即位礼で百田尚樹からNHKまでが「雨が上がって虹が」…被災地が再び雨のなか“天皇の神通力”を叫ぶ神国日本カルト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「天皇の神通力で雨が止んだ」のオカルトは、日本を戦争へと駆り立てた現人神思想と地続き

 今さら言うまでもないが、戦前、天皇は国家元首にして総攬者であっただけでなく、神話に由来する“現人神”という司祭だった。大日本帝国憲法では、「神聖ニシテ侵スベカラズ」と規定され、「天皇は天照大神の子孫である」などという神話が史実として国民に教育された。学校には天皇の写真である御真影が置かれ、学校火災から御真影を守ろうと教師が焼死したり、燃えてしまった責任を取って自殺するなどの事件が全国で相次いだ。

 政治権力はそうやって大衆に天皇を神聖視させることによって、刃向かうことのできない絶対的な支配システムを作り出したのである。国家神道の研究でも知られる歴史学者の故・安丸良夫氏は、著書でこのように書いている。

〈伊勢神宮と皇居の神殿を頂点とするあらたな祭祀体系は、一見すれば祭政一致という古代的風貌をもっているが、そのじつ、あらたに樹立されるべき近代的国家体制の担い手を求めて、国民の内面性を国家がからめとり、国家が設定する規範と秩序にむけて人々の内発性を調達しようとする壮大な企図の一部だった。そして、それは、復古という幻想を伴っていたとはいえ、民衆の精神生活の実態からみれば、なんらの復古でも伝統的なものでもなく、民衆の精神生活への尊大な無理解のうえに強行された、あらたな宗教体系の強制であった。〉(『神々の明治維新』岩波新書)

 たとえば靖国神社がそうであるように、国家神道は「官軍」や軍人など、“天皇のために死んだ者”だけを選んで祀った。このカルト的とさえ言える支配構造は、それこそ「天皇陛下万歳!」の掛け声に凝縮されている。そこでは、天皇を神として崇拝することが、大日本帝国の「臣民」、すなわち「天皇の赤子」の必然的行為と定義された。政治権力は、戦争も略奪も「天皇陛下万歳!」によって正当化することができた。そのための“神格化”だったのである。

 その結果、何が起きたか。神国日本が負けるわけがない、いつか神風が吹くと無謀な戦争、他国への侵略へと突き進んでいったのである。しかもその戦い方も天皇制カルトそのものだった。旭日旗を「天皇の分身」と信じ込み、奪取された連隊長が切腹し、旗手が旗もろとも自爆する。特攻隊として「天皇陛下万歳」と叫びながら、敵艦に体当たりする。戦争末期、政府が国民の命よりも三種の神器を守ることに必死になっていたのも有名な話だ。そして、こうしたカルト思想がどんどん被害を拡大させ、国内外で数千万人という命を犠牲にしたのだ。

 その意味で、「天皇が儀式をしたら雨が上がって虹がかかった」という無邪気な“オカルト”は、まさに、戦前・戦中の国家神道的な価値観と地続きにある。事実、東京で雨があがっただけで、各地の水害を忘れてしまう思考停止ぶりは、天皇のために国民の悲劇を全てなかったことにした戦時中のそれと同じではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

即位礼で百田尚樹からNHKまでが「雨が上がって虹が」…被災地が再び雨のなか“天皇の神通力”を叫ぶ神国日本カルトのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エンペラーウェザーネトウヨ台風天照大神神の国編集部被災者の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
2 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
3 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
11 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
15 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
16 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
17 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
18 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄