>  >  > 護憲派の天皇皇后が安倍政権に危機感

天皇家と安倍政権が対立!? 護憲姿勢強める天皇・皇后を首相の側近が批判!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kunaichou_01_141105.jpg
宮内庁「天皇陛下お誕生日に際し(平成25年)」より


 それは、安倍首相に対して発せられたとしか思えないものだった。10月20日の誕生日を前にした文書コメントで、美智子皇后が「来年戦後70年を迎えることについて今のお気持ちをお聞かせ下さい」という質問に、こう答えたのだ。

「私は、今も終戦後のある日、ラジオを通し、A級戦犯に対する判決の言い渡しを聞いた時の強い恐怖を忘れることが出来ません。まだ中学生で、戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく、従ってその時の感情は、戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく、恐らくは国と国民という、個人を越えた所のものに責任を負う立場があるということに対する、身の震うような怖れであったのだと思います」

 実はこの皇后発言の2ヶ月前、安倍首相がA級戦犯として処刑された元日本軍人の追悼法要に自民党総裁名で哀悼メッセージを送っていたことが報道されていた。連合国による裁判を「報復」と位置づけ、処刑された全員を「昭和殉難者」として慰霊する法要で、安倍首相は戦犯たちを「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と賞賛したという。

 皇后の言葉はこうしたタイミングで出てきたものだ。しかも、それは記者からA級戦犯をどう思うかと質問されたわけではない。自らA級戦犯の話題を持ち出し、その責任の大きさについて言及したのである。

「天皇と皇后両陛下は、安倍政権の改憲、右傾化の動きに相当な危機感をもたれている」

 宮内庁記者や皇室関係者の間では少し前からこんな見方が広がっていた。天皇・皇后は、即位した直後からリベラルな考えをもっているといわれていたが、それでも以前は、一言か二言、憲法や平和、民主主義についてふれる程度だった。それが、第二次安倍政権が発足し、改憲の動きが本格化してから、かなり具体的で踏み込んだ護憲発言が聞かれるようになったのだ。

 たとえば、昨年、天皇は誕生日に際した記者会見で、記者の「80年の道のりを振り返って特に印象に残っている出来事を」という質問にこう答えている。

「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」

 日本国憲法を「平和と民主主義を守るべき、大切なもの」と最大限に評価した上で、わざわざ「知日派の米国人の協力」に言及し、「米国による押しつけ憲法」という右派の批判を牽制するような発言をしたのである。

この記事に関する本・雑誌

天皇皇后両陛下の80年 信頼の絆をひろげて/宮内庁侍従職/宮内庁

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
2 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
3 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
4 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
5 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
6 福原愛の活躍の裏に父母との決別が
7 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
10 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
11 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
12 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
13 あさイチで有働、井ノ原が戦争に危機感
14 キムタク最大のタブーとは?
15 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
16 SMAPベストアルバムの裏事情
17 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
18 福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
19 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
20 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
6安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
7稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
8稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
9炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
10福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
13新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
14「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
15北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
16奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
17Kダブシャインが日本の音楽状況を批判
18もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
19豊洲問題で石原良純が慎太郎擁護の茶番
20沖縄の2紙は“偏向”などしていない
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」