コロナ国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人入れるな」、安倍首相も検査体制より入国拒否…この期に及んで排外思想優先の愚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
コロナ国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人入れるな」、安倍首相も検査体制より入国拒否…この期に及んで排外思想優先の愚の画像1
DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』2月11日放送回より


 国内で、新型コロナウイルス感染者が次々、判明している。いずれも現時点で中国への滞在や中国人との接触はなく、感染経路は判明していない。別稿で指摘したが、これは、クルーズ船留め置きや入国拒否、渡航制限といった安倍政権による「水際作戦」がなんの意味もなかったことの証明だろう。

 いや、意味がなかっただけではない。本来は意味のない水際作戦などより、国内感染を見据えて検査・治療体制を整えるべきだったのに、安倍政権は「金がかかる」という理由で、保健所で検査できる対象を中国への渡航者に限定(最初は武漢への渡航者だけ)。一般の人は疑わしい症状があり、検査を希望しても、検査してもらえなかった。それが潜在的な国内感染者を増やしてしまったのだ。

 ところが、である。Twitter上では、ネトウヨインフルエンサーの極右文化人たちが、いまだに「中国人の入国を止めろ」と奇声をあげているのだ。たとえば、『真相深入り!虎ノ門ニュース』(2月11日放送)で「新型ウイルスなんて名前やめよ。中国肺炎や」などと言っていた百田尚樹氏は、こんな投稿を連発している。

〈東京でタクシー運転手が中国肺炎を発症したらしい。
もし中国人観光客から感染したとすれば、潜伏期間から考えて、武漢封鎖の直後に中国からの観光客を止めていれば感染はなかったかもしれない。
まあ、過ぎたことを言っても仕方ない。
今からでも日本政府は、中国からの渡航制限をするべきだと思う。〉

 タクシー運転手は中国人を乗せた記憶はないと言っているのに、中国の観光客を止めていれば……っていったい何を言っているのか。そもそも、このグローバル社会で、海外からの渡航者を完全に止めることなんてできるはずがないし、WHOや多くの専門家も「特定の国の在住者を渡航制限は意味がない」「入国拒否に科学的根拠がないのは明らか」と言っている。

 しかも、驚いたのは、百田が中国人や中国渡航歴との接触がない国内感染者がどんどん増えていることがわかっていて、中国からの渡航制限をすべきなどと言っていることだ。百田はこんなツイートもしていた。

〈ついに恐れていたことが起きた。
国内で中国肺炎に感染した日本人が死亡した。
パンデミックの足音が聞こえるようだ。
ところが、唖然とすることに、この期に及んでも、官邸は中国人観光客の入国を止めようとしない。
この国の政治家はカエルの脳みそか!〉
〈既に相当数の感染者が日本にいると考えて間違いない。
これからは自分の身は自分で守るしかないが、それでも敢えて政府に言いたい!
今からでも中国からの観光客を止めてほしい!
感染者の入国を一人でも減らしてほしい。〉

「カエルの脳みそ」なのはどっちなのかって話だろう。何度も言うが、いま、必要なのは、意味のない水際作戦ではなく、誰でもすぐに検査を受けいれる体制や感染者への治療、ケアであることは医療の専門家が口を揃えている。たとえば、感染症に詳しいナビタスクリニック理事長の久住英二医師はこう指摘している。

「今までやってきたことを大いに反省し、すでに国内に蔓延している考え、水際対策ではないところに軸足を移さなければ、今後こういったケースは続発してしまうと思う。感染の原因があたかも中国人であるかのような、思考停止して中国人に紐づけして何となく海外から持ち込まれたものとしてしまいがちだが、そういう段階ではない。地域の保健所が“外国の方と接触歴がないから検査ができない”といったことを言っていてはダメだ。検査の“武漢縛り”や“湖北省縛り”が緩和されて検査できる方が増えてくると、こういったケースがもっと表に出てくると思う」(『Abema Prime』2月13日)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

コロナ国内感染広がるも百田尚樹ら極右はまだ「中国人入れるな」、安倍首相も検査体制より入国拒否…この期に及んで排外思想優先の愚のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新型コロナウイルス有本香百田尚樹編集部高須克弥の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
2 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5 竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言
6 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
7 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
8 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
11 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
14 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
15 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
16 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
17 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
20 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
12ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
15菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
16河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
17杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
18『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
19竹内結子の自殺を受け加藤官房長官が国民の“自助”任せ発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄