SEALDs解散! 奥田愛基インタビュー「来るべきときに『まだ弾は残ってるがよ』って言えるように」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
okudaaki_160815.jpg
“解散”という区切りをつけ、新たなスタートを切る準備を始めたSEALDsと奥田愛基氏


 先日15日、日本は戦後71年目を迎えた。しかし70年目の節目だった昨年のその日から、この国のかたちは大きく様変わりした。安保法制の成立。参院選での改憲勢力の議席3分の2確保──。

 そんななかでひとつの希望となってきたのが、学生団体「SEALDs」の存在だろう。昨年、安保法制に反対する緊急行動として5月に結成され、夏には国会前で大規模なデモを展開。自分たちの言葉で社会に向かって声をあげたメンバーたちは、閉塞感が蔓延しきったこの国を、たしかに変えた。

 SEALDsは、政治とかかわってこなかったような人びとがプラカードを持って路上で声をあげる、という風景をつくり出しただけではない。ネット右翼や政権にかかわる政治家たち、「どっちもどっち」と嘲笑う冷笑系が躍起になってSEALDsの行動を叩く中、数十万人規模にふくれあがったデモの様子をメディアがどのように報じるかが、政権を忖度しているかどうかの「踏み絵」ともなった。立場はどうであれ、民主主義や立憲主義にどういうスタンスをとるのかを、SEALDsの存在が迫ったのだ。

 しかし、15日の終戦の日をもって、SEALDsは解散した。

 なぜ、いま解散なのか。野党共闘ははたして失敗だったのか。そして、今後予想される衆院解散や憲法改正を、どう捉えているのか。──解散を控えた今月12日、中心メンバーの奥田愛基氏に話を聴いた。


■野党共闘はメディアのいうように失敗だったのか


──まず、なぜいまSEALDsを解散するのか、その理由を教えてもらえますか?

 もともとSEALDsをつくったときから、今回の参議院が終わったら解散する、というのはSEALDsの立ち上げからメンバーの間で決めていたことなんです。すごくドライに言うと、これからあと10年くらいつづけるのなら別かもしれないですけど、それができないなら、どこかで1回、区切りをつけたほうがいい。ある程度、期間を決めて。計画を立ててやっていくほうが自分たちは動きやすかったので。
 社会運動ってつねに新しいことを試していくことが大事だと思うんです。これまでに見えてきた足りなかったことを次につなげていく、そういうことがないとダメだし、新しいかたちも考えていかなきゃいけない。でも、足りない部分を補うにも、補えるだけの自分たちのスキルは必要で、ちゃんと勉強して学校を卒業して……ってことも大事。それに、自分たちの人生をきちんと過ごすという基本があったほうが社会運動としていいと思う。誰かの人生を犠牲にしたりとかすれば、短期的にしか物事を考えてない気がするし、やっぱり誰かを消費しながら進んでいくんですよね。はっきり言って、運動のその中心に誰がいなきゃいけないなんてことはなくて、誰でもいい。必要なら、新しい人が出てくるんじゃないかな、といまは思っています。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

SEALDs解散! 奥田愛基インタビュー「来るべきときに『まだ弾は残ってるがよ』って言えるように」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。インタビュー編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
2 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
3 古市憲寿「平成くん、さようなら」と「終末期医療打ち切れ」論
4 外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
5 日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
6 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
7 つんく♂が秋元のメンバー差別に
8 松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
9 産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
10 追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
11 収賄疑惑の甘利大臣がバンダイとも
12 DA PUMPがEXILEに挑戦状
13 東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
14 NGT48問題でも秋元康の“無責任”
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 純烈・友井報道で芸能マスコミジャニーズ御用体質 
17 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
18 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
19 安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
20 安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
1安倍首相が辺野古の土砂投入で「サンゴを移した」と大嘘
2安室、上田、芸能人よく言った大賞前編
3追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
4クイーンのB・メイ辺野古署名に『ボヘラプ』鑑賞の安倍首相は…
5元日『相棒』が今年も安倍政権批判!
6ローラ、村本、りゅうちぇる芸能人よく言った大賞後編
7所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
8ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
9安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
10早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
11産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
12竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
13安倍首相の改憲キャンペーンに松本人志、小藪千豊らが協力?
14 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
15日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
16 ゴーン前会長出廷で露呈した特捜部の無理スジ国策捜査
17 バカリズム、指原莉乃が外国人労働者問題で差別丸出し
18安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
19平沢勝栄だけじゃない自民党の性差別 
20落合陽一は反省表明したが…古市憲寿と落合の無自覚

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄