ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sasakiayaka_01_150527.jpg
佐々木彩夏オフィシャルブログ「あーりんのほっぺ」より


 主演映画『幕が上がる』、そして同名の主演舞台も好評だった、ももいろクローバーZ。7月にロサンゼルスで開催されるアニメコンベンション「Anime Expo 2015」にもメインアクトとして出演するなど、その勢いは相変わらずだ。

「今年の1月から4月にかけて、立て続けにリリースした3枚のシングルの初動売り上げが『夢の浮世に咲いてみな』(1月28日発売、KISSとのコラボ)が5.8万枚、『青春賦』(3月11日発売)が6.4万枚、『「Z」の誓い』(4月28日発売)が4.8万枚と、パッしなかったことから、一部では人気に翳り、という見方も広まっていましたが、ももクロの場合、ブレイク以降は握手券などの特典をCDにつけていないということもあり、CDのセールスはもともとそれほど多くない。でもライブは相変わらずチケット即完売で、入手が難しい状態が続いてますし、しかも、映画や舞台など活動の幅を広げている現状を考えると、勢いはまだまだ続きそうです」(アイドルに詳しい週刊誌記者)

 ところで、そのももクロのメンバー“あーりん”こと佐々木彩夏の意外な一面が見えた、と話題になっているのが、メジャーデビュー前後からももクロを追い続けている雑誌「Quick Japan」(太田出版)。同誌は、4月10日発売のvol.119で“あーりん”こと佐々木彩夏の総力特集を掲載。しかも、「side-S」と「Side-A」という2つの異なる特集記事を掲載した2タイトルを同時に刊行したのだが、、インタビューや母娘対談でかなり核心に迫った話をしているのだ。

 佐々木彩夏といえば、“ももクロのアイドル”と呼ばれ、グループの中でもっとも“アイドルらしい”メンバーだ。つまり、常に可愛らしくあり続け、時には“ブリっ子”といわれてしまうような言動も少なくないのだが、その徹底ぶりは時に“プロ意識の高いアイドル”として「佐々木プロ」と呼ばれることも多い。

 そんな佐々木のアイドルとして姿は、いわば「あーりん」というキャラクターで具現化されているわけだが、前述の「Quick Japan」vol.119 side-Sのロングインタビューではあーりんというものが自分の「軸です」と明言したうえで、以下のように説明している。

「あーりんって、ちょっとウザったいイメージがあるかもしれないけど(笑)、本当はそうじゃなくて、私的には『お上品』とか『女の子らしい』のがあーりんのイメージなの。女の子として大事にしなくちゃいけない部分で、ママがずっと私に言っていたこと。テレビやステージでは、ちょっとキャラを作ってブリブリしたことも言うけど、本質的な部分はママの教えなんですよ。だから、ブレない」

 “あーりん”は母の教えの賜物だと断言する佐々木。「Quick Japan」vol.119 side-Aには佐々木と実母の対談が掲載されているのだが、そこで母は評論家・酒井美意子の著書『花のある女の子の育て方』を参考に佐々木彩夏を育てたと告白し、こう話す。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 119 side-S

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
2 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
3 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
4 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
5 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6 下村大臣が「震災は愛国心欠如のせい」
7 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
8 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
9 安倍首相にマッチョ批判
10 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
11 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
12 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
13 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
14 田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
15 坂上忍に和田信者が「在日」と差別攻撃
16 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
18 産経新聞が社員の1割をリストラ
19 マララは社会主義者だった!
20 高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
3 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
4田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
7韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
8安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
9高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
10『報ステ』がまた政権批判アナ排除
11安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
12 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
13NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
144人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
16酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
17参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
19安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
20五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄