相葉雅紀“紅白司会”は「嵐をオリンピックの顔に」計画の一環? SMAP追放も五輪利権を奪い取る目的だったとの説が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
arashi_01_160227.jpg
まさかの紅白司会、嵐・相葉クン決定の裏事情とは


 今年の『NHK紅白歌合戦』、司会は嵐の相葉雅紀に決定した。この結果には、驚いた人も多かっただろう。例年よりも発表が遅れていたが、その裏には、またもやジャニーズ事務所のゴリ押しがあったらしい。

「NHKとしては、まずダメもとでSMAPに頼み、ダメなら井ノ原快彦にもう1年、と思っていたようですが、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長から、どうしても相葉でいってほしい、という強い要望があったらしいですね」(スポーツ紙記者)

 なぜ相葉なのか。この抜擢の背後でささやかれているのが、ジャニーズの東京オリンピック・パラリンピック戦略だ。ジャニーズは嵐を“オリンピックの顔”にすることを狙っており、そのために、毎年、メンバーにひとりずつ順番にNHKで紅白の司会をやらせ、オリンピックイヤーに5人そろったかたちで大掛かりなオリンピックがらみのプロジェクトを立ち上げるということを考えているというのだ。

「東京スポーツもその線で書いていましたね。ただ、東スポは『5か年計画』と称して、5年かけてメンバーがひとりずつ司会するとしていましたが、それだと、ひとりだけ司会がオリンピックの後になってしまう。私がジャニーズ関係者から聞いたのは、大野智と松本潤ははずして、相葉、二宮和也、櫻井翔を順番に司会にして、オリンピックイヤーの前の年にもう一度、5人一緒に司会をやらせる、というものでした」(前出・スポーツ紙記者)

 いずれにしても、ジャニーズ事務所が東京五輪に並々ならぬ意欲をもっていることは事実だ。実際、五輪招致が決まると『JOHNNY'S 2020 WORLD』という公演を立ち上げ、ジャニー喜多川社長自ら演出する舞台に組織委の森喜朗会長を招待している。TOKIOに、五輪旗のフラッグツアーのアンバサダーをやらせたのもオリンピックに食い込むための布石だといわれている。

「嵐は最終的に、オリンピックイヤーはNHKと組んで大々的な五輪応援イベントをやるという話もありますし、開会式のジャニーさんの演出や嵐の出演、あるいは公式サポーター的な役割まで本気で狙っているんじゃないかという話もあります」(テレビ局関係者)

 しかし、こうした動きを見ていると、脳裏をかすめるのはファンの間でささやかれているあの噂だ。SMAP独立騒動は、表向きは「週刊文春」のメリー喜多川副社長インタビューの最中に「やめなさい」と罵倒された飯島マネージャーが耐えられなくなって、独立に向けて動き始めたとされてきた。だが、ファンの間では、「SMAPからオリンピック・パラリンピックの仕事を奪い取り、嵐にやらせるために、ジャニーズ事務所が飯島マネージャーとSMAPを独立せざるを得ない状況に追い込んだ」という説がまことしやかに流れていたのだ。

 たしかに、東京オリンピック・パラリンピックのプロジェクトについては、本体とは別に飯島マネージャーも動いていて、SMAPがやる方向で進んでいたのは事実のようだ。その第一歩として、SMAPは日本財団のパラリンピックサポーターにも就任していた。

 また、飯島マネージャーは独立騒動が勃発する少し前、昨年の紅白歌合戦でSMAPを司会にしようと根回しをしており、それがメリー氏の怒りを買ったのも有名な話だ。

「飯島さんはSMAPをNHKの長寿番組である『NHKのど自慢』に出演させるなど、必死でNHKに働きかけていました。飯島さんの熱心さを見ていると、紅白の司会以上の目的があるんじゃないかという気はしていました。ところが、メリーさんはNHKがSMAPを紅白の司会にしようとしていることを知ると、『うちのタレントをすべて引き上げる』と恫喝。これを潰してしまった。これがSMAPと飯島マネージャー独立の決定打となったんです。このことは、SMAP独立をスクープした『週刊新潮』の記事にも書いてありました」(芸能事務所関係者)

 しかし、だからといって、SMAPのオリンピックプロジェクトをつぶすために、ジャニーズが独立や解散にまで追い込んだと考えるのはいくらなんでも陰謀論がすぎるだろうと思っていた。しかし、嵐をオリンピックの顔にしょうといういまの動きを見ていると、まんざら的外れではないような気もしてくるのだ。独立騒動前、オリンピックをめぐって、メリー・ジュリー派と飯島派の間で綱引きのようなものがあったのは、少なくとも事実だろう。

 しかしSMAPが解散に追い込まれた結果、オリンピック関連の仕事は完全に止まってしまった。日本財団パラリンピックサポートセンターの応援サポーターも辞退した。一方、嵐は次々とオリンピック絡みの仕事が増えている。10月に嵐5人でNHKのオリンピック特番、同じくNHKでスポーツ番組のMCを相葉が務めており、年明けにはドラマ『君に捧げるエンブレム』で櫻井がパラリンピックを目指す車椅子バスケの選手を演じることも決まっている。

 そして、冒頭で指摘した紅白の連続司会計画。2020年に嵐が“オリンピックの顔”としてメディアに君臨する可能性はかなり高そうだ。
(時田章広)

最終更新:2016.11.19 05:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

相葉雅紀“紅白司会”は「嵐をオリンピックの顔に」計画の一環? SMAP追放も五輪利権を奪い取る目的だったとの説がのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ五輪時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
4 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
5 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
6 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 King Gnu・井口理が米イラン緊張で日本の戦争加担に危機感
17 エイベックス松浦会長が「安倍さんでなくて菅さん」
18 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
19 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
20 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄