唖然! 橋下の腰巾着・辛坊治郎が「都構想否決は生活保護受給者のせい」と差別デマ拡散!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shinbojiro_150519.jpg
「大阪綜合研究所 辛坊治郎」より


 今週日曜、住民投票によって否決された「大阪都構想」。大阪がぶっこわされるという最悪のシナリオは免れたが、しかし今度は賛成派たちが露骨な“反対派バッシング”を繰り広げはじめた。その筆頭が、元読売テレビアナウンサーでキャスターの辛坊治郎だ。

 辛坊といえば、住民投票前に芸人のたむらけんじが開いた都構想賛成派の勉強会にもゲストとして登場。これまで出演番組を通じて幾度となく橋下徹を持ち上げてきた“橋下派”の代表株である。当然、今回の都構想否決のニュースにも納得がいかないようで、投票翌日の18日、自身が解説を務めるニュース番組『朝生ワイド す・またん!』(読売テレビ)では、「大阪で(投票率)67(%)近いっていうのは圧倒的な高さ」と言った後、「たぶん75まで行ってたら賛成が勝ってるね〜」「あと5%投票率が高けりゃって感じですけどね」と往生際の悪さを見せ、「結果は大阪市民の判断ですからね。大阪市の職員だって大阪市民だから。ね。お前ら投票するなって……うーん微妙なとこだな、そう言うべきかどうかって」などと、“既得権益を守りたい大阪市職員による組織票”の存在を言外に滲ませた。

 さらに、今回投票者数より投票数のほうが1、2票増えていた区が3区あったことについて触れ、

「だけどね、これちょっと妙なことになってですね、なんか一部投票に不正が行われたんじゃないかって話があって。途上国の選挙かっていう(笑)。途上国ではよく選挙のたびに不正ってのがあるんですが」

 と発言。こうした問題は今回に限らず、過去にちがう選挙でも起こっているし、なおかつ今回はたった1、2票の話で結果に影響しないと判断されている。これをわざわざ辛坊は“途上国のような不正だ”と言い、口にはしないがあたかも反対派側の不正と言わんばかりに取り上げたのだ。

 自分の思う通りの結果が出ず、生放送のニュース番組で不満をタラタラと述べて憂さ晴らしをする。これだけでもキャスターの資格はないと断言できるが、問題はこのあと。今回の住民投票では、反対が上回った区と賛成が上回った区が南北でくっきりと分かれたが、それについて辛坊はこのように解説し始めたのだ。

「まあ、西成区なんかは生活保護が極めて多いところということで、まっ、どっちかっていうと大阪でも、うーん、微妙な言い方をしますけれども、弱者と見られる人が多いところは反対が多数になったと」

 また、出口調査の結果では70歳以上の男女がともに賛成派よりも反対派が上回っている点を挙げ、「今回、圧倒的にこの結果をもたらしたのはこの層、70歳以上ですから」「大阪のやっぱこれからの世代の人たちはかわいそう」と発言。そのうえでこう言いきったのだ。

「やっぱ高齢者の方で、生活保護受けてて、いまの大阪市のゆるい生活保護基準だから生活保護受けられるけれども、きめ細かい行政で行政単位が小さくなって生活保護受けられなくなっちゃあ困るとか。それからやっぱり大阪って長年、橋下徹が出るまで、市バスとか地下鉄、高齢者がタダだったやつを橋下徹が一部カネ払わなきゃいけなくなって、それだけでも腹立ってんのに、今後さらに市のタダのバス……若干払ってますけど、タダのバスとか地下鉄の切符を取り上げられたらたまんねー!っていう人たちが、もう圧倒的に反対派の方向に舵をきったというのが、結果ですね〜」

 そして、「間違いじゃないよな?」と報道局記者に同意を求め、カメラ目線で指し棒を振り回しながら「かならずこう言うとなあ(こういう話をすると)、おかしな反対派からな、おかしなクレームの電話くるんだけど、いいかげんにしろ! お前ら!」と吠えたのだ。

 ……おいおい、「いいかげんにしろ!」はこっちの台詞だ。未来ある世代は都構想に賛成したのに、「死にかけの老人」や生活保護受給者という“弱者”のせいで否決されてしまった──こんな暴力的で賛成派の一方的な言いがかりを垂れ流して、クレームが来ないほうがおかしいだろうよ。“公平中立”というのなら、これこそ放送法違反ではないのか。

 だいたい、辛坊が論拠にしていた出口調査による「年代別・性別」のグラフは正しいものなのか。もし70代と他の世代の賛成・反対の割合を比較するのならば、出口調査に応じた人の世代別数などを鑑みる必要があるが、そうした精査がなされた情報なのかは示されていない。そもそも、これは出口調査の結果をグラフにしたものなのだから、期日前投票の情報が加えられていない。反対派が優勢だった期日前投票の結果をこのグラフに落としこめば、70代以上だけが目立って反対派だったという見え方はしないはずである。

 だが、もっとも悪質なのは、生活保護受給者や老人に対する物言いだ。まるで辛坊は生活保護を不正受給したい人間やただでバスに乗りたい(実際はただではないが)人間が反対に回ったから、都構想が否決されたかのようなデマをふりまいているが、それだけでこの数の反対票が集まるわけがないだろう。

 都構想については、実現のために初期費用600億円とランニングコスト20億円というバカバカしい数字に疑問をもった人や、地域政策がカジノ構想しかないことへの不信感を抱いた人、効率主義によって歴史ある上方文化を破壊させてはいけないと感じた人など、経済・財政から文化まで、多岐にわたる面から反対の声が起こっていたのだ。

 しかも、老人や貧困層が反対に回ったのは、都構想に“弱者切り捨て”という本質があり、それが見抜かれたからだ。都構想が現実化すれば大阪市民に対する行政サービスは著しく低下し、生活保護や介護といった福祉の問題はいま以上に厳しくなるのは明らかだった。

 そうした具体的な政策批判には触れず、一面的に老人や生活保護受給者だけを“敵”に仕立てるのは、報道としての悪質さもさることながら、市民を分断させる下劣極まりない行為だ。

 実際、前述したたむらけんじとの勉強会の席で、「もし私が生活保護を受けていたら、都構想に反対する。成立したらもらえなくなる可能性も出てくるから」と発言している。ようは、辛坊は生活保護受給者や老人といった弱者を“税金泥棒”よばわりし、そんな“ごくつぶし”によって都構想が邪魔されたと言っているわけだ。

 ああ、呆れて開いた口がふさがらない。お調子者の辛坊はすっかり忘れているようだが、多くの人はまだしっかり“あの事故”の話をよく覚えているぞ。そう、いまから2年前の6月、小型ヨットで太平洋横断しようとした辛坊が遭難し、海上自衛隊に救出されたことを。

 あの事故が起こったとき、辛坊は大きなひんしゅくを買った。というのも、2004年に発生したイラクの邦人人質事件の際、辛坊は自己責任論をぶっていた張本人。それが、自分の趣味で意気揚々と冒険に出かけて、結果、自衛隊に助けてもらうという失態を演じた。そのため「お前こそ自己責任だろ!」という大きなツッコミが入ったのだ。

 辛坊は事故後の会見で、「(救援船が見えたとき)この国の国民であって良かったなと思いました」「正直、今後、どの面下げてという思いはする」としみじみ語っていた。たんなる趣味で出かけていたとしても、国民が危険に晒されているなら国は全力で助ける。これこそが正しい国のありようだし、それは生活困窮者や手助けが必要な老人に対しても同じこと。セーフティネットのありがたさを、辛坊はわかっているはず、いや、よーくわかっていないといけないはずなのだ。それを禊ぎは済んだとばかりに、弱者は自己責任で行政に頼るなと主張するとは、ほんとうに「どの面下げて」である。

 それにしても、こうまで卑怯な論法で辛坊が負け惜しみを言いつのるのはなぜか。人の良い関西人は「辛坊さん、よほど大阪の未来を案じてはったんやね」と思っているかもしれないが、それは大間違い。橋下徹との仲を考えれば、橋下が都構想を実現させて国政に乗り出せば、自分も保守論客としてそこに食い込めるとでも考えていたのだろう。

 つくづく都構想が否決されてよかったと安堵するが、こうした輩による弱者見殺しの煽りには、今後も注意を向けていく必要がある。何せ、今度は本家の橋下がテレビにガンガン登場して、今回の辛坊と同じような暴論を展開するのは必至だろうから。
(水井多賀子)

最終更新:2015.05.21 11:29

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書 1020)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

唖然! 橋下の腰巾着・辛坊治郎が「都構想否決は生活保護受給者のせい」と差別デマ拡散!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。橋下徹水井多賀子選挙の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が百田尚樹、櫻井よしこら極右仲間とフレンチ会食の開き直り!
2 「桜を見る会」前夜祭問題でニューオータニ総支配人が
3 ネトウヨ大喜びの韓国ベストセラー『反日種族主義』の編集協力に安倍応援団
4 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
5 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 安倍首相の総理在任最長でNHKが岩田明子解説でヨイショ特集
8 「桜を見る会」参院選に招待枠、選挙利用の証拠が次々と
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
11 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
14 沢尻エリカMDMA逮捕を警視庁がTBS、文春に事前リーク!
15 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
16 韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくり
17 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
18 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
19 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
20 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄