『ワイドナショー』松本人志の「週刊誌は下衆」発言は過剰反応だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsumoto_01_140827.jpg
フジテレビ オフィシャルサイト 『ワイドナショー』番組ページより


 ダウンタウンの松本人志が9月7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、母・秋子さんを取材した週刊誌に対して「下衆の下衆」と痛烈に批判した発言が波紋を呼んでいる。

 これに先立つ8月31日、松本はツイッターで父・譲一さん(享年81)が8月18日に亡くなっていたことを自ら明かしていた。これを受け、某週刊誌が母・秋子さんの元へ取材。それを知った松本が激怒してこう語った。

「オヤジが死んで心身ともに立ち直れないおばあちゃんに対し、取材に行くという。お前らは本当に下衆の下衆やな」
「せめて1か月は待ってくれ。こないだ(葬儀が)終わったところ。この状況で素人のおばあちゃんのところに行く状況が信じられない」

『ワイドナショー』の松本については本サイトで「フォロー係」のような発言しかしていないという指摘があったが、今回は久しぶりの攻撃的発言。ファンからは「よくぞ言った、松ちゃん」という声があがり、マスゴミ嫌いのネットユーザーの間でも賛同する意見が続出している。

 だが、ちょっと待ってほしい。別に週刊誌の肩を持つ気はないし、彼らが下衆なのも認めるが、今回の松本発言はいくらなんでも過剰すぎないか。そもそも、今回は何かスキャンダルや悪い話で親を直撃したのではない。芸能人の親が亡くなって葬儀のときに親族に生前の思い出話を聞きにいくというのは、芸能マスコミが普通にやっていることだ。それを止めたいと思う場合は、本人が会見を開くのが慣習になっている。ところが、松本はそういうメディア対策もやらずに、週刊誌に思い出話を取材されただけで「下衆」よばわりしているのだ。

 しかも、松本は「素人のおばあちゃん」とかいうベタな表現で同情を誘っているが、松本の母親はほんとうに「素人」なのか。さんざん自分の番組に母親を出していじりまくり、「芸人のおかん」ブームをつくりだしたのは松本自身だ。それを今になって「素人が傷つけられた」といって同情を誘うというのはご都合主義がすぎるというものである。

 いったい松本がここまで過剰な反応をする理由はなんなのか。こんな過去のトラウマを指摘するのは週刊誌の記者だ。

「以前、松本は週刊誌から母親のところに創価学会員じゃないかという話を直撃をされたことがある。記事は結局、吉本興業がつぶしたのですが、以来、親への直撃についてはすごくナーバスになっている」

 だが、それだけではないだろう。最近の松本は親のことだけでなく、自分のプライバシー、ゴシップ、批判、悪口など、とにかく自分がいやなことを書かれたり報道されたりするのを一切許さず、それを徹底的につぶしにかかる傾向があるのだ。

「松本は週刊誌の細かい記事にも目を光らせて、少しでも気に入らない記事があると、所属の吉本興業に抗議するように命じるらしい。吉本も松本がらみの記事にはすごく神経質になっていて、幹部が我々記者に『松ちゃんのスキャンダルだけは頼むからやめてな。代わりに他の芸人のネタあげるから』といってくるくらいです」(週刊誌記者)

 しかも、そのチェックの目は普通の芸能人なら相手にしない、コンビニ実話誌やネットにまで及んでいるという。

「以前、エロ出版社のコアマガジンが発行している“お笑い芸人”をテーマにしたコンビニ本が吉本の芸人から集団訴訟を起こされたことがありますが、これももともとは松本がコンビニでこの本を見かけたのがきっかけといわれています。とにかく、松本の検閲はすさまじいらしく、ネットの悪口までなんとかしろ、訴えろ、と会社にいってくるらしい」(前出・週刊誌記者)

 この結果、松本批判は今、マスコミにとってバーニングやAKBと並ぶタブーとなっているという。

 でもまあ、これだけなら、芸能業界の話であって目くじらをたてるほどのことではないのかもしれない。だが、最近の松本が問題なのはこうした自分の悪口をいわれたくないというただの実存を社会問題に一般化としようとていることだ。『ワイドナショー』での松本の言動を見ていると、自分に直接関係のない相手や事件については、冷めた解説やからかうようなブラックなジョークを語るのに、自分の利害や芸能人の既得権益がおかされるようなテーマになると、突然舌鋒が鋭くなり、自分の主張が社会正義のように語りだす傾向がある。

 今回の遺族への直撃問題についても、たとえば災害でなくなった被害者の遺族にマイクを向けているのを見て憤りのコメントを発するならわかる。でも、この間の『ワイドナショー』で松本がそんな発言をした形跡はない。メディア批判のような体をとっているが、松本を動かしているのは、結局、「自分の親を取材するな」、その怒りだけではないか。

 天才というのはもともと自己中心的なものだが、こういう過剰なメディア批判を見ていると、いくらなんでも度がすぎると思うのだが……。
(室岡正俊)

最終更新:2015.01.19 05:58

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

裏松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

『ワイドナショー』松本人志の「週刊誌は下衆」発言は過剰反応だ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。室岡正俊松本人志の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
2 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
3 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
4 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
5 「拝謁記」昭和天皇は「反省」していたか 改憲再軍備、沖縄切り捨ても
6 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
7 『なつぞら』が宮崎駿・高畑勲も闘った「東映動画・労使紛争」を矮小化
8 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道
9 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
10 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 嫌韓批判で炎上も…石田純一はブレない
13 自衛隊スパイ事件、官邸が解禁の理由
14 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
15 山本太郎が安倍の対韓国強硬姿勢を「小学生並み」と批判した理由
16 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
17 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
18 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
19 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
20 陸上・朝原宣治がスポーツの政治利用に危機感
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄