時代劇のオワコン化はキムタクのせい!? キムタクもオワコンだけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
jidaigeki_141013.jpg
“Mr.自然体演技”のキムタクは時代劇に不向き?

 本日からスタートするフジテレビの月9ドラマ『信長協奏曲』。月9初の時代劇というふれこみで注目を集めているが、ストーリーは主人公である男子高校生が戦国時代にタイムスリップするというもので、小栗旬が主人公と織田信長の一人二役を演じることが話題となっている。

 そういう意味では、ビッグヒットとなった『JIN─仁─』や、堺雅人主演の男女を逆転させた『大奥〜誕生[有功・家光篇]』(ともにTBS系)、前クールの『信長のシェフ』(テレビ朝日系)の系譜にある“SF時代劇”といったほうがいいかもしれない。

 実はテレビから純粋な時代劇はどんどん少なくなっている。民放からは2011年に終了した『水戸黄門』(TBS系)をもって時代劇の放送枠が消滅し、いまではNHKの大河ドラマのほかは、同じくNHKの「木曜時代劇」枠、NHK BSプレミアムの「BS時代劇」がかろうじて踏ん張っている状態だ。こうした状況を憂って、「時代劇は死んだ」という往年のファンが多いのも事実だ。

 しかし、なぜ時代劇はこのような状況に追い込まれてしまったのか。先日発売された『なぜ時代劇は滅びるのか』(春日太一/新潮新書)はその理由を事細かに分析しているのだが、興味深いのは、役者の技量不足と、最近の役者に顕著な“自然体演技”を批判していることだ。

 たとえば、著者が本書で酷評しているのが、『仕掛人 藤枝梅安』(06年/フジテレビ系)における岸谷五朗の演技だ。これまで同じ役を緒形拳や小林桂樹、渡辺謙といった錚々たる名優たちが演じ、それぞれに名医として慕われる一方で裏では金で人を殺める仕掛人という顔をもつ梅安の「二面性や非情さ」を表現してきた。が、岸谷は「自然体で演じたい」として、〈現代的な日常性で演じること〉を選択。結果、岸谷版梅安は〈能面のような無表情の男がウロウロしている姿が終始映し出され(中略)何を考えているか分からない、間抜けな梅安がそこにいただけだった〉と、著者は猛烈に批判している。

 だが、これは岸谷に限った話ではない。著者も〈最近の俳優の多くに見られる傾向だ〉と言及しているが、ここで頭に浮かぶのは、“Mr.自然体演技”であるあの人の顔だろう。そう、SMAPの木村拓哉である。

 木村といえば、山田洋次監督の藤沢周平三部作のひとつである『武士の一分』(06年)で失明してしまう下級武士・三村新之丞を演じたが、現代劇と同様にその演技は“どこを切ってもキムタク”。藤沢シリーズの他作品である『たそがれ清兵衛』(02年)の真田広之や、『隠し剣/鬼の爪』(04年)の永瀬正敏が時代劇のリアリティを体現していたことと比較すると、木村はまるで舞台や時代設定を拒絶した“浮いた人物”でしかなかった。

 本書でも指摘されているが、時代劇での“自然体”というものは、〈「作り込んだ芝居」を観客に違和感なく受け止めてもらうために技術を尽くした結果得られるもの〉である。時代劇は現代とは違う、いわば〈異世界のキャラクター〉を演じなければならないもの。着物を着こなし、所作を身につけ、時代の価値観や役を掘り下げて、はじめて違和感は払拭されるというのだ。

 しかし、こうした役へのアプローチは、時代劇に限らず現代劇でも必要な作業だ。木村にはそれがないからこそ、跳ね上がりの検事を演じても、未来からやってきたアンドロイドを演じても、変人の脳科学者を演じても、すべてが同じ演技だと言われ、“キムタク”というオフィシャルイメージの枠から抜け出せないのではないか。

 少なくとも同じSMAPでも、稲垣吾郎が月9ドラマ『流れ星』(10年)で主人公を追い詰める冷血な兄を演じていた際は、つづく『SMAP×SMAP』を観るたびにその落差に震えたものだが、『HERO』の場合はそんな動揺を受けることなく、ただそこにジーンズからコック姿に衣装チェンジした人物が映っていた。──そう考えると、木村の演技は役や舞台を踏まえた“自然体”などではない。たんなる“ありのままの自分”なだけではないのだろうか。

 時代劇のみならず、現代劇さえ危機的状況のテレビドラマ界。たしかに木村が視聴率王として君臨できたのは、自然体に見えるその演技が当初は新鮮だったからこそだが、それが飽きられてきていることは数字が示している。だが、『信長協奏曲』のキャストを見ると、役作りに定評のある小栗旬を筆頭に、“カメレオン俳優”と呼び声高い山田孝之、そして『アオイホノオ』(テレビ東京系)で強烈なインパクトを残したばかりの柳楽優弥など、反“自然体”の濃いメンツが揃っている。時代劇ファンにとっては荒唐無稽な物語かもしれないが、台頭する若い役者たちの奮闘を見届けるのも悪くはないはずだ。そして、願わくばこの作品が時代劇復活の糸口になればいいのだが……。
(サニーうどん)

最終更新:2015.01.19 05:04

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

なぜ時代劇は滅びるのか (新潮新書)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

時代劇のオワコン化はキムタクのせい!? キムタクもオワコンだけど…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん木村拓哉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
4 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
5 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
6 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
7 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
8 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
10 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
11 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
12 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
15 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
16 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
17 安倍首相の「嵐」政治利用にファン批判、天皇即位祭典も政権の意向か
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 TDLが訴えた2人の女性キャストに口止め通達
20 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄