スタバも遺伝子組み換え食品を支援!?「オーガニック」「有機」ブランドの現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
organic_01_150115.jpg
『オーガニックラベルの裏側 21世紀食品産業の真実』(春秋社) 

ゴキブリ、ビニール片、歯、ネジ……異物混入事件が相次いで発覚しているが、このような目に見える“混入”よりも更に深刻な、目には見えない食の“混入”問題がある。

 さまざまな政治的活動でも知られるミュージシャン、ニール・ヤングは昨年末に、公式サイトで「GOODBYE STARBUCKS!!!」と宣言し、スターバックスの不買運動を訴え始めた。アメリカのバイオ化学メーカー・モンサントが遺伝子組み換え食材の使用明記を条例化したバーモンド州に対して訴訟を起こしており、この訴訟にスターバックスが加わっていることに対して、声をあげたのだ。

 今やスーパーの加工食品の70%に遺伝子組み換え素材が使われていると言われる。この遺伝子組み換え食材において圧倒的な世界シェアを持つモンサント。ニール・ヤングが「モンサントに加担しているスターバックスをボイコットする」と個人行動に出たのは、消費者には目立たぬところで支援をするというスタンスに不誠実さを感じたからだろう。

『オーガニックラベルの裏側』(クレメンス・G・アルヴァイ著/長谷川圭・訳/春秋社)を読むと、この「目立たぬところで」というスタンスが、オーガニック・ブーム全体に横たわっていることが分かる。著者は、有機農法とは名ばかりで、実際にはこれまでの流通形態に準じた「有機農法の“陳腐化”」が進んでいると指摘する。11週間に及ぶヨーロッパ横断取材で得た「エセ有機農法」の実態は、末恐ろしいものだった。

 例えば、ドイツの卵販売会社ハイデゴルト社の契約養鶏場。この会社のウェブサイトでは「青い空の下、黄金色に輝く穀物畑を背景に二羽の鶏が描かれ、右側には伝統的な木組みの家のイラストが添えられている」。しかし、実際の飼育の風景は「オーガニックという名の鶏地獄」。1区画に3000羽の鶏がひしめき合いながらひたすら泣き喚いていた。しかしこれでも「1平方メートルあたり6羽以下」というEUが定める基準値を違反してないという。

 ここにはトリックがある。有機飼育では1羽につき4平方から10平方メートルの土地が用意されることもあると伝えられるが、「鶏が実際にそれだけの空間を動き回ることはありえない」。当初から密閉空間で育てられストレスを溜め込んだ鶏たちは群れを成すことを覚えぬまま、本来の生態行動を乱され、自ら広い場所に出ることが出来なくなる。過度なストレス状態にある鶏同士が首や背中や尾を突つき合った結果、羽がむしり取られ感染症にかかりやすくなる行動障害を「カニバリズム」と呼ぶが、この障害によって、鶏たちは用意された広い農場に出ようとすらしなくなる。そして、この環境で育てられた鶏の卵が「有機飼育」「オーガニック」として市場に堂々と流通していく。

「採卵業界では、有機飼育用であっても、雄の雛は生まれたその日には孵化工場内のベルトコンベアーでシュレッダーまたはガス室に送られる」……こういった実情が隠されたまま、牧歌的なイメージ戦略だけで「有機」というフレーズが活用されていく。この手の「名ばかり有機」は、何よりも実際に小規模生産で有機飼育や農法を守り抜いている人たちを冒涜している。

 オーストリアのオーガニックブランド「ヤー!ナチュアリッヒ」が取り扱う七面鳥は、宣伝ビデオでは「放し飼い用のオーガニック七面鳥」として売り出されているが、驚くなかれ、これらの七面鳥は生まれてから死ぬまで戸外に出る事は一切ない。窓のない空間で人工光をコントロールされながら産卵活動を調整される。生育環境に合わない土地では、七面鳥に抗生物質を投与して無理やり環境に慣らせ、「どの七面鳥も胸肉が発達するように改良されている」という。「週に2度、人工受精という名目で“強姦”されている」「暴れる雌の頭を作業員の膝のあいだに挟んで、おとなしくなったのを見計らって性器に精子を注入する」七面鳥も……。

「ヤー!ナチュアリッヒ」が売り出す有機トマトの出どころを調査した著者が行き着いたのは、先のニール・ヤングの一件で出てきたモンサント社に由来する非有機栽培用のハイブリッド種子だった。繰り返しになるが、これらが「有機飼育」「オーガニック」として売り出されていく。「ヤー!ナチュアリッヒ」のウソを自覚しながら垂れ流す広告代理店を問い質すと、「クライアントの店舗に人々の足を向けさせること。(中略)そこさえ成功すれば、仕事はうまくいったも同然です」と開き直る。

 野菜にしても、先進国の多くでは「形が悪い」という理由で大量の野菜を破棄し続けている。味が劣っているわけではなく、単に運搬上の不都合でしかない。大きすぎるジャガイモ、曲がったキュウリ、二股に分かれたニンジンは“形が悪い=運びにくい”という理由で破棄され続ける。それらの破棄の集積が、世界の総人口70億に対して120億人を養える農地を持ちながら、10億人の飢える人々を抱える現状を維持させてしまう。

「オーガニック」というマジックワードが信奉されればされるほど、食の安全や最適配分が失われていくという矛盾。有路昌彦『誤解だらけの「食の安全」』(日本経済新聞出版社)を読むと、「有機栽培で安全です」と繰り返される事で、「安全でないものは農薬を使っている」→「農薬を使う慣行農法は危険」という「優良誤認」ばかりが広がっていく懸念が示されている。人々は分かりやすく打ち出される「危ない!」というメッセージばかりを気にするようになり、逆に「それらの危ない商品とは違ってこちらは安全です」と喧伝されるものに対しては、手放しで食いついてしまう。しかし、『オーガニックラベルの裏側』が明らかにするのは、先進企業は既に、私たちのオーガニックへの「手放しっぷり」をビジネスに取り込んでいるということ。

 カロリーベースの食物自給率がわずか40%しかない日本が、本書の指摘を自分達には関係ないと済ませられるはずもない。相次ぐ異物混入や中国産のあれこれを「危険!」と叫ぶのは賢明な態度だが、もはや「それらに比べてこちらは安全」と伝えてくる食品にまで多分なウソが含まれている。良さげな顔つきで差し出される分、むしろタチが悪いとは言えまいか。
(武田砂鉄)

最終更新:2017.12.09 04:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

オーガニックラベルの裏側: 21世紀食品産業の真実

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

スタバも遺伝子組み換え食品を支援!?「オーガニック」「有機」ブランドの現実のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オーガニック武田砂鉄農業遺伝子組み換え食品の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
2 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
6 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
7 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
14 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
15 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
16 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 れいわ議員の介助費用に「税金遣うな」攻撃、対照的だった『とくダネ!』
19 山本太郎・れいわ代表が「モーニングショー」で吠えた
20 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
11 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄