ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sasakiayaka_01_150527.jpg
佐々木彩夏オフィシャルブログ「あーりんのほっぺ」より


 主演映画『幕が上がる』、そして同名の主演舞台も好評だった、ももいろクローバーZ。7月にロサンゼルスで開催されるアニメコンベンション「Anime Expo 2015」にもメインアクトとして出演するなど、その勢いは相変わらずだ。

「今年の1月から4月にかけて、立て続けにリリースした3枚のシングルの初動売り上げが『夢の浮世に咲いてみな』(1月28日発売、KISSとのコラボ)が5.8万枚、『青春賦』(3月11日発売)が6.4万枚、『「Z」の誓い』(4月28日発売)が4.8万枚と、パッしなかったことから、一部では人気に翳り、という見方も広まっていましたが、ももクロの場合、ブレイク以降は握手券などの特典をCDにつけていないということもあり、CDのセールスはもともとそれほど多くない。でもライブは相変わらずチケット即完売で、入手が難しい状態が続いてますし、しかも、映画や舞台など活動の幅を広げている現状を考えると、勢いはまだまだ続きそうです」(アイドルに詳しい週刊誌記者)

 ところで、そのももクロのメンバー“あーりん”こと佐々木彩夏の意外な一面が見えた、と話題になっているのが、メジャーデビュー前後からももクロを追い続けている雑誌「Quick Japan」(太田出版)。同誌は、4月10日発売のvol.119で“あーりん”こと佐々木彩夏の総力特集を掲載。しかも、「side-S」と「Side-A」という2つの異なる特集記事を掲載した2タイトルを同時に刊行したのだが、、インタビューや母娘対談でかなり核心に迫った話をしているのだ。

 佐々木彩夏といえば、“ももクロのアイドル”と呼ばれ、グループの中でもっとも“アイドルらしい”メンバーだ。つまり、常に可愛らしくあり続け、時には“ブリっ子”といわれてしまうような言動も少なくないのだが、その徹底ぶりは時に“プロ意識の高いアイドル”として「佐々木プロ」と呼ばれることも多い。

 そんな佐々木のアイドルとして姿は、いわば「あーりん」というキャラクターで具現化されているわけだが、前述の「Quick Japan」vol.119 side-Sのロングインタビューではあーりんというものが自分の「軸です」と明言したうえで、以下のように説明している。

「あーりんって、ちょっとウザったいイメージがあるかもしれないけど(笑)、本当はそうじゃなくて、私的には『お上品』とか『女の子らしい』のがあーりんのイメージなの。女の子として大事にしなくちゃいけない部分で、ママがずっと私に言っていたこと。テレビやステージでは、ちょっとキャラを作ってブリブリしたことも言うけど、本質的な部分はママの教えなんですよ。だから、ブレない」

 “あーりん”は母の教えの賜物だと断言する佐々木。「Quick Japan」vol.119 side-Aには佐々木と実母の対談が掲載されているのだが、そこで母は評論家・酒井美意子の著書『花のある女の子の育て方』を参考に佐々木彩夏を育てたと告白し、こう話す。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

クイック・ジャパン 119 side-S

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ももクロ・あーりんはなぜ“アイドルのプロ”なのにダイエットしないのか? 真相を母が告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
2 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
3 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
4 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
5 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
6 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
9 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
10 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
11 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
12 葵つかさが「松潤とは終わった」と
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 田崎史郎が河井案里問題で“安倍首相は無関係”を主張も自滅
15 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 自民党がネトサポに他党叩きを指南
20 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
3窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
11内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
12河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
13田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
17検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄