セクハラでっちあげ、親の介入、備品持ち帰り…「モンスター社員」増殖の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 とある食品製造会社の、コンプライアンス崩壊ぶりは酷い。なんと製造した食品の賞味期限が切れそうになると、賞味期限シールを張り替えて出荷することを指示されるという。経営陣は「特に問題なく食べられるのだから大丈夫」と開き直っている。このような会社には、やはりモラルの低い社員が集まってくる。そのなかにあって、普通の従業員は適当に合わせることもできず、会社の方針に不満を溜め、反抗的になる。なかには会社の方針に納得できず、社長に意見したことで煙たがられ、適当に理由をつけて解雇されてしまった社員もいる。コンプライアンスの低い会社は正当な意見を言った社員をモンスター扱いしたり、不満を募らせてモンスター化していくことがあるという。

 このように、普通のいい人が環境によってモンスター化する可能性がある以上、採用前にモンスター予備軍を100%見抜くのは不可能だ。

 この本が示唆するのは、非常識な社員と旧体制の会社が繰り広げるドタバタ騒動だけではない。著者はモンスター社員が生まれる要因についてこう書いている。

「『その人が、仕事やプライベートも含めた人生に満足しているかどうか?』という点だ。『やりがいのある仕事をして、いい同僚に恵まれ、思いやりのある友人や家族に囲まれている』という人で、実はモンスター社員だった、という例を私は見たことがない」

 こう指摘されると、なにやら落ち着かなくなる人も少なくないのではないか。程度はさまざまだが、人生に満足している、と言い切れる人がいったいどれほどいるだろう。実際、著者も、モンスター化する一因としてコンプレックスを挙げているが、「どんな人でも、多かれ少なかれ自分に対するコンプレックスを抱えている。しかし、それが極端に大きくなると、コンプレックスから自分を守るために、周囲の人間を攻撃する人がいる」と書く。

 そう考えれば、少々極端だが、誰もが時限爆弾を抱えていて、それが職場の環境や思わぬきっかけで暴発するかもしれない、とも思える。取り上げられている様々な事例はどれも「そんなバカな」と呆れもするが、同時にどこか誰でも思い当たるようなもので、同じシチュエーションだったら、似たようなことをする人は結構いるのではないだろうか。働く人の多くにそんな因子が内包されていて、あるいはすでに他者からその存在を気づかれているかもしれない。

 著者は、こう結んでいる。

「モンスター社員が出現した際は、ある意味で企業が成長するチャンスであると考える。その対処方法を模索する中で、モンスター社員だけの問題でなく、職場の様々な問題が浮き彫りになることもあるだろう。問題から目をそむけず、正面から向き合う事で、きっとよりよい職場環境となっていくだろう」

 数々の修羅場を踏みながら、あるいは踏んだからこそ言える前向きな姿勢なのかもしれない。カイシャの覚悟が問われる。
(相模弘希)

最終更新:2016.08.05 06:40

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

あなたの隣のモンスター社員 (文春新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

セクハラでっちあげ、親の介入、備品持ち帰り…「モンスター社員」増殖の理由とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。コミュニケーション相模弘希の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
2 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
3 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
4 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
5 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
6 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
7 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
14 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
15 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
16 三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
17 喜多嶋舞が大沢樹生に大反論!
18 検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
19 コロナ収束前の「Go To」予算1兆7千億円計上に非難殺到も田崎史郎は…
20 河井克行前法相と案里議員の違法選挙は安倍首相ぐるみだった
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察は河井克行を逮捕できるのか? 捜査は買収の原資“安倍マネー”に
4検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
5田崎史郎が「#検察庁法改正に抗議します」で“黒川と安倍は近くない”と嘘
6安倍応援団の攻撃に怯まない「#検察庁法改正に抗議します」の有名人たち
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
9三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16国会で井浦新、宮本亜門の批判を突きつけられた安倍首相が…
17加藤清隆、百田尚樹ら「#検察庁法改正案に抗議します」攻撃のトンデモ
18 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
19検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
20安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄