斎藤工のエロがスゴいことに! 写真集の半分以上が裸ショットで「服をください」と悲鳴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
saitoutakumi_01_150704.jpg
ニナミカ撮影の斎藤クン!エロエロですぞ!(左・『斎藤工 蜷川実花 京都編』/右・同じく『東京編』ギャンビット)


 ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で大ブレイクした斎藤工。主婦との不倫に溺れるエロい理系教師&壁ドンキャラとしても定着したが、どうやら不倫は“キャラ”ではなかったようだ。

 そんな話が暴露されたのは、6月27日に放送された『たかじんNOマネーBLACK』(テレビ大阪)の最終回でのこと。ホリエモンこと堀江貴文が、親友が奥さんを俳優Sに寝取られたことがあるという話をしたのだ。その親友はIT社長で、奥さんは女優。2人はすでに離婚しており、奥さんは再婚後、子どももいるということから、奥菜恵とサイバーエージェントの藤田晋のことではないかとネットで話題になった。

 気になるのはその寝取った相手だが、「今もっともセクシーな」俳優Sと聞いて思い浮かぶのは、もう斎藤工しかいないだろう。実際、斎藤工と奥菜恵は2006年に映画『ユリシス』で共演しており、当時、奥菜宅でのお泊りデートを報じられたこともある。MCの八代英輝弁護士に「わりと名前がシンプルな字を書く人ですか?」と聞かれた堀江氏が「はいはいはい、そうです」とも答えているため、これはもう間違いないとネットで大盛り上がりだった。

 しかし、26日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)の中で、堀江氏はMCのふかわりょうから「親友の彼女を寝取ったSっていうのはどなたなんですか?」と聞かれると、「たぶん、巷で言われている方ではないと思います」としどろもどろに否定したのだ。ただ、視聴者からの「女優はOさんで間違いないんですか?」というメッセージには「はい、女優はOさんです」と断言。相手が奥菜恵だということは認めているのに、わざわざ相手は斎藤工ではないと否定するところも、ますます怪しい。加えて、斎藤工の方も大阪で行われた現在公開中の映画『虎影』の舞台挨拶が急遽取材NGになるなど、疑惑は深まるばかりである。

 そんな斎藤工だが、人妻たちは彼のどんなところに惹かれるのだろうか。女性を虜にする斎藤工の魅力を、『斎藤工 蜷川実花 京都編』『斎藤工 蜷川実花 東京編』(ともにギャンビット)から探ってみよう。

 “逃避行”をテーマに、冬の古都に1泊旅行に出かける「京都編」とラグジュアリーホテルでの一夜を撮影した「東京編」があるこの写真集。なんだかこのテーマも、秘密の不倫旅行を彷彿とさせるが、まず目を引くのは、斎藤工の大人で落ち着いた雰囲気や表情、仕草だ。特に、「京都編」は大人のお忍び旅行という感じで、東福寺で庭を眺める視線、穏やかな表情で車を運転する横顔、Tシャツを腕まくりしたときの筋肉、夜の先斗町でタバコの煙をくゆらせながら遠くを見つめる姿など、落ち着いた雰囲気や、大人の余裕が感じられる。ホテルで白シャツの第3ボタンまで開け、ベッドに横たわってくつろぐ姿にも、何気ない仕草やカメラを見つめる視線に大人の色気がにじみ出ている。

 また、斎藤工はそんな大人の色気とは真逆のかわいらしさも秘めている。たとえば、湯船で口までつかり、じっと見つめる瞳、安心しきった無防備な寝顔、横向きに寝転がったときの丸いおしりなど、癒されるかわいらしい写真もたくさんあるのだ。お風呂上がりは素肌に紺のパーカーを羽織り、濡れた髪にフードをかぶって口元で両手を合わせたりする。寝起きを思わせる写真では、パーカーが左肩からずり落ちてはだけた状態のまま、まだ焦点の定まっていない少し潤んだ瞳で見つめ、その後も上半身裸で下はスウェット、寝癖のついたボサボサの髪で部屋のカーテンにくるまり、甘えたように笑うのだ。

 斎藤工のファン層は30~40代の女性と言われている。先月行われた映画『あん』のヒット記念トークイベントでも、何の面識もないのに監督の河瀬直美からトーク相手として直々に指名され「かわいい、飼っておきたい」と言われていた。この母性本能をくすぐる感じが、女性に受けているのだろう。

 しかし、着衣の状態でも大人の色気ムンムンで母性本能までくすぐる斎藤工だが、彼の本領はこんなものではない。じつはこの写真集、とにかく裸のショットが満載なのだ。「京都編」でも半分、「東京編」に至っては、全体の2/3が裸か半裸というもの。

「東京編」では、シャワーを浴びるために1枚ずつ服を脱いでいく姿や、手のひらにボディーソープをつけて全身を洗っていく様子が順を追って収録されている。その数、なんと25ページ! 身体に残る指のライン、首筋に手を沿え、泡を洗い流しながら伏し目がちにこちらを見下ろすショットは、見ている者をドキドキさせるのではないか。

 お風呂上がりにはベッドの上でコップから水を飲むのだが、胸元にこぼれた水と舌なめずりする口元はかなり色っぽい。さらに、とろんとした瞳、半開きの唇でキス顔のような表情を披露したり、ベッドに寝そべり、上から覆いかぶさってくるようなショットや指先で唇を弄ぶところなども妄想を掻き立てる。

 鈴木亮平のように鍛え上げた肉体美を披露しているとか、特別引き締まった身体をしているわけではないのに、なぜか彼の肉体は女性を惹きつける。本人は、写真集の発売記念イベントで身体を晒すことに対して「申し訳ないです」「なんか脱いでばっかりですよね、僕……どうしたらいいんですかね?」「服をください」と自信なさげだったが、むちっとしたリアルな33歳の肉体は、生々しさと安心感があるのだろう。実際、この写真集を撮影するにあたり、斎藤はジムで体を鍛えたりといったことは特にしなかったという。まさに、ありのままの“斎藤工”を披露しているのだが、収録されている写真はあまりにもリアルすぎて「ここまでやっていいの?」と思わずにはいられない。

「カップヌードルライトプラス」のCMで野菜の被り物をかぶったり、1月に放送されたスペシャルドラマ『上流階級~富久丸百貨店外商部~』(フジテレビ系)ではプリキュアのエンディングダンスを全力で踊り、昨年の12月4日に発売された「週刊文春」ではブリーフで三輪車に乗るなど、とにかく「なんで!?」と驚くような仕事もこなす斎藤工。断らない俳優としても知られる彼だが、この先一体どうなっていくのか。不倫騒動よりも、そちらの方が気になってしまう。
(島原らん)

最終更新:2018.10.25 12:31

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

斎藤工 蜷川実花 京都編 (写真集)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

斎藤工のエロがスゴいことに! 写真集の半分以上が裸ショットで「服をください」と悲鳴のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。イケメン不倫島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テレ朝『ワイド!スクランブル』が「旭日旗」の極右デマ拡散
2 元AKB48大島麻衣の“嫌韓ネトウヨ”への反論がカッコいい
3 停電続く千葉台風被害を放置し続ける安倍政権の冷酷
4 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
5 旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
6 安倍首相が補佐官人事でヒトラー並み側近政治、今井秘書官、木原稔…
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
9 玉川徹が「嫌韓本じゃない」とお詫びした本はやっぱり嫌韓本
10 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
11 杉村太蔵はこずるいヤツだった!
12 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第5話
13 上田晋也の番組で東国原英夫と千原せいじが日韓問題への無知晒す
14 田母神を担いだ百田、中西の責任
15 宮藤官九郎が『いだてん』は国家的プロパガンダじゃない
16 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
20 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄