角川もジブリも! ドワンゴ川上会長の恐るべき“ジジイ殺し”術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kawakami_140714.jpg
『現代の肖像 川上量生(eAERA)』(朝日新聞出版)

 コンテンツ業界に大きな衝撃をもたらしたKADOKAWA(旧・角川書店グループ)とニコニコ動画の運営会社・ドワンゴの経営統合発表。計画は6月末のKADKAWAの株主総会で承認され、いよいよ出版や映画とネットを融合させた巨大コンテンツ会社が誕生することになる。

 今回の統合の背景は、KADOKAWAの総帥である角川歴彦会長からドワンゴ・川上量生会長にアプローチをして実現したとされる。実際、角川会長の川上氏への評価は相当なもので、川上氏を新会社のKADOKAWA・DWANGOの取締役会長に抜擢。統合発表会見では「私はようやく、“天才”川上くんという若き経営者を手にした」というコメントまで出している。

 角川会長が川上氏にこれほど高い評価を与えているのはなぜか? 普通に考えれば、ニコニコ動画という新しいプラットフォームを作り上げたセンスと能力にほれこんだというのが答えだろう。しかし、今回の統合にはもうひとつ、川上会長がもつ特別な能力が関係している気がする。それは業界の大御所に愛されるという“ジジイ殺し”の能力だ。

 実は川上氏、ドワンゴ会長という顔のほかに、あのスタジオジブリの“プロデューサー見習い”という顔を持っている。2011年からスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーに弟子入りし、週の大半をそちらで過ごしているのだ。最近も宮崎吾朗監督テレビシリーズ『山賊の娘ローニャ』(NHK)の今秋スタートに向けて原作者の出身地であるスウェーデンに飛ぶなど、慌ただしい日々を送っているが、ジブリの鈴木プロデューサーもまた、川上氏に心奪われているひとりだ。鈴木プロデューサーは、川上氏との出会いをこう回想する。

「(友人に川上会長を紹介されて)最初、嫌でねぇ。乗り気がしなかった。(中略)それでこの前、本人が現れたら、金髪で破れたジーパン履いて、ひどい格好で来て……」(『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ2』復刊ドットコム)

「ちょうど『コクリコ坂から』を制作していたので、『ニコ動でコクリコ坂をやってくださいよ』と言ったんです。とはいえ、僕はニコ動についてそれほど知らなかったので、ある意味リップサービスだった(笑)。すると、川上さんは『それは止めたほうがいい。ジブリとニコ動は文化が違います』って真顔で言うんですよ。その一言で、僕はさらに興味を持った」(「日経エンタテインメント!」12年5月号)

 鈴木プロデューサーは手練手管でジブリを育て上げた知略家であり、またその気難しさでも知られている。しかし、日本アニメ界の重鎮たる同氏に対して川上氏は、媚びるような態度を取らず、臆することなくモノを言う。見習いとして弟子入りした後も、例えば趣味のテニスを一緒にしたときのことを、川上氏は「週刊文春」での連載「ジブリ見習い日記 ときどきニコ動」で、こう切って捨てている。

「鈴木さんは必ず下手なくせに上級者組に入るのです。しかも30分でばててどっかいっちゃいます。でも、あっという間にラリーがうまくなったんですよね。足はまったく動きませんけど」(13年1月24日号)

 しかも、こうした生意気な口をきく一方で、川上氏は細かい気配りを忘れない。 同連載を読んでいると、こんなくだりが出てくるのだ。

「もう八十九歳になるのですが、さすが鈴木先生の親だけあって、大変に難しい方です。年寄り扱いされるのが大嫌いなひとで、実際、まだまだ元気なのですが、散歩に連れ出すのも一苦労です」(12年12月27日号)

 そう。川上氏は時折、鈴木プロデューサーの母親の面倒まで見ているようなのだ。このギャップに鈴木プロデューサーはメロメロで、週刊誌の取材にこんな川上評を話している。

「彼は論理の人で、文系を理解できないと言う。けれども、お母さんへの接し方、日記の文章、そしてつねに『人間とは何か』と考える姿勢を見ていると、文学の人としか思えなかった」(「AERA」12年12月17日号)

「(突然弟子入りを申し込まれたことを回想して)今だから、ほんとの気持ちをいうとね──ちょっとうらやましかったんですよ。なぜかと言ったら、ぼくの中にも、どこかにそういう気持ちがあるから。世が世なら……自分が若かったら、同じようなことをするんだろうな、と」(同)

 つまり、今回のKDOKAWAとの統合も、こうしたジジイ殺しの能力を角川会長に対して存分に発揮した結果なのではないだろうか。実際、角川会長も川上氏についての語り口は鈴木プロデューサーとほとんど同じ。川上氏に「(KADOKAWA設立は)出版業界で初めて成立した絶対王政。角川会長は太陽王とか(笑)」とからかわれても、怒るどころか「まったく憎らしいねえ(笑)。全然、腹で思ってもないことを、うれしそうに言うんだよ。だいたい川上くんは、ぼくに焼き餅を焼いているんだ」(「東洋経済オンライン」より)とデレデレしまくっているのだ。

 それにしても、気になるのは今後の展開だ。ジブリのトップに弟子入りしていながら、KADOKAWAの総帥と合体。これは完全に三角関係ではないか。川上氏がKADOKAWA・DWANGO会長就任後も、現在のようなペースでジブリに通い続けるのかどうかはまだ発表されていない。重鎮二人が川上氏をとりあう三角関係の泥沼にはまりこむのか? あるいは、ジブリまでもがKADOKAWA・DWANGO連合に合流する未来もありうるのか? コンテンツ業界の未来がどうとかいう話とはまったく別な意味で、川上氏の周辺からしばらく目が離せそうにない。
(小宮 鰯)

最終更新:2017.12.07 07:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ (2)

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

角川もジブリも! ドワンゴ川上会長の恐るべき“ジジイ殺し”術のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スタジオジブリドワンゴニコニコ動画川上量生の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 昭恵枠、明細書の嘘、晩餐会…安倍「桜を見る会」疑惑が止まらない
2 つるの剛士が「桜を見る会」問題で台風被災者をダシに安倍政権擁護
3 安倍首相の総理在任最長でNHKが岩田明子解説でヨイショ特集
4 「桜を見る会」参院選に招待枠、選挙利用の証拠が次々と
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 安倍首相の強気の裏にニューオータニ幹部との関係
8 沢尻エリカMDMA逮捕を警視庁がTBS、文春に事前リーク!
9 韓国ベストセラー『反日種族主義』は日本のネトウヨ本そっくり
10 「桜を見る会」招待の基準は安倍応援団とワイドショー!
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 「桜を見る会」ケータリングは安倍首相、昭恵夫人のお友達の会社
14 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
15 「桜を見る会」で田崎史郎と産経が失笑のスリカエ詐術で安倍擁護
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
17 即位礼に天皇の「安倍首相への抵抗」を示す招待客が
18 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 即位祭典“エンドレス万歳”に「怖い」の声!「天皇陛下万歳」の戦前回帰
1 久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2 安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4 明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5 『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6 『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8 文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9 埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10 安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11 菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13 安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16 『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17 GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20 『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄