戦争は棄てましてん!憲法を大阪のおばちゃん語に訳してみたら…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kenpoyaku_141219.jpg
『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』(文藝春秋)

「憲法改正は自民党の悲願であり、立党以来の目標だ」「憲法改正の必要性を訴えていく」

 自民党圧勝の総選挙を終え、会見でさっそく憲法改正へ強い意欲を見せた安倍晋三首相。祖父・岸信介の悲願を達成させるという極個人的な夢に、国民が本格的に付き合わされることになるらしい。焦点となるのは、もちろん憲法9条だ。

 だが、この安倍首相の宣言を前に、「9条、9条というけれど、よくわからない」という人も多いはず。そんな人にオススメしたい一冊が、先日発売された『日本国憲法 大阪おばちゃん語訳』(文藝春秋)だ。著者は「全日本おばちゃん党代表代行」の谷口真由美氏。タイトルの通り、大阪のおばちゃんの口調で憲法を口語訳・解説している“珍書”である。

 しかし、たんなるイロモノ本とあなどるなかれ。じつは谷口氏は大阪大学で「日本国憲法」講義を受けもち、一般教養科目1000科目のなかから学生の投票で選ばれる“ベストティーチャー賞”を4度も受賞するという輝かしい実績の持ち主なのだ。もちろん、そのわかりやすさは抜群。はたして、阪大生に支持されるおばちゃんの憲法訳とはどんなものなのか。今回は本書から、いま一度、憲法改正を見つめ直すために、大阪のおばちゃん訳の9条を紹介したい。

 そもそも、日本国憲法の三大原則のひとつは「平和主義」だが、おばちゃんいわく、「それは前文と9条から引き出されるんですわ」。まずはその9条とは切っても切り離せない、そして憲法を理解する上で重要な前文から見てみよう。おばちゃん訳と比較するためにも、原文の前文をいささか長いが平和について言及する2段落目からすべて引用する。

〈日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。〉

 ……うーん。わかるような気もするが、理解できるかといえばなかなか難しいものがある。これが大阪のおばちゃん訳ならどうなるか。

〈私らは、ずっと平和がええなって思ってますねんわ。人間っていうのはお互い信頼しあえるって、理想かもしれんけれどホンマにそない思ってますねん。せやさかい、他の国のお人たちも同じように平和が好きちゃうかって信じてますねん。そう信じることで、世界の中で私らの安全と生存を確保しようと決めましてん。私らな、国際社会が頑張ってることありますやん、ほら、平和を守っていくとか、誰かに支配されたり奴隷みたいなひどい扱いすることやめさせるとか、ひとさまを踏みにじるとかを金輪際やめようっていう活動してるなかで、ええかっこしてみたいし、尊敬されたいねん。せやから私らな、全世界の人たちがみんな、怖いおもいすることとか、飢えたりすることからさいならして、平和に生きていく権利があるって本気で思ってますさかいに、そのことも確認させてな。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本国憲法 大阪おばちゃん語訳

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

戦争は棄てましてん!憲法を大阪のおばちゃん語に訳してみたら…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三憲法水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
2 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
3 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
4 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
5 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
10 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
11 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
12 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
13 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
14 田母神を担いだ百田、中西の責任
15 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
16 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
19 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
20 宮藤官九郎が『いだてん』は国家的プロパガンダじゃない
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄