常盤貴子が自分の映画そっちのけで絶賛! 映画『野火』が突きつけた戦場のリアルと「忘れるな!」のメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 映画を見た多くの人が感じたのではないかと思うが、この映画を見ていると、スクリーンを越えて、まるで実際の戦場に引きずり込まれるような感覚を覚える。田村や他の日本兵たちが経験しているあまりに過酷な環境を見続けることで、次第にその惨状に慣れてしまい、自身もまたひとりの兵士になり、そこで茫洋と生死の境目を行き来しているかのように感じるのだ。それくらいこの映画は見る者の心を掴む。

 塚本晋也は『野火』の映画化を、8ミリカメラを回し始めた10代のころから漠然と思っていたというが、その動機について以下のように語っている。

「映画化しようと思った根本的な動機は、やはり大自然のものすごい美しさと、その中で人間だけがどろどろになって、とても不可思議な、不可解な行動をしているという、その不可解な行動こそが戦争だということを描きたかった」(「インタビュー塚本晋也 戦争の“痛み”を伝える――映画『野火』を撮って」 すばる 2015年9月号)

 塚本は「不可解な行動こそが戦争」と語っているが、この映画で描かれる「戦争」の不可解さは熾烈だ。原作の最重要テーマである「人肉食」や、非戦闘員である原住民殺しはもちろんだが、それ以上に見るものを容赦なく責め立てるのは、銃撃により、兵士たちの身体が損壊していくさまである。ある者は空からの爆撃をくらって顔の半分が削がれ、また暗闇のジャングルの中、祖国に帰りたいと逃げまどう日本兵たちがアメリカ軍からの集中砲火を浴びるシーンでは、銃撃によって手足はもげ、腹が裂け内臓はむき出しになり、脳漿が飛び散る。あの戦争は国を守るために、家族を守るために勇敢に戦った、勇敢な男たちの戦いだったのだ、というような上っ面の「物語」はここにはない。

 レイテ戦では参加した日本兵の97%にあたる約8万人が戦死したと言われる。「大東亜共栄圏」の名のもとに、フィリピンをアメリカから解放するという名目で占領したが、キリスト教を信仰し、英語を話すフィリピン人たちを「愚民」と見下しながら、異文化を理解もせぬまま行った失政や、残虐行為、食糧などの収奪のせいで激しい抵抗にあい、抗日ゲリラとアメリカ軍を相手にせざるをえない状況の中戦況は悪化し、兵士たちはこの映画のような末路をたどった。例えばアメリカ軍に追い詰められ、畑から芋を盗んで命をつないだ第16師団のある兵士は、以下のように語っている。

「彼ら(フィリピン住民)の芋畑見付けて芋掘りですわ。その頃、住民は日本兵の死体から銃をとって自警団を作っていたんです。芋をとりに行ったら、撃ってくるんです。そして日本兵が倒れたらすぐ住民が出てきてね。蛮刀っていってましたけど、ブッシュナイフね、あれで手切ったり、足切ったり。あちこちに手足のない日本兵の死体が転がっていた」
「村人は日本の兵隊を、そんだけ恨んでおったんだと思います。僕もゲリラを殺してますし、集落襲って食糧をとりにいって、村人を何人も殺してますし。それは恨まれて当然やったんでしょうけどね」(「ドキュメント太平洋戦争 踏みにじられた南の島 レイテ・フィリピン」 NHK取材班編 角川書店)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

塚本晋也×野火

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

常盤貴子が自分の映画そっちのけで絶賛! 映画『野火』が突きつけた戦場のリアルと「忘れるな!」のメッセージのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。寺路 薫の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 フジテレビがお台場カジノ開発を計画
2 菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
3 菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
4 欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
5 菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
6 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
7 杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
8 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
9 『プライムニュース』だけじゃない!マスコミに蔓延る韓国ヘイト
10 「日本学術会議」任命拒否問題で平井文夫、志らく、橋下徹、八代英輝が…
11 『島耕作』作者の家庭放棄を暴露
12 ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
13 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
14 大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 通販生活が「左翼だ」攻撃を一蹴!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
19 自衛隊が隊員の戦死を想定した調査を
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1杉田和博官房副長官「公安を使った監視と圧力」恐怖の手口!
2欠陥だらけ GoToイートの背景に菅首相と「ぐるなび」会長の特別な関係か
3菅首相のベトナムでのスピーチが露呈した「教養のなさ」
4大阪都構想住民投票に58億円 吉村知事「イソジン会見」の裏側も発覚
5菅首相は消費増税をするつもりだ!内閣官房参与に増税主張エコノミストを抜擢
6 中曽根首相「1億円合同葬」強行、教育現場に弔意強要 「前例踏襲」の嘘
7甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
8菅政権「成長戦略会議」恐怖の顔ぶれ! 竹中平蔵、三浦瑠麗、アトキンソンも
9菅首相の著書改ざんは“都合の悪い記録は残さない”という宣言!
10菅首相 学術会議の推薦名簿を「自分は見ていない」とトンデモ発言
11二階幹事長はリアル『半沢直樹』? 日本航空がらみの土地取引疑惑も
12ホリエモン擁護のロンブー淳が「切り取り」反論も…発言はもっと一方的
13 フジテレビがお台場カジノ開発を計画

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄