即位礼で百田尚樹からNHKまでが「雨が上がって虹が」…被災地が再び雨のなか“天皇の神通力”を叫ぶ神国日本カルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
即位礼で百田尚樹からNHKまでが「雨が上がって虹が」…被災地が再び雨のなか天皇の神通力を叫ぶ神国日本カルトの画像1
首相官邸ホームページより


 やっぱり、日本はいまも前近代的なカルト国家のままなのだろうか。昨日21日午後から天皇の即位の儀式が行われたが、Twitter上では「儀式が始まった途端に雨が止んで虹がかかった」なる声が湧き、神話の「天照大神」や「天叢雲剣」、さらには「エンペラーウェザー」なる造語がトレンド入りした。東京では午前中から降っていた雨が小康状態になり、晴れ間も見えたことから、ようするに “天皇の神の力が天候を変えた”と言いたいらしい。たとえばこんなツイートだ。

〈・天叢雲剣で雲がかかって大雨、普段祀られてる神社近辺は晴れ
・儀式直前に天照大神が降臨したかのように晴れる
・虹が低くかかり結界のようになる
・イザナギとイザナミが下界に来る時の架け橋で虹を使用したという神話
神様は本当にいるのか…〉
〈天皇のパワーがすごい、即位礼正殿の儀の時に空が晴れて虹が出る〉
〈天叢雲剣 で雲がかかり大雨になり、儀式直前には #天照大神 が降臨したかのように晴れる。
そして、虹が低くかかり結界のように。
イザナギとイザナミが下界におりる時、虹を使用したという神話。
日本は間違いなく神の国。〉
〈これが神の力かぁ!! 万歳!万歳!万歳!〉

 かつて総理大臣が「日本は天皇を中心とした神の国」だと口にして強い批判を受けたが、天皇を現人神とするような言葉や「神の国」という言葉が溢れ返ったのだ。

 しかも、こうした言葉を口にしたのは、一般ユーザーだけではない。作家の百田尚樹氏も〈これほど美しい虹が偶然に起こるはずもない。天が新天皇の即位を寿ぎ、日本を祝福しているのだ〉と投稿した。

 百田氏のツイートには〈御意。天照大御神もお喜びなのでしょう〉〈しかも、こんな完璧な虹なんか、そうそう現れないって! 天皇陛下の霊験、ハンパない!〉〈天照大明神が日本を照らして下さる〉〈改めてこの国に生まれて良かった。そして命をかけてこの国を護り続けてきてくださった全ての先人、英霊に感謝〉なるファンからのコメントが相次いだ。

 他にも、複数のネトウヨ系サイトが、東京で雨が止んだことや一部で虹がかかったことを何かしら“天皇の力”に結びつけるようにして、嬉々としてまとめている。こいつらは正気なのか。

 いや、こんな妄想オカルトポエムにいちいち目くじらをたてるな、という意見もあるだろう。しかし、これ、会社の同僚の結婚式で、雨が突然やんだのを「お二人の門出を天も祝福してくれているようであります」などとスピーチしているのとはわけが違うのだ。

 だいたい「天皇のパワーで東京が晴れた!」とはしゃぐ彼らは、その瞬間も、先日の台風による大雨の影響で河川が氾濫し、避難を余儀なくされている人たちがいることを忘れているのか。たとえば、台風19号で大規模な浸水に見舞われた宮城県丸森町や長野県の千曲川流域では即位礼が行われた22日も朝から雨が降り、午後には丸森町では大雨洪水注意報、千曲川流域では雨の影響で再び氾濫の恐れがあるとして避難指示が出された。普通なら、こんなときに天皇に雨をあがらせて虹をかける“神通力”があるかのような与太話を聞いたら、東京でなく各地の災害をくい止めてくれ、という感情になるだろう。

 ところが、連中は安倍首相と同じで、まさにこの時、各地には大雨で苦しんでいる台風被災者がいる、そのことへの想像力も配慮も全くなく、ひたすら皇居の周辺だけで雨が上がったことを喜んでいるのだ。

 いや、「天皇のパワーで東京が晴れた!」「虹がかかった」という声が上がることに危険性を感じるのは、その無神経ぶりと権威主義だけではない。このオカルト的な物語こそが天皇制支配の本質であり、日本を狂気の戦争に駆り立てたものだからだ。

「天皇の神通力で雨が止んだ」のオカルトは、日本を戦争へと駆り立てた現人神思想と地続き

 今さら言うまでもないが、戦前、天皇は国家元首にして総攬者であっただけでなく、神話に由来する“現人神”という司祭だった。大日本帝国憲法では、「神聖ニシテ侵スベカラズ」と規定され、「天皇は天照大神の子孫である」などという神話が史実として国民に教育された。学校には天皇の写真である御真影が置かれ、学校火災から御真影を守ろうと教師が焼死したり、燃えてしまった責任を取って自殺するなどの事件が全国で相次いだ。

 政治権力はそうやって大衆に天皇を神聖視させることによって、刃向かうことのできない絶対的な支配システムを作り出したのである。国家神道の研究でも知られる歴史学者の故・安丸良夫氏は、著書でこのように書いている。

〈伊勢神宮と皇居の神殿を頂点とするあらたな祭祀体系は、一見すれば祭政一致という古代的風貌をもっているが、そのじつ、あらたに樹立されるべき近代的国家体制の担い手を求めて、国民の内面性を国家がからめとり、国家が設定する規範と秩序にむけて人々の内発性を調達しようとする壮大な企図の一部だった。そして、それは、復古という幻想を伴っていたとはいえ、民衆の精神生活の実態からみれば、なんらの復古でも伝統的なものでもなく、民衆の精神生活への尊大な無理解のうえに強行された、あらたな宗教体系の強制であった。〉(『神々の明治維新』岩波新書)

 たとえば靖国神社がそうであるように、国家神道は「官軍」や軍人など、“天皇のために死んだ者”だけを選んで祀った。このカルト的とさえ言える支配構造は、それこそ「天皇陛下万歳!」の掛け声に凝縮されている。そこでは、天皇を神として崇拝することが、大日本帝国の「臣民」、すなわち「天皇の赤子」の必然的行為と定義された。政治権力は、戦争も略奪も「天皇陛下万歳!」によって正当化することができた。そのための“神格化”だったのである。

 その結果、何が起きたか。神国日本が負けるわけがない、いつか神風が吹くと無謀な戦争、他国への侵略へと突き進んでいったのである。しかもその戦い方も天皇制カルトそのものだった。旭日旗を「天皇の分身」と信じ込み、奪取された連隊長が切腹し、旗手が旗もろとも自爆する。特攻隊として「天皇陛下万歳」と叫びながら、敵艦に体当たりする。戦争末期、政府が国民の命よりも三種の神器を守ることに必死になっていたのも有名な話だ。そして、こうしたカルト思想がどんどん被害を拡大させ、国内外で数千万人という命を犠牲にしたのだ。

 その意味で、「天皇が儀式をしたら雨が上がって虹がかかった」という無邪気な“オカルト”は、まさに、戦前・戦中の国家神道的な価値観と地続きにある。事実、東京で雨があがっただけで、各地の水害を忘れてしまう思考停止ぶりは、天皇のために国民の悲劇を全てなかったことにした戦時中のそれと同じではないか。

NHKも「東京の空に虹」と大々的に報道、「エンペラーウェザー」のコメントも

 しかも、恐ろしいのは、マスコミまでがそうしたオカルト的な言説に乗っかってしまっていることだ。即位礼が憲法の政教分離の原則や国民主権に抵触するという批判を一切することなく、こぞって即位礼を中継した民放とNHK。これらのテレビ局も、東京の空に虹がかかったことをまるで“神秘”であるかのごとく取り上げていた。

 NHKでは、スタジオの久禮旦雄・京都産業大学准教授が、昭和天皇も「晴れ男」だったとして「エンペラーウェザーと言われた」などと解説。また、『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(CBCテレビ)でも、コメンテーターの竹田恒泰氏が「上皇陛下も天皇陛下も晴れ男」などと触れ回っていた。

 実際には、行幸時に雨が降るときもあれば、荒天で行事を中止することだってある。それをNHKまでが「天皇の神格化」を全面肯定するような解説を平気で流すとは……。NHKは今年春にも「皇室の祖先は天照大神」と神話を史実のように報道して批判を浴びたが、安倍政権に忖度するあまり戦前回帰になんのためらいもなくなってしまったようだ。

 だとしたら、なんどでも繰り返さなければならない。150年前、この国の為政者たちは天皇を現人神にして政治利用した。その結果、侵略戦争で国内外に夥しい犠牲者を出し、あわや「日本」という国がなくなる一歩手前まで暴走した。戦後、人間である天皇は「象徴」として再定義されたが、今回の代替わり儀式にかこつけた「天皇のパワー」なる言説は、まさにその「日本は天皇を頂点とした万邦無比の神国」なる戦中のカルト思想と地続きのものだ。

 私たちは、歴史を捻じ曲げ民主主義を覆そうとする安倍政権下で、こうした声がメディアで恥ずかしげもなく堂々と語られ始めたことの恐ろしさを、きちんと認識すべきだろう。

最終更新:2019.10.23 06:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

即位礼で百田尚樹からNHKまでが「雨が上がって虹が」…被災地が再び雨のなか“天皇の神通力”を叫ぶ神国日本カルトのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンペラーウェザーネトウヨ台風天照大神神の国編集部被災者の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
2 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
3 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
4 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
5 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
6 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
7 中居がすべらない話でJのタブーに!
8 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
9 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
10 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
11 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
12 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
13 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
14 自民党がネトサポに他党叩きを指南
15 『スシローと不愉快な仲間たち』11 「ほんこんおもんない」が証明したもの
16 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
17 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
18 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
19 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
20 北海道感染拡大も菅政権は…加藤官房長官がGoTo北海道ツアーのクラスター隠し
1 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
3 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
4 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
5 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
6 菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7 コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
11 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
12 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
13 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄