やっぱり“殉愛騒動”と同じ? 高倉健の実妹が健さんの最期を看取って遺産を相続した“養女”の不信な行動を告発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
takakura_151113_top.jpg
高倉健『旅の途中で』(新潮社)

“最後の銀幕スター”高倉健が亡くなって1年半。その圧倒的存在感や人柄などから現在でもその死を悼む声は絶えない。だが高倉の死後、世間の注目を大きく集めたのが高倉が死の1年半ほど前に極秘に入籍した“養女”の存在だ。

 それまで世間に全く知られることがなかった養女Aさんの存在が明らかになったのは「週刊文春」(文藝春秋)2015年1月1・8日特大号で養女自らが登場して、その関係を告白したことだった。

 元女優だった当時50歳の養女は、晩年の高倉の身の回りの世話をし、悪性リンパ腫発症後はひとり介護を続けた“特別な存在”だった。養子縁組に関しては高倉の死の2年半ほど前に高倉が弁護士に相談、その後の13年5月に養子縁組が成立している。

 彼女の存在は高倉の意思で世間からは極秘とされ、近親者さえその存在を知らなかった。

 そして、養女が「高倉は『人は誰しも弱っている姿は見られたくない。だから見舞いも行かないし、来て欲しくない』という考えでした」(「週刊文春」より)と語ったように、病魔に倒れた後、“高倉の意思を尊重するため”と、近しい関係者に対してすら見舞いを拒否、親族にその死をすぐに知らせず、葬儀にも呼ばず、荼毘にふしてしまったこと、そのうえで、養女が莫大な遺産を相続したことで、「これはやしきたかじんの“殉愛騒動”と同じじゃないか」という声が上がっていた。

 そんな中、高倉健の実妹が今回初めて、高倉との関係、そして養女について口を開いた。

 高倉は4人兄弟の2番目だが、兄と上の妹はすでに故人、唯一下の妹である森敏子さんが福岡県に住んでいるのだが、その敏子さんが「週刊新潮」(新潮社)5月19日号のインタビューに応じたのだ。

 まずこれまで語られてきたように、高倉と妹・敏子さんの関係は疎遠などでは決してなかったという。

「兄と私は仲がとてもよく、喧嘩もせず、何でも話してきた間柄です。『何かあればファックスしてくれ』と言われていたし、事実そうしていました。するとすぐに電話があるようなマメな人」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

やっぱり“殉愛騒動”と同じ? 高倉健の実妹が健さんの最期を看取って遺産を相続した“養女”の不信な行動を告発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」