都道府県別、出身者が食いつくネタを仕込めば、仕事相手と距離が縮まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
todouhuken_140821.jpg
『気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門』(プレジデント社)

「夏休みはどちらに行かれてたんですか?」「ちょっと実家にね」「そうですか。実家はどちらですか」

 お盆明け、取引先や顧客に会うと、こういう会話から始まることが多いのではないだろうか。でも、せっかく実家のある場所を聞いてもだいたいは「ああ、いいところですね」「いやいやただの田舎でね」くらいのやりとりで終わってしまう。

 これはちょっともったいない。というのも、この実家・出身地話というのは会話を膨らませることができる格好のネタだからだ。自分の出身地に興味を持ってくれる相手に、嫌な気持ちになる人はほとんどいない。出身地のことで会話が盛り上がれば、好印象を植え付けることもできるし、距離感が縮まって、そこから、一気にビジネスチャンスにつながることも十分ある。

 でも、どうすれば、出身地ネタを盛り上げ、会話を膨らませことができるのだろう。ひとつは、相手が自分の地元について解説したくなるような質問をすることだ。ただ、平凡な質問だと盛り上がらない。たとえば、相手の出身地が青森だったからといって「青森って、やっぱりりんご、おいしいんですよね」と話をふっても、相手は「こんな質問、これまで何百回されたかな~」とうんざりするのが関の山だろう。
 
 できれば、相手が「え、それ知ってるの?」「そうそう。うちの地元、そうなんですよ」と思わず身を乗り出してくるような、ネタをふりたい。そのために役に立ちそうな資料が『気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門』(プレジデント社)という本に載っていた。

 題して、「47都道府県 県民にとっては当たり前!? マニアックネタ一覧」というもので、「県民が盛り上がる、鉄板ネタ」が、都道府県別に一覧表になっているのだ。

 たとえば、先述していた青森県の項目を見ると、「りんごの種類当てクイズができる」とある。どうも、青森県民は見ただけでりんごの種類を当てることができるらしい。そこで、これを使って「青森の人はりんごを見ただけで、種類が当てられるんでしょう?」とふってみる。すると、相手は「そうそう。ききりんご大会とかもあるんですけど、結構難しくてね」と会話に乗ってきてくれるかもしれない。

 あるいは、山形県の項目には「芋煮の具と味をめぐり、県内でも抗争」とある。調べてみると、内陸の村山地方は、牛肉、里芋、こんにゃく、ねぎなどを入れて醤油で味付けするのに対し、日本海側に位置する庄内地域では、豚肉、里芋、厚揚げ、こんにゃく、しいたけなどを入れ、酒粕と味噌で味付けするなど、まったくちがうらしい。そこで「そういえば、山形名物の芋煮って、地域によってちがうんでしょ。◯◯さんの実家はどっち派?」とふってみる。きっと、「うちは内陸なんですけど、やっぱり芋煮は牛肉ですよ!」とか熱く語ってくれるはずだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

気遣い、謝罪、クレーム対応「大人の作法」入門 (マンガPRESIDENT)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

関連キーワード

都道府県別、出身者が食いつくネタを仕込めば、仕事相手と距離が縮まるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ご当地ネタ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
2 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
3 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
4 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
5 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
6 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
10 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
11 千原、宇治原がネトウヨばりの政権擁護
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
15 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
16 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄