GSOMIA延長で安倍政権が「日本も米国の圧力で譲歩」の真相隠す大本営発表! 安倍首相は百田尚樹ら嫌韓応援団と会食し懐柔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
GSOMIA延長で安倍政権が「日本も米国の圧力で譲歩」の真相隠す大本営発表! 安倍首相は百田尚樹ら嫌韓応援団と会食し懐柔の画像1
首相官邸ホームページより


 昨日、韓国政府が破棄中止を発表し、日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)が延長された。23日0時の失効を控えるなか、韓国側が「日本政府の輸出規制に対するWTO提訴の中断」、日本側が「日韓担当省庁の課長級・局長級会合の再開」を“条件”として延長に合意した。ひとまず最悪の事態を避けられたことは率直に評価したい。

 ところが、右派メディアやネトウヨたちは早速「韓国が屈服!」「安倍政権の完全勝利」なる愚かな勝どきをあげている。

 もちろん、これは安倍政権の政治家たちが「日本政府は一切譲歩していない」「完全勝利した」などと言い張っているからだ。

 たとえば安倍首相は、昨日18時30分ごろのぶら下がり会見で「北朝鮮の対応のために日韓、日米間の連携は重要」「今回、韓国もそうした戦略的観点から判断したのだろうと思う」と述べるにとどめ、日本側は一切姿勢を変えていないかのようにふるまった。しかも、TBSが報じたように、メディアには「安倍総理は『一切妥協していない』と語っている」という情報が流されている。

 これに呼応するように、梶山弘志経産相も「適正な輸出管理をしていくことは変わらない」、茂木敏充外相も「輸出管理とGSOMIAは別問題」と強弁している。閣僚以外はもっと露骨で、「ヒゲ」こと佐藤正久・前外務副大臣はTwitterに〈日本は譲っていないし、条件付き合意ではない。情勢の判断を誤り、振り上げた拳をギリギリになり、米の圧力等を受けてベタ降りした感じ〉と投稿し、三原じゅん子参院議員は速報記事をリツイートして〈あらあら…随分強気だったのにね〉と吐き捨てた。

 また、産経新聞によると、日本の政府高官は「パーフェクトゲームだった」などと嘯いているらしい。

 しかし、これは大本営発表もいいところだろう。そもそも、今回、破棄を通告していた韓国側が、“条件つき延長”に応じたのは、安倍政権の外交勝利でもなんでもなく、米国からの圧力があったからに過ぎない。

 しかも、その圧力は日本側にも加えられており、その結果、韓国側はWTO提訴プロセスの一時停止、日本側は輸出規制問題での協議再開という形で、お互い国内向けのメンツを保ったまま、日韓両政府が半歩ずつ歩み寄ったのである。

 いや、それどころか、表に出ていないだけで、「日本が将来的に輸出規制を解除する」という方向である程度、話が付いているのではないか、ともささやかれている。

「韓国が折れたというのはかなり一面的。文大統領の立場から見れば、国内でスキャンダルを抱える逆風のなか、韓国国民の大半が破棄すべきという意見で、しかも、来春には総選挙を控えています。GSOMIAの延長は、政治生命的にはリスクでしかない。それでも今回、日本側との“条件つき合意”に踏み切ったのは、日本が輸出規制問題の解除についてなんらかの目処を指し示したとしか考えられません」(全国紙政治部記者)

 実際、フジサンケイグループのフジテレビ国際取材部長ですら、破棄中止について、米国が10月末くらいから日韓双方に働きかけをしており、具体的仲裁案も提示するなどかなり強い介入があったという見方を示している。

「ようするに、日韓両国に米国から相当な圧力がかかり、お互い譲歩を強いられたということです。ただ、それを公にすると、今度は安倍政権も右派からの支持を失いかねない。それで時間をおいて、ということになったんじゃないでしょうか」(前出・全国紙政治記者)

 ところが今回、冒頭で述べたように、安倍政権は「日本の全面勝利」とでもいうような話をマスコミにしきりに流している。いや、その相手はマスコミだけではないだろう。

前夜安倍首相と会食した百田尚樹は「韓国は土壇場で破棄をやめる」と予想ツイート

“安倍応援団文化人”の百田尚樹氏が、昨日16時51分、「GSOMIA延長の見通し」という各社の速報が流れる直前に、こんなツイートしていた。

〈GSOMIA破棄まで8時間を切った。
ここで私の大胆予想。
韓国は土壇場で破棄をやめる。
で、びっくりするくらいしょうもない理由を並べ立て、アメリカと日本に思い切り恩を売る。〉

 そして、NHKが16時57分に「GSOMIA『協定終了を停止』韓国政府が日本政府に伝える」と伝えると、そのニュースをすぐさまリツイートし、こう投稿した。

〈予想的中!
でも、こんなのわかりきっていた。
当てても自慢にはならん。〉

 わずか数分の差だが、たしかに百田氏はGSOMIA延長という「予想を的中」させたことになる。だが、これは本当に単なる「予想」だったのだろうか。というのも百田センセイは、まさに前日夜、ほかならぬ安倍首相と会食していたからだ。

 首相動静によると、21日19時24分、安倍首相は新宿区のフランス料理店で、百田氏のほか、金美齢氏、桜井よしこ氏、有本香氏、すぎやまこういち氏という“応援団文化人”と会食。安倍首相がその席で、GSOMIA延長の方向性について何らかの示唆をしていた可能性はあるだろう。

 実際、百田センセイはTwitterで、上念司氏から〈当たってるw百田さんすごい!〉と持ち上げられて、〈実は昨日の安倍総理との会食の席でも、私は「韓国は土壇場で、GSOMIA破棄をやめる」と予言しました〉と投稿していた。

ようするに、安倍首相は韓国ヘイトを垂れ流している極右応援団とGSOMIAの話題を“酒のサカナ”にしていたということらしい。一連の「桜を見る会」問題で、政治の私物化と身内優遇が大批判されている中で、こんな連中と外交の話題までしているというのは信じがたいが、しかし、安倍首相からすると、身内の極右勢力から「妥協した」と批判が出ないようにご機嫌取りをし、日本の姿勢が変わっていないことを吹き込むためにこの会食を利用した側面もあるのかもしれない。

 いずれにしても、この調子だと、週明けには、安倍御用マスコミやテレビのワイドショーが一斉に「安倍外交の勝利」と大合唱を繰り広げ、百田氏、有本氏ら極右安倍応援団も「安倍首相が文大統領を打ちのめした!」と喚きたてるだろう。そうして、本当に起きている安倍政権にとって都合の悪いことは全て蓋をされていく。まったくため息をつくしかない。

最終更新:2019.11.23 12:40

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

GSOMIA延長で安倍政権が「日本も米国の圧力で譲歩」の真相隠す大本営発表! 安倍首相は百田尚樹ら嫌韓応援団と会食し懐柔のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。GSOMIA佐藤正久安倍晋三文在寅百田尚樹編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
2 山本太郎・れいわ新選組の当選した2人をネトウヨが卑劣な差別攻撃
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 竹田恒泰の側近が詐欺逮捕、その裏側には
5 死者最多の大阪・吉村知事が会見で追及され小学生レベルの逆ギレ
6 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
7 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
8 星野源がエッセイで明かしていた音楽が政治に利用される危険性
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 ローラへのバッシング報道の裏側
11 自民・吉川議員“パパ活”問題と細田議長のセクハラめぐるワイドショーの忖度
12 X JAPAN、TAIJIの死の謎
13 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
14 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
15 黒歴史!封印されたドラえもん
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
18 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
1 自民・茂木幹事長「消費減税なら年金3割カット」と物価高に苦しむ庶民を恫喝
2 岸田自民党政権が政府広報を使って事実上の選挙活動!
3 生稲晃子がアンケートで「9条改憲」だけ回答していた理由!
4 自民党候補が街頭演説でLGBT差別、安倍がその動画を拡散
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄