「SMAPは15年前に壊れていた」報道は真っ赤な嘘! ジャニーズは自己正当化のためにSMAPの歴史を汚すな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「そもそも、今回の騒動は木村が裏切って頓挫したわけです。その結果、飯島三智マネージャーは事務所を追われることになった。そして、4人も芸能界追放の危機にさえおちいっていた。普通なら、木村が4人に謝罪をするというのが普通で、彼らも残留を決意したときは木村がそういう行動を取ってくれるだろうと期待したようなんです。ところが、木村は一切謝罪せず、逆に、公開謝罪で不遜な態度を見せ、中居にとってかわってリーダー然と振る舞い始めた。それで、香取、草なぎが激怒し、一気に関係が険悪になっていったんです」(香取に近いジャニーズ関係者)

 しかし、これが明らかになったら、それこそ公開謝罪を強制したジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長とその名代としてふるまった木村へのバッシングが再燃しかねない。それで、確執はもっと前、キムタクの結婚に反対した飯島マネージャーについた香取、草なぎと木村の間に亀裂が生じていたという話に仕立てようとしたのだろう。つまり、愛を貫こうとした木村を妨害した“悪者”飯島に、香取、草なぎがくっついているという構図をつくり出そうとしたのだ。

 だが、これもまったく事実と違う。「週刊文春」は“飯島マネージャーが静香との結婚を強硬に反対していたのを、メリーが守って結婚させてくれた”かのように書いているが、実態はまったく逆だったと元ジャニーズ関係者が当時の状況を語っている。

「むしろ木村の結婚への反対はメリーさんが強硬で、飯島さんは完全に木村との間で板挟みになっていました。結婚を強行できたのは、飯島さんがメリーさんを説得したおかげなんです。だいたい、結婚への強硬な反対が飯島さんの問題ではなくジャニーズの方針であることは、他のジュリー派のグループを見てもわかるでしょう。『文春』は1月にも“静香とキムタクの共演を飯島さんが勝手に断って、静香が怒った”みたいな話をあたかも飯島さんの理不尽のように書いてましたけど、夫婦共演なんてジャニーズで誰もしてないし、ジャニーズじゃなくてもよほど安い感じのタレントじゃないとしないですよ。まったく言い掛かりとしか思えません」(前出・香取に近いジャニーズ関係者)

「文春」が掲載したジャニーズ幹部のコメント、そして「僕たちは15年前に壊れていた」発言がいかに恣意的に操作されたものであるかがわかってもらえただろうか。しかも、「文春」は一方で木村拓哉のことを擁護するこの幹部のコメントもしっかり載せている。

「木村にしてみれば、一度は事務所に残ることを決めたのに、なぜ五人でやりたがらないのか理解できない。『は? なんで? やるために残ったんじゃないの』と。本人たちに確認したくとも、彼には他の四人とコンタクトを取る術すらなかったのです」(同前)

 スポーツ紙、ワイドショーだけかと思ったら、週刊誌までが垂れ流し始めた香取、草なぎバッシングと木村擁護。せめて「週刊文春」くらいは、ジャニーズ事務所の情報操作に乗っからない姿勢を貫いてほしいものだが……。
(時田章広)

最終更新:2016.08.19 02:38

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「SMAPは15年前に壊れていた」報道は真っ赤な嘘! ジャニーズは自己正当化のためにSMAPの歴史を汚すなのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズ時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
3 産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者
4 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
5 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
6 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
7 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
10 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
11 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
12 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
13 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
14 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
17 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
18 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 安倍首相がプーチンに贈った“失笑ポエム”
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
10悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
11菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
20産経新聞元ソウル支局長が「内調」に転職? 韓国で起訴された嫌韓記者

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄