ヒトラーの演説術を言語学者が分析 実は途中から飽きられていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hitler_01_140815.jpg
『ヒトラー演説  熱狂の真実』(中公新書) 

 1930年代のドイツに独裁的な全体主義体制を確立した政治家であり、対外侵略の強行から第二次世界大戦を引き起こし、また人種差別政策のもとユダヤ人を迫害・虐殺したことで知られるアドルフ・ヒトラー。いまではその行ないのほとんどが否定されているが、なぜ彼は当時のドイツ国民から熱狂的な支持を集め、権力を掌握することができたのだろうか。その理由の一つとして、巧みな演説術があげられる。先ごろ中公新書より刊行された高田博行『ヒトラー演説 熱狂の真実』(中公新書)は、言語学者(専攻は近現代のドイツ語史)である著者が、ヒトラーの行なった膨大な演説を分析することで、彼の台頭の秘密を解いた一冊だ。

 ヒトラーの演説というと、激しい身振り手振りを交えながら絶叫するさまが思い出される。しかし、それはけっして恣意的なものではなく、綿密な計算にもとづいたものであったという。本書では、ヒトラーが首相就任直後の1933年2月10日、翌月の国会選挙を告知するための催しで行なった「ドイツ国民への呼びかけ」と題する演説を、その記録映像から細かく検証している。それを読むと、どこかの大臣ではないが「ヒトラーの演説に学んだらどうか」と思わず言いたくなるほど、巧妙な仕掛けが凝らされていることがわかる。

 ヒトラーは演説の冒頭から叫んだり激しく手振りしたりしていたわけではない。このときの演説ではまず「今年1月30日、国民を統合する新政府(ナチス政権)が樹立された」とおごそかに宣言、両手は下で合わせて、ジェスチャーをしないように意識して努めていた。声のほうは、ナチ運動を始めた理由を語り始めると、だんだん高くなっていく。

 両手を下で合わせるポーズは、聴衆の喝采やヤジを抑えるという側面もあった。だがそれだけでは間が持たない。そこで演説を進めながら今度は腕を組む。腕組みポーズは、静かな立ち姿を印象づけるものだ。このあとも、聴衆から喝采が起きると、ヒトラーはほんの一瞬、腕組みをしてジェスチャーを止めた。これには、《喝采という評価を受けつづけるよりも、自らの主張を語りつづけるほうが重要だとヒトラーが謙虚に考えていると聴衆に感じさせる効果がある》という。

 左右の手の使い分けも興味深い。「じわじわと個々のドイツ人の生活がさらに落ちぶれていった様子」という箇所で、ヒトラーは左手でリズムを取り、手刀を切る。

《左手はヒトラーの利き手ではないので、ゆっくりした激しくないジェスチャーをするのにあてがわれている。(中略)そしてその弱い左手が、そのあとに用意された両手と強い右手による激しいクライマックスのジェスチャーを引き立てることになる》

 このことだけでも、演説の内容にあわせて、じつに巧妙にジェスチャーが使い分けられていることがうかがえよう。このほか、ヒトラーのジェスチャーのなかでもとくに印象深い、指さしにもちゃんと意味があった。それはたとえば、「この」「これ」といった指示代名詞に結びついていたりするのだが、それ以上に、ヒトラーから見た敵対者を糾弾したり、事柄全般について否定したりする際に頻繁に用いられた。著者いわく《指さしによって、敵と味方、肯定と否定といった何らかの対比構造が背景にあることが聴衆に対して暗示されていると思われる》。

 じつはヒトラーは、政権を掌握する少し前、1932年の4月から11月にかけて、オペラ歌手から発声法の指導を受けていた。これというのも、同年中に5回もの選挙戦を戦うなかで、ヒトラーは各地で多数の演説をこなし、声帯を酷使していたからだ。声帯麻痺を懸念する医師の勧めもあり、ヒトラーは訓練を受けることにしたのである。ただし、これは「演説の天才」というヒトラーのイメージを崩さないよう、秘密裏に行なわれた。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ヒトラーの演説術を言語学者が分析 実は途中から飽きられていた!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ヒトラー政治家近藤正高の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
2 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
3 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
4 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
5 中居がすべらない話でJのタブーに!
6 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
7 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
8 安倍がインスタで星野源とのコラボ動画アップもコメント欄に批判殺到
9 安倍「桜を見る会前夜祭」で会費を払っていない有権者、買収罪に相当
10 植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
11 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
12 日産ゴーン再逮捕で官邸、経産省主導説がますます濃厚に!
13 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
14 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
15 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
16 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
17 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
18 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
19 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
20 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
1菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
9検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
10 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
11安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
12小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
13小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄