清原逮捕でテレビ復帰を後押しした中居正広がバッシングの標的に!? SMAPの移籍先だった芸能事務所も関係か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kiyohara_160203.jpg
「清原和博オフィシャルブログ Powered by Ameba」より


 驚きの一報が入って来た。2月2日夜、元プロ野球選手の清原博和が覚せい剤取締法違反で警視庁に逮捕されたのだ。

 たしかに清原はこの間、ずっと覚せい剤使用が強く疑われてきた。2014年3月には「週刊文春」(文藝春秋)が清原の覚せい剤使用疑惑を報じているが、記事は、その異様な言動、覚せい剤の禁断症状の治療のために足立区の精神病院に極秘入院していたことまでが詳細に書かれたものだった。

 この「文春」記事は各方面に波紋を呼び、清原はその後、テレビなど表舞台からその姿を消した。

「『週刊文春』の報道以降、清原に近い関係者の間でも覚せい剤使用は確実だといわれ、野球評論家としてだけでなく、テレビ局も清原を起用することを自粛しました。マスコミも逮捕Xデーが間近だとして、清原や当局の動向を注視していた」(週刊誌関係者)

 だが、その後、清原は病院への入院が持病の糖尿病の悪化だった、1日1回インシュリン注射もしていると反論。実際に、文春が予言していた逮捕のないまま時間が過ぎ、記事は誤報だったのではないかという見方も強くなっていった。

 そして、文春報道から1年ほど経った15年4月、清原は『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)でメディアに復帰する。その後も、6月には『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、7月には『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)、8月に『ダウンタウンなうSP』(フジ系)、11月に『ダウンタウンDX 2時間SP』(日テレ)など、さまざまなバラエティ番組に出演。同時期に、石橋貴明やローラと共演したDMM.com証券のCMの放映も始まった。

 年が明けてからも、1月7日 に『バイキング』、1月24日に『ワイドナショー』(ともにフジ系)と立て続けに登場している。

 しかし、実はこの間も、警察当局は清原の内偵を続けていた。その情報は一部メディアもキャッチしており、昨年末には「文春が年明け、“清原逮捕”の記事を打つらしい」という情報がかけめぐったこともあった。

 にもかかわらず、不祥事にもっともナーバスなはずのテレビ局はこの疑惑の渦中にある元プロ野球選手を起用し続けたのである。その背景には、大手プロダクションの存在があった。

「清原のバックに大手プロダクションのケイダッシュの川村龍夫会長がついたんです。川村会長は“芸能界のドン”バーニングの周防郁雄社長の兄貴分的存在で、周防社長以上の強面。その川村会長の号令で、清原の復帰働きかけがテレビ各局に行われたらしいんです」(テレビ局関係者)

 しかし、その結果が予想通りの覚せい剤所持での逮捕――。疑惑の元野球選手を見切り発車的に起用してしまったテレビ局の責任が問われることは確実だろう。

 だが、清原逮捕でもうひとり、テレビ復帰を助けたとバッシングに晒されそうな人物がいる。それは他でもない、SMAPの中居正広だ。

 清原のテレビ復帰のベースをつくったのは、ケイダッシュであることはもちろんだが、それを強力に後押ししたのが、熱烈な巨人ファン、清原ファンを自認する中居だった。

 SMAPの独立騒動の最中の1月15日、当の清原がブログで中居にこんな感謝の言葉を送っている。

〈SMAPの中居君の話題が… 自分の苦しい時 沢山の方々に 自分のことをテレビに出演出来るよう 言ってくれた そして、 金スマ出演(略) ありがたい〉

 たしかに中居がいくつかの番組に清原出演を働きかけていたのは事実のようだ。清原が薬物報道から最初にテレビ復帰したのは中居の『金スマ』だったし、『27時間テレビ』では特別ゲストとして登場した清原が中居とがっちり握手し抱き合い、番組内でも清原出演が「中居たっての希望」であると何度も強調されていた。清原が8月と年末に出演した野球番組『World Baseball エンタテイメントたまッチ!』(フジ系)も中居がMC。また、『ダウンダウンなう』にしても中居が親しい関係の松本人志経由で清原起用に動いたといわれている。

 もっとも、中居は清原ファンではあったが、個人的に親しかったということではないようだ。むしろ、清原押しは、SMAP独立問題との関係があったのではないかといわれている。

「中居は芸能人や有名スポーツ選手の共演者とほとんど私的な付き合いをしないので有名ですからね。清原とも飲みに行ったことすらないはずです。清原を後押ししたのは、ケイダッシュに頼まれたのがきっかけのようですよ。ケイダッシュといえば、SMAPと飯島マネージャーが独立した際の引受け先とされていたプロダクションですからね。もちろん、中居が心情的にも清原の大ファンで同情したというのもあったでしょうが、その関係も大きかったはずです」(芸能関係者)

 そういう意味では、中居もある意味、巻き添えを食った被害者なのだが、しかし、場合によっては、今後、バッシングの矛先が中居に向けられる可能性はある、と週刊誌記者が語る。

「もちろんこれまでだったら、どのメディアでも清原逮捕と中居を結びつけて報道するなんてことはあり得なかったし、中居の存在にすら触れることはなかったでしょう。しかしSMAP独立騒動後の現在は状況が大きく違います。ジャニーズ事務所は独立の首謀者として中居を位置づけ、今後は厳しく対処し、マスコミからは守らないと言われています。こうした事務所の姿勢からマスコミも中居スキャンダルは“解禁”と解釈しているほどです。そう考えると、清原と中居の“個人的”関係などが週刊誌で報じられる可能性はゼロではない。清原に暴力団との関係などが出て来れば、どんどん印象は悪くなる」(週刊誌記者)

 清原逮捕で、懸念されていたジャニーズ事務所による中居叩きがいよいよ始まるのか。覚せい剤汚染の深層とは別に、メディアの動きにもぜひ注意を向けていきたい。
(時田章広)

最終更新:2016.02.04 09:49

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

清原逮捕でテレビ復帰を後押しした中居正広がバッシングの標的に!? SMAPの移籍先だった芸能事務所も関係かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中居正広時田章広野球の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
2 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円
3 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
4 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
5 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
6 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
9 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
10 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
11 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
12 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
13 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
14 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
15 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
16 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
17 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
18 産経が沖縄報道で“ネトウヨまとめ”拡散
19 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
20 瀬戸内寂聴が生前、「美しい憲法を汚した安倍政権は世界の恥」
1 吉村知事がコロナ協力金めぐる税金無駄遣いを棚上げし岸田クーポン批判
2 クーポン券事務費967億円「過大でない」は嘘 子ども食事支援は22億円
3 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
4 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
5 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
6 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
7 文通費問題で「やる気なし」なのは維新!松井代表がセルフ領収証OKに
8 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
9 伊藤詩織氏への名誉毀損ははすみとしこ氏だけじゃない、国会議員も
10 岸田首相のオミクロン対策はザルだ! 入国禁止は外国人だけで差別性丸出し
11 万博でも維新がインチキ!「税金使わない」はずが周辺整備に30億円

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄