憑依、守護霊、前世にUFO…東大医学部教授のオカルトがとまらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「友人に、昨年九月、私の弟が亡くなる前後から、いろいろ相談していたんですが、正確に先を予言していくんです。弟は十七歳年下の妻と二人だけで、子どもがいませんでしたが、死ぬことは何とも思っていなかったようです。(略)その友人、仮にAさんとしておきますと、Aさんが『この人は、亡くなって、ほぼ一週間くらいで、奥さんの守護霊となって動き出すだろう。普通、守護霊というものは、配偶者レベルだと、だいたい生きていた人がすぐにある人の守護霊として働くことは、あまりない。(略)そして、奥さんが彼とコミュニケーションできるようになるだろう』ということを予言したんです。そしたら、本当に今、そうなってしまったようです。もちろん、彼の妻には伝えていません」(『未来のための日本の処方箋』)

「(守護霊になった彼と)コミュニケーションできるようになる奥さん」にはその予言の内容については確認していないようなのだが、それ以後、矢作センセイはこの友人(Aさん)を盲信するようになったようだ。『「あの世」の準備、できていますか?』でも、そのAさんについて語っている。

「私も過去生についてはポツンポツンと記憶があるのですが、その友人は、もっと具体的に、この人とは何年間に何回会って、その時どういう関係で、とそこまでわかるんです」
「(その友人は)神事をやっているので、見えないけれど、大きい仕事をしているんです。つまり守護霊団が我々とは桁違いなので(略)守護霊団というのがわかりにくいかもしれませんが、彼の周りにもうひとつ、国を守る守護霊団があるようです」
 
 国を守る守護霊団とは、どえらいスケールになってきたが、結局、矢作センセイのオカルトには常に親族の死がついてまわっている。母親の死をきっかけにオカルトに目覚め、弟の死をきっかけに憑依や霊障へとその“信仰”をエスカレートさせていった。そこには、東大教授としての知性も、“科学の本質”のひとつであるはずの批判的視点もまったく感じられない。そういう意味では、人間が弱ったときにどうオカルトにつけこまれるかをセンセイが体現しているといってもいいだろう。

 しかし、矢作センセイが問題なのはただ、個人的にオカルトにすがっただけではないことだ。センセイのオカルト信仰は数多くの本になって出版され、多くの読者に読まれている。しかも、それがただのオカルト本では絶対にありえないような売れ行きを見せているのは「東大医学部教授」「附属病院救急部・集中治療部部長」というブランドによるところが大きい。個人がどんな思想をもとうと自由だが、東大医学部教授という肩書きを利用してそのオカルト信仰を広めようとするのは職業倫理上、問題があるといわざるをえない。
 
 そして、この責任は矢作直樹という人物を「救急部・集中治療部部長」という要職につけている東大付属病院にもある。考えてみてほしい。救急・救命治療というのは、まさに命の危険にさらされた患者たちが助けを求めてやってくる場所なのだ。その責任者に「私たちの本質は肉体ではなく魂ですから」などとうそぶく医師が就いていたとしたら、あなたはそんな病院のことを信用できるだろうか。
 
 東京大学医学部は一刻も早く、矢作センセイの処遇を考えるべきではないか。
(小石川シンイチ)

最終更新:2015.01.19 05:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

「超常現象」を本気で科学する (新潮新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

憑依、守護霊、前世にUFO…東大医学部教授のオカルトがとまらないのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スピリチュアル医療小石川シンイチの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
6 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
7 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
8 安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
9 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
12 統一教会最古参元幹部が安倍晋三と教団の深い関係をテレビで激白!
13 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
14 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
15 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
16 発掘!ミッフィーの万引き事件
17 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
18 たけし「愛人と独立」で北野映画は
19 柴山文科相が入試改革を批判した現役高校生を晒し上げ公選法違反と恫喝!
20 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄