ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sasakiayaka_01_150527.jpg
佐々木彩夏オフィシャルブログ「あーりんのほっぺ」より


 主演映画『幕が上がる』、そして同名の主演舞台も好評だった、ももいろクローバーZ。7月にロサンゼルスで開催されるアニメコンベンション「Anime Expo 2015」にもメインアクトとして出演するなど、その勢いは相変わらずだ。

「今年の1月から4月にかけて、立て続けにリリースした3枚のシングルの初動売り上げが『夢の浮世に咲いてみな』(1月28日発売、KISSとのコラボ)が5.8万枚、『青春賦』(3月11日発売)が6.4万枚、『「Z」の誓い』(4月28日発売)が4.8万枚と、パッしなかったことから、一部では人気に翳り、という見方も広まっていましたが、ももクロの場合、ブレイク以降は握手券などの特典をCDにつけていないということもあり、CDのセールスはもともとそれほど多くない。でもライブは相変わらずチケット即完売で、入手が難しい状態が続いてますし、しかも、映画や舞台など活動の幅を広げている現状を考えると、勢いはまだまだ続きそうです」(アイドルに詳しい週刊誌記者)

 ところで、そのももクロのメンバー“あーりん”こと佐々木彩夏の意外な一面が見えた、と話題になっているのが、メジャーデビュー前後からももクロを追い続けている雑誌「Quick Japan」(太田出版)。同誌は、4月10日発売のvol.119で“あーりん”こと佐々木彩夏の総力特集を掲載。しかも、「side-S」と「Side-A」という2つの異なる特集記事を掲載した2タイトルを同時に刊行したのだが、、インタビューや母娘対談でかなり核心に迫った話をしているのだ。

 佐々木彩夏といえば、“ももクロのアイドル”と呼ばれ、グループの中でもっとも“アイドルらしい”メンバーだ。つまり、常に可愛らしくあり続け、時には“ブリっ子”といわれてしまうような言動も少なくないのだが、その徹底ぶりは時に“プロ意識の高いアイドル”として「佐々木プロ」と呼ばれることも多い。

 そんな佐々木のアイドルとして姿は、いわば「あーりん」というキャラクターで具現化されているわけだが、前述の「Quick Japan」vol.119 side-Sのロングインタビューではあーりんというものが自分の「軸です」と明言したうえで、以下のように説明している。

「あーりんって、ちょっとウザったいイメージがあるかもしれないけど(笑)、本当はそうじゃなくて、私的には『お上品』とか『女の子らしい』のがあーりんのイメージなの。女の子として大事にしなくちゃいけない部分で、ママがずっと私に言っていたこと。テレビやステージでは、ちょっとキャラを作ってブリブリしたことも言うけど、本質的な部分はママの教えなんですよ。だから、ブレない」

 “あーりん”は母の教えの賜物だと断言する佐々木。「Quick Japan」vol.119 side-Aには佐々木と実母の対談が掲載されているのだが、そこで母は評論家・酒井美意子の著書『花のある女の子の育て方』を参考に佐々木彩夏を育てたと告白し、こう話す。

「だから、みなさん“あーりん”は作られたキャラクターだと思ってらっしゃると思うんですけど、この子自身なんですよね。きっと平気で“あーりん”というキャラを捨てられると思うんですよ。作ったキャラだったら怖くて捨てられないですけどね」

 どうやら“あーりん”は、アイドルらしい姿を追求して完成したものではなく、母の子育てによって形成された佐々木彩夏の本質であり、それが結果的に「佐々木プロ」と呼ばれるまでに至ったのだ。

 とはいえ、ももクロといえば、まったく可愛らしくない扮装をしたり、ステージで茶番劇を演じたり、アイドルらしくないことをするのも大きな魅力のひとつ。プロのアイドルであるところの佐々木は、そういった部分に多少の抵抗もあったという。同誌side-Sのロングインタビューでこう話している。

「ちょっと前まではオチとか本当に嫌だったもん。いまもそんなに好きじゃないけど、空気を読んでやれるようになった。うん、いままでは嫌というより、できなかった」

 ここに出てくる「オチ」とは、コンサートで繰り広げられる茶番劇でのオチを担当すること。つまり、観衆の前でイジられ役を担うということだ。

「自分の恥ずかしい部分とか、自分のダメな部分を出して笑いを取るっていうのは、ちょっと。きっと、プライドが高いんですよ、私。ダメな部分を見せられない」
「ステージに立つ以上、アイドルであっても、アーティストであっても『かっこよくなくちゃいけない』みたいなこだわりはたしかにあって。だから、オチを担当するのが嫌だったのかもしれない」

 この発言を聞く限りだと、「面白いことをするアイドル」としてプロ意識が高いのではなく、「アーティストとしてのプロ」という意識が根底にあるようだ。さらに佐々木はこうも発言している。

「私、あまり心配されるのが好きじゃないし、だれかに相談するのも好きじゃないの。なんだろう、人の手を借りるっていうのがすごく嫌で……」

 アイドルというと、か弱くて未熟で、ファンから「守ってあげたい」を思われるような存在だという考え方もあるが、佐々木の場合は、そうではないのだ。しっかりと自立した存在としてのアイドルが“あーりん”であり、だからこその「佐々木プロ」ということなのだろう。

 そんな佐々木だが、最近頻繁に話題になるのはその体型について。デビュー時は華奢だった佐々木だが、成長期ということもあってかここ2年ほどで徐々にぽっちゃり体型に。痩せる気配も見えないことからネットでは「いつの間にこんなになっちゃったの…」「やばいよねあーりん。ただのデブだもん」などといわれてしまっている。とんねるず・石橋貴明にも「写真とちがくない?」とつっこまれていた。

 成長期ゆえ仕方ないこととはいえ、プロのアイドルを自認していれば体型管理も人一倍気にしてしまいそうだが、あまり痩せる気配のない佐々木。「Quick Japan」の特集では体型についてほとんど触れられておらず、まるでタブーとなってしまっているかのような状態にも思えるが、side-Aの母娘対談では、母がこう話している。

「これを言ったら怒るかもしれないけど、ダイエットだって、考えないわけがないんですよ。たぶん、食べないと周りに気を遣わせちゃうから言い出せないんだろうけど。さっきも言いましたけど、この子は自分の中でグーッと溜め込んじゃうから、結果が出るまで言えないんですよね」

 佐々木の体型がタブーになっているということではなく、周囲に無駄な配慮をさせたくないという高いプロ意識から、ダイエットを公言していないということのようだ。母の「結果が出るまで言えない」という発言から察するに、佐々木も裏では体型維持のための努力をしている模様。ネットであんまり厳しい発言をぶつけるのも、ちょっとかわいそうな気もする。

 ところで「佐々木プロ」には元祖のような存在がいる。今年3月で活動停止をしたBerryz工房のメンバーで、現在カントリー・ガールズのプレイングマネージャーを務めている“ももち”こと嗣永桃子だ。アイドルらしさを徹底する“プロ”ということでハロー!プロジェクトキッズに加入した小学生時代から、ファンの間では“嗣永プロ”と呼ばれてきた。

 ちなみに、嗣永の方は自分が“プロ”と呼ばれることは“かわいくない”として断固拒否しているとのこと。そういう意味では、嗣永のほうが佐々木よりもアイドルとしてのプロ意識が高そうだ。

 バラエティー番組でイジられることもNGではなく、短足をいじられても「コンパクトな足」と抗弁する嗣永プロ。佐々木プロも、嗣永プロを見本にすれば、より完璧なアイドルに近づけるかもしれない!?
(田中ヒロナ)

最終更新:2015.05.27 12:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 119 side-S

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
4 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
5 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
6 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
7 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
8 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
10 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
13 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
14 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
15 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
16 安倍首相の「嵐」政治利用にファン批判、天皇即位祭典も政権の意向か
17 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
18 TDLが訴えた2人の女性キャストに口止め通達
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄