
7 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
8 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
11 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
12 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
13 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
14 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
15 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
16 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
17 稲垣吾郎MC のNHK番組が日本の五輪ナショナリズム批判!
18 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
19 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
20 広末、妊娠でドラマ辞退は無責任!?
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
4菅首相が米メディアから「五輪を進めるのは無責任」と質問され無視する愚行
5名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任
6「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
7NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄