百田尚樹利権に群がる週刊誌が『殉愛』擁護キャンペーン開始!ネットと全面戦争か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hyakuta_01_141208.jpg
百田センセイの反撃はやっぱり利権だより?(NHK経営委員会HPより)


 百田尚樹『殉愛』問題で沈黙を守っていた週刊誌がようやく動き始めた。近々発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版)が出版差し止め訴訟を起こしたやしきたかじんの娘をインタビュー。『殉愛』(幻冬舎)の嘘とさくら夫人の行動が語られているという。

 だが、追及の動きはこれだけ。他の週刊誌はまったく逆で、今週から百田、さくら未亡人擁護の大キャンペーンを展開するようだ。

 まず、12月11日発売の「週刊新潮」(新潮社)がさくら未亡人の主張に丸のりする形で擁護特集を展開、次に翌12日発売の「フライデー」(講談社)、続いて来週火曜日発売の「フラッシュ」(光文社)がさくら夫人のインタビューを掲載。さらに、百田の連載が始まる「週刊文春」(文藝春秋)も今週か来週に、百田が手記としてこの問題を書く手はずになっているらしい。

「すでに全誌ともさくら夫人と百田さんのインタビューを終えています。内容はもちろん100%さくら夫人擁護。たかじんの娘とKマネージャーを攻撃するものです。それも当然で、今回の企画は百田さんのほうからもちかけられたものですから。ベストセラーや連載を抱える身としては断りきれなかったというわけです」(週刊誌関係者)

 林真理子に「もうジャーナリズムなんて名乗らない方がいい。自分のところに都合の悪いことは徹底的に知らんぷりを決め込むなんて、誰が朝日新聞のことを叩けるのであろうか」とまでいわれてなお、こんな談合まがいのやり方でインチキ作家擁護キャンペーンを張るとは、週刊誌に恥というものはないのか。

 というか、そもそも、彼らはこの期に及んで、何を擁護するつもりなのだろう。考えられるのは、百田がこのところ、ツイッターで「『殉愛』には、敢えて書かなかったことが山のようにある。ある人物たちのことだ。もう、おぞましくておぞましくて、とても書けなかった」などと恫喝している件だろう。
 
「おそらく百田が仕掛けようとしているのは、娘とKマネージャーの件。『殉愛』にも出てくるが、娘がたかじんにお金をせびっていたことやメールでの悪態、Kマネージャーの使途不明金をもっと深くやるつもりなんじゃないか。とくにKマネージャーについては、たかじんに間違ってメールしてしまった恋人との“H写真”があると鬼のクビをとったように騒いでいるので、もしかしたらそういうものまで出してくるかもしれません」(週刊誌関係者)

 ただ、仮にこうした事実があったとしても、今、『殉愛』に起きている問題とはなんの関係もない。最大の焦点になっているのはさくら夫人がたかじんとつきあっていた時もまだ結婚をしていたという事実で、しかも『殉愛』はそれを伏せただけでなく、「独身」と虚偽を書いているのだ。その部分を無視していくら娘やマネージャー攻撃をしたところで、読者の共感は得られないだろう。

 それどころか、百田、さくら夫人の嘘に嘘を塗り重ねるような言い分を週刊誌が垂れ流せば、ネットの住民たちが大激怒して、週刊誌vsネットの全面戦争に突入する可能性が高い。これまでの2ちゃんねるの“鬼女”たちの調査能力を考えれば、次々と記事の矛盾や嘘が暴き出されることになるのは目に見えている。そして、週刊誌がいかに自分たちの利益誘導のために記事をつくっているかが知れ渡り、週刊誌の信用はどんどん失墜していく。

 オーバーではなく、百田『殉愛』問題は週刊誌というメディアの「終わりの始まり」になるかもしれないのだ。

 ただひとつだけ、百田やさくら夫人、彼らを擁護する週刊誌にとって好材料がある。それは冒頭で紹介したように「週刊朝日」が娘側について『殉愛』批判に参戦したことだ。朝日がいつもの感じで、腰が引けたまま中途半端な取材で中途半端な記事を載せれば、百田や週刊誌側にまたまた「朝日の捏造」とかいう攻撃材料を与えてしまう可能性は否定できない。
 
「週刊朝日」はネットの足を引っ張らないようくれぐれも注意していただきたいものである。
(田部祥太)


【リテラが追う!百田尚樹『殉愛』騒動シリーズはこちらから→(リンク)】

最終更新:2014.12.17 07:16

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

百田尚樹利権に群がる週刊誌が『殉愛』擁護キャンペーン開始!ネットと全面戦争か!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。出版業界殉愛田部祥太百田尚樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
5 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
11 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
16 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
20 自民維新、御用マスコミの「立民敗北は野党共闘のせい」に騙されるな!
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄