今なぜ“尽くす女”が礼賛されるのか?「ViVi」“プロ彼女”特集炎上問題を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
vivi_01_150406.jpg
「ViVi」(講談社)2015年4月号

〈今、モテ男性有名人が続々結婚している相手として話題の“プロ彼女”。男性の要求をすべて飲みとことん尽くすのが特徴。なるのは大変そうだけど、なれば一流の男をGETできる!?〉

 このような煽りが、女性ファッション誌「ViVi」(講談社)4月号に躍った。企画タイトルは「なれるものなら“プロ彼女”!!」。──ここで「あれ?」と感じた読者も少なからずいるはず。そう、本サイトでも以前指摘したように、「プロ彼女」という言葉は、もともとはエッセイストの能町みね子がロンドンブーツ1号2号・田村淳の結婚相手について〈「彼女は一般女性というよりはプロの女性だろう」みたいに書いた〉ことがきっかけで生まれた言葉だ。この皮肉が込められた言葉を、「女性自身」(光文社)が西島秀俊の結婚と絡めて“男に尽くすプロ級の彼女”という違う意味で使用。そして今回、「ViVi」もまた誤用しているのだ。

 しかも「ViVi」が悪質なのは、「プロ彼女」の定義を“あえて間違って”説明している点。なんと、わざわざ上述した能町がこの言葉を生んだ経緯を書きつつ、以下のように開き直っている。

〈その後、西島秀俊さんの結婚についての週刊誌記事の解釈で語意が変わり、西島秀俊さんの彼女に求める条件が「男の浮気は許す」、「メールの返信がなくても気にしない」など極端に厳しかったことから、次第に“プロ彼女”とは、これらをクリアした女性という意味に変わっていった。※ViViの記事も後者の定義で作成しています。〉

 いやいや、意味が変わっていったんじゃなくて、意図的に意味を変えているのは「ViVi」編集部じゃん!……とツッコまずにいられないが、このふてぶてしい態度にキレたのは、もちろん生みの親たる能町である。

 能町は「週刊文春」(文藝春秋)の連載で、「ViVi」編集部から取材依頼があったことを明かし、〈私はこの単語を褒め言葉として広める気はないので(取材依頼を)断ったのです。だから、あとで私に文句を言われないようにやたら定義が丁寧に書いてあるんでしょう〉と説明。〈言うまでもないけど、私は皮肉で言ってたのです。今どき召し使いに徹して芸能人の妻という名誉や財産を手にするなんて「プロ」の女だ、と〉〈皮肉な言葉が褒め言葉として使われているのが悔しい。(中略)これでは私の生み出した言葉が古すぎる価値観の女を再生産することになってしまう〉と憤慨している。

 この能町の怒りはもっともである。というのも、問題の「ViVi」の記事は案の定、炎上したのだが、それは「プロ彼女」の誤用が理由ではなく、内容があまりにひどいシロモノだったからだ。

 たとえば、「プロ彼女を目指す(=レベルの高い男と結婚する)にはどうすればいい?」という見出しが付いた『“プロ彼女”だったらこうする! How to 実例集』では、“フツウの彼女”と“プロ彼女”のとる行動をシチュエーション別で紹介。「彼に作る料理」は、フツウ彼女がパスタやカレーである一方、プロ彼女は〈常に10品以上の和食〉という。で、その手料理を彼氏にダメ出しされたとき、フツウ彼女は〈「自分で作れ!」とキレる〉。が、プロ彼女は〈即謝って作り直す〉ときた。ごていねいにもキャプションには「美味しいご飯を提供するのが彼女の務め、と思っています。」と書いてある。

 これ、“プロ彼女”じゃなくて“究極のシェフ彼女”の間違いじゃないのか……? と疑問が頭をよぎるが、このほかにも、彼の友人が遊びにきたら一緒に飲まずに〈サービスに徹する〉、彼が浮気をしたら〈「帰ってきてくれたらいい」と笑顔で許す〉と、演歌の歌詞でしかお目にかかれない“男にとっての都合のいい女”像が延々とつづく。

 果たして、この記事を読んで「えー、私もプロ彼女目指しちゃおうかな!」なんて思う女性読者がいるのか? たぶん、この記事を企画した編集者も、そうは思っていないだろう。“プロ彼女”気取りの女性を過剰に演出して嗤う……その手の、女の「女ぎらい」を誘発させる、ティーン誌から赤文字系まで女性ファッション誌によくある企画、それくらいの志でつくられているようにしか見えない(少なくとも筆者には)。

 しかし、その“空気”というか“ノリ”こそが、もっとも戦慄する部分でもある。能町が意図した言葉の使い方ではないことを重々知りつつも、あえて「プロ彼女」を“男に徹底して尽くす女”と定義する。能町も指摘しているが、そのほうが“キャッチー”だからだろう。尽くす女がキャッチーな時代……それこそが、いまの時代を如実に映し出していると思うのだ。

 思えば、1980年に「MORE」(集英社)が読者アンケートをまとめた「モア・リポート」では、「オーガズムを得たことがあるか?」「セックスは好きか?」といった、これまで語られてこなかった女性の性が浮き彫りになった。女が自分の性について本音を語ってもいい──女性ファッション誌の添え物でしかない読み物ページが、女性が性を語ることを後押しし、社会現象にまでなる。これはその時代の女性たちの“欲望”に敏感に反応し、誌面化したからこそ生まれた現象だったはずだ。さらにバブル期には、中尊寺ゆつ子が命名した「オヤジギャル」が、男性週刊誌から女性ファッション誌にも飛び火。電車ではスポーツ紙を読み、人目もはばからずユンケルを一気飲み……そこで描かれた“男勝りの女”は、“男に媚びない女”でもあった。

 女性ファッション誌は、その時代の女性たちの映し鏡。そう考えると、今回の「ViVi」の企画は「女性の保守化」という時代の空気があるからこそ生まれたものだ。実際、2012年に博報堂生活総合研究所が行った調査によれば、20代女性の3人に1人が専業主婦になりたいと回答しているように、キャリアよりも、夫の安定した収入に支えられたなかで子どもを産み育てることを夢見る女性は増えている。

 こうした保守反動は、言わずもがな、一向に是正されない女性の労働環境にも大きな理由がある。女性ファッション誌が女のライフスタイルを提案するものなのであれば、現在の保守化の理由を掘り下げる企画があってもいいのに──かつての「モア・リポート」がはたした役割のように──と思う。いや、そこまででなくても、「プロ彼女」という言葉を能町の文脈で企画にしたって、十分、女性読者は溜飲を下げる記事になったはずなのだ。とはいえ、今回「プロ彼女」をあえて誤用したことでも明らかであるように、肝心の編集者自身が無関心かつ無自覚なのだから世話がない。

 だから言っても無駄かもしれないけれど、最後に一点だけ。「プロ彼女」誤用問題以前に、「男の浮気は許す」だの「メールの返信がなくても気にしない」だの細かく注文をつけてくる西島秀俊みたいな小さい男って、どうよ? これが最大のツッコミどころだと思うんですけど……。
(田岡 尼)

最終更新:2018.10.18 03:13

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

雑誌タイトルコピー大全 女性誌編

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

今なぜ“尽くす女”が礼賛されるのか?「ViVi」“プロ彼女”特集炎上問題を考えるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ViVi田岡 尼能町みね子誤用雑誌の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
2 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
3 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
4 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
5 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
8 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
9 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
10 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
11 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
12 自民党コロナ対策本部がヤバイ、青山繁晴らネトウヨがズラリ、陰謀論も
13 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
14 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
15 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
16 厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
17 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
18 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
19 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
20 愛川欽也が「安倍に殺される」と
1 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
5 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
6 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
7 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
8 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
9 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
10 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
11 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
12 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
13 阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
14 近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16 「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
17 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
19 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
20 K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄