“サブカル女優”二階堂ふみが小説連載を開始! その筆力と文化度を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nikaidoufumi_141006.jpg
二階堂ふみオフィシャルサイトより


 現在、若手のなかでひときわ熱い注目を浴びている女優、二階堂ふみ。NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』では、豊臣秀吉から寵愛を受ける茶々(淀君)の“小悪魔ぶり”を表現し、映画でも『私の男』『渇き。』と注目作に立て続けに出演。なかでも『私の男』は10代にして大胆な濡れ場を演じて話題を呼んだが、11月公開予定の『日々ロック』では一転、キラキラのトップアイドル役を演じるという。

 このように群を抜いた演技力でいまや引く手あまたの二階堂だが、一方で芸能界を代表する“サブカル女子”としても有名。セックス・ピストルズのジョン・ライドンをこよなく愛していたり、親交のあるOKAMOTO'Sのアルバムにコーラスとして参加するなど音楽にも明るく、さらにTwitterでオススメの本を尋ねられて、「室生犀星の『性に目覚める頃』今のところ1番好きです。」と答えたり、好きな作家に泉鏡花を挙げるなど、いちいち文化系のツボを押さえまくる“筋のよさ”に、サブカル男子&おじさんたちは歓喜。他方、現在通っている慶應義塾大学では「テニスの王子様サークル」に所属しているという腐女子的な一面も“幅の厚さ”を感じさせる。

 そんな二階堂が新たに挑戦しているのが、小説の執筆だ。「小説新潮」(新潮社)10月号からスタートさせた連載では、なんと「毎回一冊の本を取り上げ、そこから触発されて生まれた物語」を綴っている。いわば“書評小説”ともいえるものだ。

 なにせ、近親相姦というタブーを描いた桜庭一樹の『私の男』を中学生にして読み込んでいたという二階堂。しかも、出演した『脳男』の撮影中エピソードとして「みんな死ねって思ってました」と答えたり、インタビューで「もっと変態と仕事がしたい」「かくいう私も変態です」と言い出すなど、かわいいルックスに似合わぬ奔放な発言と毒舌で鳴らす彼女なだけあり、どんな刺激的な小説を描くのかと否が応でも期待は高まる。だが、掲載された小説は、そんな思惑を大きく裏切るものだった。

 この連載第一回目で二階堂が取り上げたのは、長野まゆみの『団地で暮らそう!』(毎日新聞社)。築50年になる団地に引っ越した青年の“団地生活”が描かれた小説だが、この作品に対して二階堂は、〈貴方がそちらに移って、はや一年が経ちましたね〉という書き出しからはじまる手紙形式の物語を展開させる。そして、〈貴方からたまに来る、団地生活の便りは共同生活の面白さが伝わってきます〉と綴り、長野の小説に詰まっている“団地生活のあれこれ”のおもしろさを伝えながら、〈貴方が大学院を卒業する頃、私もそちらの団地に移ろうかと考えています〉と、独自の物語をふくらませていく。

〈貴方のお隣の近藤さんに煮物のお礼をしにいこうかと『煮物の基礎』という本を買いました。最近「オレンジページ」が愛読書です〉
〈築四十七年の団地で、ベランダに遊びにくるハトに餌を撒きつつ、貴方の帰りを待つのも悪くないのかなと思ったのです〉

 ──長野の小説のほうは、青年の物語というよりも昭和の懐かしさが漂う団地への郷愁感が強いが、二階堂は架空の女性を主人公にして、新たな“団地小説”を描きつつ作品に呼応する。短い文字数のなかで、書評と短編小説を見事に融合させているのだ。

 たしかに、二階堂のオフィシャルイメージから期待した辛辣さや刺激はないが、その文章力と発想力は目を見張るもの。インタビューでも「割と何気ない日常に喜びを覚えるタイプです」と答えていたこともあるように、彼女の演技力の源泉は、この短編小説にも顕著な“日常の細部を大事にする視点”にあるのかもしれない。

 以前、Twitterで「不思議ちゃん・天然ちゃんイメージは脱却できたから、そろそろサブカルとかこじらせっていう類のイメージを脱却したいな☆」と表明していた二階堂。この短編連載は、そんな彼女の新しい一面、新たな才能を引き出すものになりそうだ。
(サニーうどん)

最終更新:2015.01.19 05:10

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

“サブカル女優”二階堂ふみが小説連載を開始! その筆力と文化度を検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。サニーうどん二階堂ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
2 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
5 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
6 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
7 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
8 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
9 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
10 国分「SMAP好きじゃない」告白の裏
11 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
12 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
13 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
16 セブン-イレブンオーナーの自殺続出
17 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
18 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
19 「維新」議員の顔ぶれがひどい!ヘイト、極右、金、暴力を報道された議員まで
20 自民維新、御用マスコミの「立民敗北は野党共闘のせい」に騙されるな!
1 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2 吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン
3 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
4 維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
5 自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
6 吉村知事「1日で文通費100万円」ごまかし手口!リテラの取材のあとに
7 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
8 高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
9 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
10 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
11 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄