再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由の画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』番組ページより


 大晦日より連続放送されている『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の再放送。今日は9話から最終回である11話まで放送される(一部地域除く)。

 昨日はツイッターでも『逃げ恥』に関するワードが次々とトレンド入りし、放送から1年近くの時が過ぎても、いまだに衰えないこのドラマの人気が改めて浮き彫りになった。

 しかし、『逃げ恥』はなぜそこまで視聴者の心に響いたのだろうか?

 大ブームとなった「恋ダンス」の影響もあるだろうし、「ムズキュン」とも呼ばれた主人公二人の微笑ましい恋模様の力もあっただろう。しかし、なによりも重要だったのは、社会が保守化し、「家族のあり方」に対しても窮屈な言論状況になるなか、見事にそのカウンターを示したからではないだろうか。

 また、この作品がカウンターを示したのは家族に関する問題だけではない。「多様性」に関わる問題もそうだ。

『逃げ恥』の登場人物たちは、オタクだったりゲイだったり毒女だったりプレイボーイだったりと、これまでの映画やドラマではステレオタイプな描き方をされてきたキャラクターが多い。

 しかし、『逃げ恥』はそのようなキャラクターをステレオタイプな物の見方に当てはめず、「その人」自身の個性や多様な側面も丁寧に描いてきた。

 本サイトでは、ドラマが放送されていた当時、主演の星野源や原作漫画家の海野つなみの発言を紐解きながら、作品が伝えるリベラルな思想について分析した記事を配信している。ここに再録するので、是非読んで『逃げ恥』の物語をより深く味わってほしい。
(編集部)

********************

 ついに今夜最終回を迎える『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)。今月6日に放送された第9話の総合視聴率(リアルタイムの視聴だけでなく、レコーダーによる録画再生も反映させた視聴率)は30%台に届くなど、人気も評判も日を追うごとに高くなっている。

『逃げ恥』がこれだけの人気作品となった要素は色々あるだろう。「ムズキュン」とも称される津崎平匡(星野源)と森山みくり(新垣結衣)の不器用すぎる恋愛模様はもちろん、「結婚」というシステムをめぐって2人が会社の人間関係や家族との関係に悩みながら前に進んでいくストーリーも極めて現代的なテーマである。

 なかでも先週放送の10話では、会社の人員整理に巻き込まれ近々職を失う予定の平匡が、本当に結婚すれば家事代行のための経費がかからず貯蓄に回すことができると無神経なプロポーズをしたのに対し、みくりが「愛情の搾取に断固反対します!」と宣言して求婚を拒否したラストシーンが話題となった。

 みくりは家事労働を「仕事」として引き受け平匡に雇用されてきたのに、お互いが恋愛関係になった途端、平匡は家事を無償労働として提案した──。つまり愛情で結ばれた関係であるならば見返りなど求めず家族のために尽くすのは女性として当たり前、という社会で“常識”とされている価値観を、みくりは愛情を盾にした「搾取」だと批判したのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

再放送でも話題『逃げ恥』はなぜ響いたのか? 星野源と作者・海野つなみが語っていたその理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹星野源海野つなみ逃げるは恥だが役に立つの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 高プロ法案の強行採決を許すな!
3 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
4 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
5 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
6 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
9 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
16 愛川欽也が「安倍に殺される」と
17 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
18 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ