ゲス川谷に松本人志とヒロミが異常に優しかった理由! 大手事務所タブー批判はやっぱり口先だけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
widnashow_170507.jpg
5月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)より


 新アルバム『達磨林檎』の発売日である5月10日にワンマンライブを行い、ゲスの極み乙女。の活動を再開する川谷絵音。ベッキーとの不倫でバッシングを受けただけでなく、ほのかりんととデート中に未成年飲酒させたことが発覚して芸能活動を休業、一時はこのまま芸能界追放か、とまでいわれていたが、芸能界のドン・田邊昭知会長率いる田辺エージェンシーに移籍したとたん、あっさりと復帰を果たしたというわけだ。

 しかも、この復帰に、メディアからは一切バッシングが起きない。休業を発表してもラストライブまで川谷を追い掛け回し、絶対に許そうとしなかった芸能マスコミが、田辺に移籍した途端、「早すぎる」とも「反省してない」とも言わなくなったのだ。所属プロでここまで手のひらを返す芸能マスコミの露骨さ、大手芸能事務所タブーの強固さには言葉を失うが、そんな中、当の川谷が本日、松本人志の『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演した。

 松本人志といえば、1月1日に放送された『ワイドナショー元旦SP』で、「(テレビでは)大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりすることが、やっぱりある。一般の人にもバレてるから。ネットで散々、あの上位に上がっているのに、ワイドショーでは一切扱わない。この違和感は、テレビ業界の人たちも、そろそろ気づいてほしい」と、テレビの大手事務所タブーを批判し、大きな話題になった。

 権力や権威に弱い松本もあそこまで大見得をきっていたのだから、今回はさすがに多少踏み込んだ川谷批判をするだろう。そう思って『ワイドナショー』を見てみたのだが、これがびっくり。モニターには、松本のまったく笑えないヘッピリ腰ぶりが映し出されていたのだ。

 松本人志は出だしから、「ゲスが出たぞー! ゲスがいるぞー!」「ベッキーって言ったぞー」などと、若手のガヤ芸人みたいなギャグを口にしていたが、しかし、それだけ。核心には一向にふれようとしない。それどころか、東野幸治や古市憲寿が不倫のディテールにふみこもうとすると、たいした質問でもないのに、「団地のオバハンみたいなこと言うよね。すごいよ、話せへんやろ」「今日みんなスッゲーな」と、必死で話の腰を折って、追及させないようにするのだ。あげくは、川谷に向かって冗談交じりに「ごめんなさいね。ごめんなさいというか、もうしょうがないもんね」と、謝り続ける始末。

 以前は、川谷にあれだけ毒舌を吐いていたのに、この豹変ぶり。「(大手事務所のスキャンダルに)触れないことの残念さというか、結局それって、一番損すんのはタレントやと思うんです」「芸能界を誰も信用してくれなくなってくるっていうのが、僕は嫌やなって思います」などともっともらしく語っていた松本だが、やはりあれは口先だけだったのだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ゲス川谷に松本人志とヒロミが異常に優しかった理由! 大手事務所タブー批判はやっぱり口先だけだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブーヒロミワイドナショー不倫川谷絵音本田コッペ松本人志田辺エージェンシーの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
2 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
3 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
4 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
5 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
9 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
10 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
13 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
14 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
15 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
16 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
17 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
18 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
19 BPOが「ニュース女子」のデマ検証
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
9昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
10北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
11ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
12生活保護カットで他の低所得者も困窮
13富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
14ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
15富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
16百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
17エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
18 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
19大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」
20BPOが「ニュース女子」のデマ検証

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」