夫の死後PCを開いたら不倫が発覚、FX負債が遺族にふりかかる…「デジタル遺品」めぐるトラブルが続々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
digitalihin_01_151205.jpg
『「デジタル遺品」が危ない そのパソコン遺して逝けますか?』(ポプラ社)

「終活」という言葉が使われるようになって久しい。葬儀の執り行い方や、財産分与の方法について、後々遺族が困らないようきちんと自分の意思を書き記しておくことが社会全体で推奨されている。

 そんな状況下、最近、故人のPCやスマートフォンに残されていたデータをめぐりトラブルが続出しているらしい。確かに、これら「デジタル遺品」のデータについては本人にしか分からないようブラックボックス化されているケースも多い。日本セキュリティ・マネジメント学会常任理事にして終活カウンセラーでもある萩原栄幸氏は、著書『「デジタル遺品」が危ない そのパソコン遺して逝けますか?』(ポプラ社)のなかで、自身が出会った実例をあげながら警鐘を鳴らしている。「デジタル遺品」についての取り扱いを誤ってしまったがために、自分の死後、家族を不幸のどん底に陥れてしまうかもしれないのだ。

 萩原氏がまず紹介するのは、「愛妻家」で知られた夫(仮名:徹)の死後、知らない方が幸せだった事実を「デジタル遺品」から知ってしまったエピソードだ。

 一ヵ月に一度は近場の温泉へ、そして半年に一度は遠くへ旅行に行くほど仲の良かった夫婦。しかし、夫は急な心臓発作で他界。遺品の整理も手につかぬまま時が経ち、萩原氏に遺品整理の話が来たのだという。というのも、奥さん(仮名:雅子)は大の機械オンチ。でも、パソコンのなかに入っているはずの旅行の写真を取り出したい。そこで萩原氏は「デジタル遺品」となったPCを開くことになった。

 すると、そこには怪しげなフォルダが……。そのタイトルは「シークレット」。

〈それにしても、よりによって「シークレット」という名前をつけるなんて。徹さんは、自分以外にパソコンを操作する人はいないからと油断したのでしょうか。
 フォルダを開くと、そこには「写真」と「旅先データ」というファイルがありました。「自分でやってみます」と雅子さんがまず「写真」のファイルを開いてみると……見知らぬ女性が写っている写真が何枚も、中には徹さんがその女性の肩を抱いて一緒に写っているものもあったのです。後ろには、何やら見覚えのある風景が……。
「何なの、これは! 私と一緒に行った場所じゃないの!」
 たしかに、先ほど見た雅子さんとの旅行写真とほぼ同じ。なぜなのか、その理由は「旅先データ」ファイルを開くとすぐにわかりました。そこには、雅子さんと一緒に行った時に得た、旅先の情報が書かれていたのです。たとえば、「○○温泉。泉質は硫酸塩泉で、美肌効果あり。R美には、その説明を忘れずにする」「『▲▲そば店』は店の雰囲気がいまいち。『○○そば』のほうが味もいいらしいから、R美はそちらに連れていこう」というように。
 そう、徹さんにとっては雅子さんとの旅は、不倫相手のR美さんと旅行するための「下見」だったのです〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「デジタル遺品」が危ない: そのパソコン遺して逝けますか? (ポプラ新書 は 3-1)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

夫の死後PCを開いたら不倫が発覚、FX負債が遺族にふりかかる…「デジタル遺品」めぐるトラブルが続々のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。あるある田中 教護身術の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
2 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
4 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
5 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
6 櫻井よしこは「神社」に住んでいた! 
7 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
10 二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
11 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
12 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
13 菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
14 『プライムニュース』だけじゃない!マスコミに蔓延る韓国ヘイト
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
19 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
12 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
13ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄